風の返事

a0155838_1916962.jpg 
おふさ観音「風鈴まつり」で、風鈴を買ってきました。
最初は慣れなくて、風鈴が鳴る度に何かの合図だと思ってしまい、いちいち大注目だったのですが、ようやく、風鈴の風情を楽しむ余裕が出てきました(笑)
でも、何か考え事をしていて答えが欲しい時に絶妙のタイミングで「ちりん」と風鈴が鳴ったりして、なんだか、風が返事をしてくれているような気分のことも。
風鈴って、風に乗って(空気を介して)何かが伝わってくるのだなあ、と改めて感じさせてくれるアイテムですね。

おふさ観音は、昔「鯉ヶ淵」と呼ばれる池を土地の娘“おふさ”さんが通りかかった時に、白い亀の背に乗った観音様が霧の中に浮かんでいるのを見て、この池に小さなお堂を建てて観音様をまつったことが起源なのだそうです。
そういえば、お寺の中の池では、たくさんの亀がゆったり、のんびりと泳いでいました。

それにちなんで、というわけでは決してなかったのですが(あくまで音重視)亀の形の風鈴です。
今年の夏は、このカメさんに、厄を払ってもらおうっと。
 
 
[PR]

by sound-resonance | 2011-07-21 19:28 | 音・色あれこれ | Comments(0)