ガリガリ君!

 いやあ、暑いですね〜。
 世間はお盆、街中はとっても静かです。帰省されている方も多いかもしれませんね。
 透音は、帰省の時期をずらして、静かな都会を満喫中!?です(笑)

 身体を冷やすと、確実に夏ばて度がアップするので、なるべく冷たいものは摂らないようにしているのですが、どうにもこうにも我慢できず・・・食べちゃいました、「ガリガリ君」ソーダ味!
a0155838_21483386.jpg

 初めて食べたけど、けっこう、美味しい・・・中のかき氷の粒具合が絶妙〜!かき氷をコーティングして、アイスキャンディーにしちゃったところが、Pretty Good!!これが、62円(コンビニ価格)で買えちゃうなんて、驚異のコストパフォーマンス!すごいぞ、赤城乳業!!ビバ、埼玉!!!

 水色の食べものって、食欲をそそらないので、ほとんど存在しませんが、この水色は食べものとして大成功ですね〜。ソーダ水ってホントは、透明だから水色をつける必要はないんだけど、でも、ここは、ぜひとも水色であってほしい、そんな感じです。

 唯一の難点は、ガリガリ君が可愛くないことでしょうか・・・(笑)小学生男子には、受けるキャラクターなのかなあ・・・。いい年した大人の女が買うには、相当の勇気がいる代物です・・(笑)

 コンビニで、出さなくてもいい勇気まで出してもなぜガリガリ君が食べたかったかというと、「荒川アンダーブリッジ」を読んだから。以前このブログでも取り上げたことがある「聖☆おにいさん」と同じ中村光さんの作品です。
 ギャグマンガなんだけど、主人公のリクとニノの恋愛っぷりが、とっても可愛いですね。そうそう、恋愛ってつくづく、異文化交流だよな〜なんて・・・(おっと、遠い目をしてしまった・・(笑))

 「色」ということでいうと、P子が村長(カッパ)に恋していることを知ったリクとP子の

「あいつ緑色だけど光合成はできないんだよ・・・?」
「葉緑体的な色に惹かれた訳じゃないわ!!」

という会話が妙にツボでした。ふふふ。

テレビ化されたり、映画化されたり、今読むのは若干ミーハーかな、と思いつつ、やっぱり原作!っていう人が多いみたいですよ!?興味を持たれた方、読んでみてくださいね。
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-14 22:18 | 音・色あれこれ | Comments(0)