雨上がりのあじさい

旅に出ていたわけでもなんでもないんですが、うかうかしているうちに気がつけば前回のブログ更新から10日もたっていました・・・時が過ぎるのは本当に早い、もうびっくりです。そうこうしているうちに、関西も梅雨入り、雨の降る日も段々多くなってきました。

ということは、近所にある三光神社のあじさいも見頃かな、なんて思い、雨上がりの週末、ちょっとお参りに行ってきました。

最近は、「真田丸」効果で、どんどん観光客が増えていて、この日もリュックサックを背負った中高年の方々が続々と押し掛けております。が、この人たちのお目当ては、神社というよりは、「大阪城までの抜け穴(伝承)」だったり、真田幸村像だったりして、神社にお参りされている方というのは、案外少なかったりもします(笑)

土の酸性度によって、花の色が変わるというアジサイ、色とりどりの花が咲いています。
a0155838_20434386.jpg
a0155838_20453347.jpg

a0155838_20451093.jpg















漢字では「紫陽花」なんて書きますが、これは本当は中国で「ライラック」につけられた名前で、それが日本で誤ってアジサイのことだとして広まってしまったという説もあるのだそうです。確かに、アジサイといえば、梅雨という言葉がセットで出てくるほどで、どちらかというとしっとりした日陰のイメージが強いので、お日様ぎらぎらの「陽」のイメージは、あんまりないですね。ライラックにも白い花もあるみたいですが、紫のイメージが強いので、色彩七変化のアジサイよりは「紫陽花」という漢字がふさわしいのかも。
a0155838_21593372.jpg

[PR]

by sound-resonance | 2016-06-08 22:00 | 音・色あれこれ | Comments(0)