すず音

 また、暑さが戻ってきましたね。今日は特に蒸し暑いです。先週末にせっせと「寝だめ」をした私ですが、さて、いつまでもつことやら・・・。
先日ご紹介した「涼音クラシック」もそうですが、クーラーに頼るだけでなく、あらゆる方面から、涼しさを求めるのも楽しいかもしれませんね。
 
「すず音」も、涼を誘う可愛らしいネーミングのお酒です。「グラスに注ぐと立ち上る繊細な泡が鈴の音を奏でているようであることから名付けられた」んだそうです。「すず音」、発砲していて、甘口で、シャンパンみたいな味わいです。でも、お米からできてるんだなあっていう生い立ちみたいなものはしっかりあってきっちり「日本酒」してます。アルコール度はそんなに高くないし、なにせ飲みやすいので、普段日本酒をあまり飲まない方にも受け入れられやすかもしれないですね。
a0155838_2061696.jpg

 最初、このお酒をいただいたのは、もう少し若い頃で、とある酒屋さんが、経営されている和食屋さんで試飲させてもらいました。当時は「まあ、若い女子には受けるかもしれないけど、私(達)にはちょっと甘いよね〜」なんて生意気なことを言っておりました。酒豪というわけでは決してないのですが、「酒(日本酒)は端麗辛口!」なんて、言ってみたいお年頃・・・。は、は、恥ずかしい・・・。今も、淡麗辛口も好きですが、すず音のしゅわしゅわした発砲加減や、柔らかい甘さも、大好きです。
 でも、すっかり人気になってしまったようで、なかなか近所の酒屋さんでは発見できず、久しぶりにお取り寄せをしてみました。
 ノーマルの「すず音」の他に、期間限定のピンク色の「花めくすず音」と黄色の「幸せの黄色いすず音」っていうのもあって、それも、とても可愛い、女子心わしづかみ、です。暑さを乗り切るため、なんて言いながら酔っぱらうと余計に暑くなっちゃうんですが(苦笑)限定ものもお取り寄せしてみようかな。
[PR]

by sound-resonance | 2011-08-24 20:08 | 音・色あれこれ | Comments(0)