レッドムーン

 今日は、今年最後の満月、そして、3年ぶりの皆既月食の日でした。残念ながら関西は雨で肉眼で月食を見ることはできませんでしたが、北海道地方は、晴れて綺麗に月食が見れたようですね。16:40頃から17:55頃までが月食だったみたいです。
 月食は、太陽と月の間に地球が入ることで、地球の影によって月が欠けているように見える現象だそうですが、皆既月食中も月が真っ黒で見えなくなるわけではなくて、赤く見えます。私も「ソラマド」で北海道からのライブ映像を見ていたのですが、確かに月は赤く見えていました。今年は、月食が年に3回もあるという珍しい年だったみたいですが、赤の色合いはその都度違っていて、今回はかなり暗い赤色に見えていたそうです。
 太陽光線のうち、一番波長の長い赤色だけが、吸収されずに残って、大気中で屈折、散乱されるので、月が赤く見えるんですって。大気の状況の違いで、その都度赤の見え方が違うみたいです。普段は、意識しない空気(大気)を感じることのできる時間ですね、なんて「ソラマド」でも言っていました。確かに、色って空気がプリズムの役目を果たしてくれるから、見ることができるんですよね。
 19時ごろには、元の銀色のお月様になっていました。明日は、冬至だし、今日、明日の2日間は、とてもパワフルな2日間らしいですよ。年の瀬の忙しい時期ではありますが、ちょっと時間を取ってゆったりとした気持ちで自分のために時間を使ってあげてくださいね。
 そして、新月のアファメーションの紙を燃やして、灰を額につけるおまじないをしましょう。来年、その思いが実現するかもですよ♪
[PR]

by sound-resonance | 2010-12-21 19:36 | 音・色あれこれ | Comments(0)