あわあわ、ぶくぶく

 オーラソーマの一番新しいボトル109番を使い終わって、先に使い始めて中断していた13番に戻った私。最初に使い始めた頃よりも、苦しい、きつい感じはだいぶやわらぎました。109番がクッション役になってくれたようです。

 今回は、上層のクリア部分に、泡が残ったまんま消えません。今までにも何本もボトルを使ってきたけれど、シェイクしてしばらくすると、綺麗に真ん中で、水と油が分離することがほとんどで、泡もあんまり残ったことがなかったのですが、今回はなかなか消えません。よくボトルは、その人の「今、ここ」のエネルギーと連動していてるって言いますよね。色が抜けちゃったり、変色しちゃったり、不思議なことがいっぱい起こります。この泡、って一体どういうメッセージなんだろうなあ!?
a0155838_19124382.jpg

 13番のキーワードは「新しい時代の変化」。今年は、世界的(社会的)にも大きな変化の年ですが、個人的にもそうみたいです。タロットカードでいうと、「死」のカードが対応しています。まさに「死と再生」がテーマのカードですよね。
 実はこのカード、初期の木版画ではタイトルがなかったのだそうです。絵柄のイメージから、いつしか「死に神」「死」と呼ばれるようになったのだとか。タイトルがない、ノータイトル、無題。今までは、絵柄に引っ張られて、「死と再生」の「死」の部分に焦点をあてがちだったけれど、「空」「無」というイメージがわいてきました。禅タロットの真っ黒のカード、「ノーシングネス(無)」に近い意味合いもあるのかもしれません。だとすれば、13番って、無限の可能性に戻っていく数(ボトル・カード)なのかもしれませんね。
 
 終わりがなければ、始まりは来ない。スクラップしなければ、ビルドできない。片付けなくちゃ、モノは入らない・・・。それはわかってるけど、何かがなくなったり、過ぎ去ったりした後の「空」が怖くてたまらない。そこが今度何かで満たされるかどうかなんて、その時点ではわからないのだから・・・。
 でも。
 なんにせよ、変化が来る、あるいはすでに起こっている、っていう予感めいたものはひしひしとあったりもします。もう、本人の望みとは関係なく、何かが動いているようなそんな感じ。後はそれを受け入れるかどうかで、痛みの大きさが変わってきそうです。
 13番が、無限の可能性に入り、新しい豊かさを受け入れていくことを助けてくれますように。

 
[PR]

by sound-resonance | 2011-09-30 19:11 | オーラソーマ | Comments(0)