小さなお雛さま

 寒さがまた戻ってきた今週ですが、みなさん、体調など崩されていませんか?

 今日は、桃の節句ですね。
 梅も桜も桃も、同じバラ科なので、花の形がよく似ていますが、季節が冬から春にゆるんでいく時期に、梅ー桃ー桜と順番に咲いていくのが面白いですね。「桃色」には、女の子が愛されて育ちますように、大人になっても愛されますように、という願いがこめられているような気がします。

 私も、子どもの頃、この季節になるとおひな様を飾ってもらっていました。でも、うちのおひな様は、「座った」おひな様じゃなくて、立ち雛で、母の手作りの木目込み人形でした。しばらくは、母親の手作りの立ち雛というスタイルが、オーソドックスなおひな様だと思っていて、座った形の段々のおひな様がオーソドックスだと知ったのは、だいぶ後になってからでした(笑)
 
 今は、小さな小さなおひな様を飾っています。写真だと大きく見えるかもしれないですが、2センチくらいの超ミニサイズのおひな様。こちらも立ち雛です。なんだかあっちこっちと動き回っちゃう性格は、この立ち雛から来てるのかも!?時には、悠然と構えることも覚えないとね(笑)
今日は、甘酒でも飲んでほっこりしたいと思います。

a0155838_11163271.jpg


 でも、うちのお雛様は立ち雛なのに、次の「五月人形」が登場するまで、悠然と構えてらっしゃったなああ。お雛様は、3月3日を過ぎると早々にしまわないといけないって言いますが・・・。私が嫁に行けないのはそのせいか!?(責任転嫁)いい加減お嫁に行きたいので、小さなお雛様には、今日が終わったら早々にしまわれていただこうっと(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2011-03-03 11:18 | 音・色あれこれ | Comments(0)