鳴り物いり〜♪

先日、須佐神社の話を書きましたが、同じく島根の松江市には、全国のえびす様の総本宮である「美保神社」というのがあります。大阪だと今宮のえべっさんが有名ですが(若かりし頃、福娘に応募しようかどうか迷って、キャラじゃないな、と思い断念したことが・・・・(笑))、行ったことがないので、総本宮と聞いても、特段興味はなかったんですが、ご祭神が鳴り物(楽器)好きということで、数多くの楽器が奉納されている、とのことで、にわかに気になる存在に。へえ、えびす様って、楽器が好きなんだ〜・・・・親近感+ブログのネタになるとの下心が押さえきれなくなり(笑)、行ってみることに。

車以外の方法で行こうとすると、JR松江駅から、一畑バス2番乗り場から、美保関ターミナル行きで、終点まで行って、そこから美保関コミュニティバス(美保関線)に乗り換えて、美保神社入り口前で下車。一畑バスの所要時間が約40分、コミュニティバスが約30分、美保神社入り口前には、大きな周辺地図があって、ここまでたどり着ければ、神社までは、すぐです。

a0155838_15394921.jpg


美保神社には、いわゆるえびす様として知られている「事代主神(ことしろぬしのかみ)」(大国主神の子ども)と、大国主神の奥さんである「三穂津姫命(みほつひめのみこと)」がお祀りされています。大国主神は、スサノオの息子さん、出雲神社の主なので、えびす様は、スサノオのお孫さんですね。社殿の形式は、大社造の二殿の間を「装束の間」でつないだ特殊な形式で美保造、または、比翼大社造と言われてるのだそうです。ふたつのお社の大きさは全く一緒、なかよくふたつ並んでいて、つながっています。とはいえ、向かって右側が三穂津姫命のお社だというから、ここでは、三穂津姫命の方が格が上なんでしょうね。あ、だから「美保神社」か、うん、まあ、そうだな・・(笑)

鳥居をくぐって、手と口を清めて、入り口を入っていくと、朝の儀式に使うという大太鼓(大どう)が置いてあって、たまたま平日朝一番のバスに乗って行ったので、毎朝8時半頃からの日供祭(儀式)をかいま見ることができました。

最初に平たい太鼓の音がして、巫女さんと宮司さんが拝殿に。定位置につかれると、大太鼓の音が鳴り響きます。拝殿の外から鳴らしているので、まさに扡をはう地響き、みたいな感じ。今から始めますよ〜、みたいな覚醒の音です。叩いている方と反対側の太鼓の皮が、波立っています。奉納された楽器の中で最も大きな鳴り物なんですって。

a0155838_15404966.jpg

・・・普段はカバーがかけられています・・・

次は複数の宮司さんと巫女さんのお声明(?)抑揚はなくて、ユニゾンです。

その後、宮司さん単体で、祝詞を申し上げ(?)笛と太鼓に合わせて、鈴と榊を持った2人の巫女さんが神楽を舞われます。

全体で、30分くらいの儀式。

毎朝、神様は、朝からこんな綺麗な舞をご覧になっているんですね〜。拝殿も、船庫を模した独特な造りで壁がなく、梁が向きだし、天井がないのが特徴で、優れた音響効果をもたらしているのだとか。

奉納された他の楽器群は、残念ながら一般公開されているわけではないみたいで、見ることはできなかったのですが、展示館を作るという構想はあるみたいです。見れるようになるといいなあ。

あと、絵馬がえびす様にちなんで、釣り竿をイメージした細い竹でかかっているのが、ちょっと可愛かったです。絵馬好きな人は要チェックかも。

鳥居の横には、海から切り出した石を使ったという「青石畳通り」が伸びています。雨に打たれた時にはうっすらと空色が浮かび上がるのだとか。情緒ありますね〜。私が行った日は、晴天でからっからに乾いちゃってましたが(笑)お醤油屋さんの作った醤油アイス、なんてのもありましたよ。鳥居前にカフェが1軒ありましたが、もう少し気軽に入れそうなお店があれば、長居できるんだけどなあ。

a0155838_15414054.jpg


というわけで、車以外の方法で行こうと思うと、ここもちょっとハードルの高い場所ではありますが・・・・コミュニティバス(町民バス)なんて、観光客が乗ってもいいのかな、と思ってましたが、運転手さん曰く、全然大丈夫ですよ、とのことでした。町民バスとしては、路線の多さ、本数の多さは全国的にもダントツなんだとか。利用者があろうがなかろうが(平日は、利用者ゼロ、みたいなこともあるみたいです)、町民のために町をせっせと循環しております、とおっしゃっていました。町民の足を守るためにも、積極的に活用する方がお互い様、かもしれませんね。私は、この日は松江に戻りましたが、コミュニティバスの時間帯によっては、バスを乗り継いで、ゲゲゲの鬼太郎で有名な、境港に行くことも可能です。ついでに、ちょっと足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。

そういえば、帰りのバスを待っていたら、地元のおばあちゃまに話しかけられました。一人旅だったもんで、おじょうちゃんは、いい人はいないの?と・・・・おじょうちゃん・・・・私、世が世なら孫がいる人もいるかもしれないくらいの年代なんですが・・・それは黙っておきました・・・(笑)いい人っていうのは、見つかる時には、身近なところでぱっとみつかるもんなんだとか。そんな予感は露ほどもありませんが、ふーむ、そうなんだ・・・・・思いがけぬ所で、思いがけぬ有り難いアドバイスをお土産にいただき、しかと胸に刻み、帰路についた私でございました・・(笑)

a0155838_15423455.jpg


美保神社HP
[PR]

by sound-resonance | 2015-05-31 23:45 | 音・色あれこれ | Comments(0)