七夕のお願い(大人編)

今日は七夕ですね。お昼までは雨が降っていましたが、夕方には雨がやみました。梅雨時だから仕方がないといえばそれまでなんですが、七夕様の日って、雨が多いような気がしますよね。前の日くらいから、明日は晴れるかな、雨かな、なんて気になって、雨が降ると、ああ、今年も、織り姫様と彦星様は会えないのだな、なんて、人ごとながら、可哀想な気持ちになったりする毎年のこの日。

実は、心配しなくても、織り姫様と彦星様はしょっちゅう会ってるんだ、という説もあるそうで。
星の寿命は、80億年から、100億年ほどなのだそうで、仮に寿命を80億年だとすると、1年に1回ペースで会うとすると、一生のうちに、80億回会うことになる。
これを人間の平均寿命を80歳として、人間時間に置き換えてみると、8,000,000,000÷80÷365÷24÷60÷60=3.17・・・となって、1秒間に3回は会ってるっていう計算になるんだそう。

なああんだ、織り姫と彦星、べたべたしすぎじゃん、なんの心配もなし!

って、納得していいのか!?
この計算でいくと、弥勒菩薩が、この世にやってきて、私たちを救ってくれるのは、56億7千万年後で、地球で待ってる私たちとしては、気の遠くなるような悠久の時間のように思えるけれど、天上の人達からしたら、「人間よ、一瞬じゃ」ってことになりますね(笑)なぜ、待てないのじゃ?みたいな・・・・
人間より寿命の短い動物、例えば犬やなんかにしてみれば、飼い主と離れている1日の間のほんの少しの時間でも「永遠」みたいな気持ちになるんでしょうか。
そもそも、「時間軸」そのものが、地球に特有のものなんじゃないかな、と思ってみたり。
などと、様々に思いをはせつつ。

それはさておき、今日初めて入ったカフェにも、笹飾りがあって、短冊がいくつかぶらさがっていました。
「おおきくなりたい」「きりんがみたい」etc・・・ひらがなばっかりのういういしいこどもたちのお願い。
か、かわいい・・・・・
誰でもお願い事ができるように、短冊がいくつか用意されていましたが、これ以上、縦にも横にも大きくなりたくなく、すでにきりんも何度となく見たことのある大人の私は、滞在時間中には適当なお願い事を思いつかずに、そのままそっとカフェを後にしました。っていうのか、ホントは切実なお願い事がありますけどね。秘密にしておきます(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2015-07-07 22:22 | 音・色あれこれ | Comments(0)