ターコイズ→村上春樹のシンクロ力

 村上春樹さんの最新長編小説「1Q84」を読みました。まだ出たばかりの小説なので、ネタばれになってしまわないように、あらすじの詳細にはふれませんが、主人公の一人である「青豆さん」という女性の存在する世界が、彼女が高速道路の緊急用階段を降りるという「日常的にはしない行動」をとった瞬間、慣れ親しんだ「1984年」から、謎(Questions)に満ちた「1Q84年」へ、シフトしてしまう所から話が展開していきます。というと、SFチックに聞こえるかもしれませんが、これがもう、ロマンチック!な純愛?のお話だったりもします。
 「1984年」と「1Q84年」を見分ける方法として、「月」が象徴的に使われています。(またもや、月!)
 「1Q84年」では、これまでの因果律では、説明のつかないような、???!!!な事件が起こるのですが、時代設定としては、歴史的事実としての日本の「1984年」のアイテムが散りばめられていて、そのリアリティが余計に「事実って、真実って、歴史って、一体なんやねん??」という、私達の信じているものが揺るがされることで、足元がぐらぐらしてくる感じを生み出しています。でも、ごくごくおおざっぱな結末としては、ハッピーエンドと言えるので、多くの謎を残しつつも、読者が「で、一体何やってん・・???」な感じで置き去りにされることはかろうじてまぬがれ、ご本人が意図されているのかどうかは別として、「この辺りが売れっ子作家なんだな〜」と思わせるものがあります。

 私はすべての村上作品を読破しているわけではないのですが、この作品を読んでいて、「ああ、この人はとても時代とシンクロする(できる)人なんだなあ」という印象を受けました。時代設定としては「1Q84(1984)年」というちょっと「過去」だけど、状況としては「今」そのもの。今まで当たり前に「ある」とか「正しい」と信じていたことが、覆され、混沌としたカオスの状態にどっぷりひたっていて、一体どこが着地点なんだろう、一体どこに突破口があるのだろう、一体何を信じればいいのだろう、と足元がぐらぐら揺れている「今、現在、この時代」をひりひりと感じている人は多いのではないでしょうか。ここにポイントとして「愛」を持ってくるあたり、さすが、村上春樹。ただ者ではありません。ボイスプリントを録ったら、おそらく、シンクロニシティの領域、ターコイズをたくさん持っている人なんじゃないかなあ。ぜひとも、実際に見てみたいものです。

 でも、サウンドレゾナンス的お勧めとしては、まず「自分自身を愛する」ことがお勧めです。ナルシスティック、とか、エゴイスティックな意味ではなく、自分を尊重し、慈しみ、好きになる。他人に自分の足りない何かを求めない、そうすると、世界の「見え方」が変わってきます。
 ちょっと小説にはしづらいかも、ですけどね(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2010-05-15 19:58 | 観る・読む・聴く | Comments(0)