白い靴

 このところ、立て続けに靴がダメになっています。靴はわりかしたくさん持ってはいるのですが、その中でも履き心地のいいもの、とか服に合わせやすいものというと、数が限られてきて、どうしても、よくはく靴とそうでない靴が出てきてしまう。その中のヘビーローテーションの靴に穴があき、お直ししようがない状況で、ついに手放すことに・・・。
 そして、夏になって、夏仕様のサンダルとか、白い靴とか季節ものの靴を出してきたのですが、使用頻度がそれほど多くなくても、製造されて年数がたつと、劣化はしてくるようで、靴底のゴムが割れてしまったり、靴底がべろりとはがれてしまったりと、壊れてしまう靴続出。デザインは可愛いのだけど、足に合わない靴を性懲りもなくはいて、足を怪我してしまったりと、靴のトラブルが噴出で、次々と、お気に入りの靴を手放す羽目に・・・。

 靴、というと、しばらく前に靴の夢ばかり見ていた時期があります。裸足で靴を探し回っている夢、人に靴を借りるけど、それが黒くて大きくて自分にはそぐわない、っていう夢、あそこに、君の靴があったよ、と教えてもらう夢。赤い自分にぴったりのサンダルをはいて、旅に出ることを告げられる夢・・・。仕事用の安い靴と、とっておきの靴、片方ずつはいてるっていう夢もありました・・・。
 夢の中の靴は、その人の置かれている社会的地盤とか立場、地位、あるいは、パートナーなどのシンボルだとも言われています。
 現実の靴が、夢のシンボルと同じものを示すのかどうかはわかりませんが、ここまで連続して同じことが起こるっていうのは、何かの暗示なのか〜!?なんて思ってしまったりもします。

 どちらにしても、今年に入ってから、自分の置かれている環境がどんどん変わりつつあるのは確か。これは、自分が望む、望まない関係なく、否応なしに起こっている変化で、私は受け入れざるを得ない変化。正直ついていくのに精一杯でちょっとアップアップしている部分もあったりします。でも、どうやら、先行きがわからないなりに、とにかく前に進んでいくしかない模様・・・。

 手持ちの靴の数が急激に減ったので(笑)靴屋さんをのぞきに行ったりもしているのですが、なかなかこれ!っていう靴が見つからないまま、バーゲンの時期も過ぎてしまいました・・・

 ただひとつ、これも靴底がべろっとはがれて(外出中だったので、その靴をはいたまま、帰ってくるのはかなりマヌケでしたが・・・)お直しに出した白い靴が、綺麗に直って帰ってきました。接着剤を丁寧にはがして、靴底を張り直してくださったそうです。土台がしっかりしてるから、まだしばらくは大丈夫でしょう、とのこと。初めて行った個人経営の修理屋さん、丁寧に直してくださって、ありがとうございます。もう直せないかな、とほとんどあきらめモードだったので、かなりうれしかったです。

 これは・・・・何かの暗示だったりするのでしょうか!!??
 白い靴、古い靴を直して綺麗にする・・・????

 考えすぎかなあ〜(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2011-08-07 14:29 | 音・色あれこれ | Comments(0)