赤いワンピース

 いよいよ8月。朝晩は涼しいものの、日中は暑い夏日が続きますね。この時期になると出してくる赤いワンピースがあります。ガーゼ生地で、肌触りがよくて、風通しがいい。着心地満点のお気に入りなのですが、このワンピースを着る度に思い出すエピソードが・・・
 確かあれは、サウンドレゾナンスの最初のステップ、モジュール1を受講中のこと。「ゆったりした格好でお越しください」とのことだったので、ちょうどいいや、と思い赤いワンピースを着て行った私。秋口だったので、半袖では少々寒く、下にピンク色のカットソーを合わせておりました。
 その日は、何事もなく過ぎていったのですが、サウンドレゾナンスの創始者コマラのチェックはしっかり入っていた!!!
 数日後、モジュール1最後の日、コマラのコメント。

 「あなたは、もっと服装に気を遣うように!例えば、あなたのこの前の赤いワンピース、肉屋の軒下のソーセージみたいだったわけで・・・」

 ショックでした・・・。ソ、ソーセージ・・・ゆったりした格好で来いって言ったじゃん!お気に入りのワンピなのに〜!!というショック+このコメント、サウンドレゾナンスとちっとも関係ないじゃん!というショック。サウンドレゾナンス習いに来て、なんで服装について言われなくちゃいけないのさ、とちょっと荒れておりました(笑)ま、確かに赤+ピンクの取り合わせはまずかったかもしれないけどさ。しかも長年の愛用でちょっとくたっとしてたかもしれんが・・・

 そこから、『透音を年相応の大人の女性にする作戦(愛のコマラチェック)』が延々と続き・・私がサウンドレゾナンスに対するセンスがあるとか、ないとか、サウンドレゾナンスに対するコメントが全然もらえなかったのでした。

 今はトータルでモノをみるコマラの意図がわかります。なので、今は貴重な笑い話。いい想い出です(笑)

 そして、私、透音は現在無事にサウンドレゾナンスのコンサルタントとして、活動しております(笑)

 今も、コマラに会う時には、ちょっとだけ服装に気をつけます(笑)そういう緊張感のある相手がいるっていうのはいいことかもしれませんね。

 地震の影響で春の来日は叶いませんでしたが、秋には会えるかな・・・
[PR]

by sound-resonance | 2011-08-03 22:44 | 音・色あれこれ | Comments(0)