ゲリラ豪雨と雷の音

昨日は淀川花火の日だったようで、8時過ぎから、ポン、ポンと音だけが聞こえていましたが(人混みが苦手なので、花火は滅多に見に行かない)、その前の夕立と雷の音がすごかったです。子どもの頃習っていたお習字教室で、雷のピカッっていう光にきゃ〜っなんていう反応をしていたら、雷って、光と音の速度が違うから、その時間差で雷の位置(距離)がわかるんだよ〜って教えてもらってから、光ってから、音が届くまでの間を「1、2、3・・」って数えるようになった私。340㍍×秒数で距離がわかるんだとか。これまで、遠い距離の雷しか体験がなかったんですが、昨日の雷は、なんだか音がすごかったです。バリバリバリッ〜!!っていう地響き付のすごい音。かなりの近距離で雷が落ちたのかもしれません。空気をつんざき、地上に届く雷の電気力ってものすごいんでしょうね・・・・・ちょっとびっくりしました。その後ゲリラ豪雨がやってきましたが、日本の気候って確実に小さい頃とは変わったな〜。
[PR]

by sound-resonance | 2015-08-09 11:54 | 音・色あれこれ | Comments(0)