お白石神事

先日貴船にお参りに行ったという話を書きましたが、帰りに下鴨神社にも寄ってきました。足元はずぶぬれで寒いし、どうしようか迷ったのですが、なんとなく寄ってしまいました。
その昔、京都の大学に通っていたので、下鴨神社の辺りは、当時よく散歩をしていて、懐かしい場所なんですね。

私は知らなかったですが、ちょうど今年が、21年に1回の正遷宮の年みたいで、「お白石持神事」というのをされていました。
昔は、遷宮ごとに、鴨川の河原で、地元の周辺住民が、神様の降臨にふさわしい石を拾って、本殿に敷き詰めていたのだそうです。明治時代にそれができなくなってからは、遷宮ごとに一旦白石を持ちだして、お清めした後、本殿に敷き詰めることになったのだとか。

というわけで、今は鴨川から直接拾った石は奉納できませんが、すでに決まった「白石」を水で清めて置き場に奉納するという形で、神事に参加することができます。

平成27年4月27日が、遷宮の日みたいです。おそらくそれまで、参加可能。機会があったら、参加してみてくださいね。


下鴨神社
[PR]

by sound-resonance | 2015-02-06 07:15 | 音・色あれこれ | Comments(0)