チョコと女子力

このところ立て続けに、周囲の女性から、手作りのお菓子をいただいた私。なんだ?なんだ!?にわかにお菓子づくりブーム到来か!?と思いきや、世の中は、バレンタインシーズンまっただ中なんですね〜。バレンタインといっても、女子に愛を告白されたわけではなくて(笑)、日頃お世話になっているので、という名目のお菓子の支給(そんなにお世話してないのに、恐縮ではありますが(汗))、私の子どもの頃(というか、甘酸っぱい思春期から若かりし頃)は、女子から男子への「本命チョコ」が主役のバレンタインでしたが、じょじょに「義理チョコ」なるものが登場し、最近は、友達に送る「友チョコ」、自分で自分に送る「自己チョコ」等々バリエーションが広がっているようで、日頃の感謝を伝えるという意味では、欧米の風習の方により近づいてきているようです。欧米では、相手に送るのはチョコに限定されているわけではなくて、花束とか、カードとか、いろんな贈り物がされるようで、「チョコレート」を送るというのは、日本の独自の文化みたいですね。

私は、チョコレートが大好きなので、「バレンタイン=チョコ」という習慣はどうなんだ?とは思いつつ、バレンタインの時期に、手に入るチョコレートのバリエーションが広がること自体は歓迎で、自分で作るにしても、購入するにしても、自分が食べてみたい、という基準で、作ったり贈ったりしていましたが、今年はそんなバレンタインそのものを忘れ去っておりました・・・・そこにやってきた手作りお菓子。「日頃お世話になっているので・・・」とか言って周囲の人達に、手作りのお菓子を配る女子・・・・・・・何、何なの?その女子力の高さ・・・・・・いかん、いかん、私も、ちょっとお菓子づくりなぞして、女子力を上げてみようかしら・・・・(笑)

でも、最近は、男子が、女子にチョコを贈る「逆チョコ」なるものもあるそうですね!!!愛が成就するかは謎ですが、チョコ好きの透音に、チョコを差し出すと、喜ぶこと請け合いですよ!!(笑)来たれ、逆チョコ!!とか、言ってるから、女子力が上がらないんだよね、とほほほほ・・・・(笑)

それにしても、バレンタインにチョコをもらったら、ホワイトデー3倍返しの習慣は、まだ生きているのかしら・・・・手作りものをもらって、戦々恐々とする男子の気持ちがほんのりわかった気もする、今年のバレンタインでございました(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2016-02-13 18:00 | 音・色あれこれ | Comments(0)