天の川

羊羹ネタ続きで恐縮ですが(笑)、所用で京都に行った際に夏っぽい羊羹を見つけたので
買ってみました。七條甘春堂さんの「天の川」っていう羊羹。

a0155838_75181.jpg


a0155838_752849.jpg


おおよそ食べものとは思えないような色ですが(笑)、味は普通に美味しいです。
むしろ甘すぎずあっさりしているくらい。
中に入っている銀箔がぎらぎらしすぎない程度にきらきらしてて、とっても綺麗。
まさに「天の川」っていう感じですね〜。

a0155838_76017.jpg


七夕前後はなかなか手に入らないレアアイテムだったようですが、今はちょっと落ち着いているようで、
普通に店舗で買えましたよ。旧暦の七夕様、だいたい8月10日ごろまで、店頭で販売しているようです。
他にも、金魚とか、涼しげな羊羹がありました。目で楽しむお菓子はやっぱりさすがは京都っていう感じですね。

ウィキペディアによると、天の川銀河の中心方向が夏の星座であるいて座方向にあるために、夏の天の川は冬に比べて
光が強く確認しやすいんだそうです。
占星術をしていると、夏というと、蟹座、しし座あたりを想像しますが、考えてみると、太陽がその位置にあるっていうことは、
星そのものは、太陽に隠れてしまって、地球からは見えないっていうこと。その時点で太陽から遠い星が、地球から見えるっていう
ことで、今は、射手座の季節なんですね。

都会では、町の灯りが明るすぎて、なかなか天の川を確認することが難しいですが、この夏は、綺麗な天の川が見たいな、なんて
思う今日この頃でございました。
[PR]

by sound-resonance | 2015-07-27 07:06 | 音・色あれこれ | Comments(0)