緑の戸隠神社

昨日の「山の日」みなさま、いかがお過ごしだったでしょうか。祝日が一日でも増えるのは歓迎、な感じもありつつ、なんで、8月なんだろ?という感じも否めないこの祝日。企業におつとめの方にとっては、お盆の夏休みが大型になるというメリットがあるのかもしれませんが、元々夏休みの子ども達にとっては、うれしくもない夏休み中の祝日。いや、夏休みに祝日が重なると、お父さんに遠出に連れていってもらえる可能性が高くなるのか、なるほど。でも、個人的には、唯一祝日のない月になってしまった6月が不憫でなりません。ここは、平等に?国民の祝日「雨の日」でも作っていただきたいところです(笑)

それはさておき、2年前くらいだったか、お正月に戸隠神社にお参りしたことがありました。突然決まった話で、何の前知識もないまま長野に行ってしまったんですが、すごい雪で、かろうじて中社にはお参りできたものの、奥社には行けずに帰ってきました。関西生まれ、関西育ち、いやはや完全に雪をなめてかかってましたね〜。それから、なんとなくぼんやりと戸隠神社のことが頭にありつつ、なかなか再訪のチャンスがなかったんですが、この夏になって、いやはや、呼ばれてしまいました・・・・(笑)なんだか突然戸隠に何が何でも行かねば!という気分になり・・・・行って参りました。

戸隠神社は、宝光社、火之御子社、中社、奥社、九頭龍社の5社からなる神社で、5社を回ると、運気が上がるという言い伝えがあるのだとか。参拝順としては、宝光社→火之御子社→中社→奥社・九頭龍社の順にお参りするのがお作法みたいですが、とりあえず、一番遠いところから行っとこう、みたいな感じで、今回は、迷わず朝一に奥社へ。
長野駅から、バスに乗ること、1時間くらい。奥社前でバスを降りると、第一の鳥居がみえてきます。
ここからは、車は通行できず、徒歩で神社に向かうことになります。

最初行った時は、鳥居に雪が積もっていて、どこが参道なのかわからないくらい一面真っ白だったのに、
a0155838_20105457.jpg


今回は濃い緑に包まれている鳥居。参道もちゃんと見えています(笑)
a0155838_2011338.jpg


穏やかな平坦な道が続いています。
a0155838_20125412.jpg


だいたい15分くらい歩いていると、赤い門(随神門)が見えてきます。この門をくぐると明らかになんだか空気が違います。不思議なものですね。

道の両端に続く杉並木。
a0155838_20133196.jpg

江戸時代(1612年頃)に植樹されたものなんだそうですが、樹齢400年以上の杉並木は、ここを歩いているだけで、神聖な気をもらっているような気持ちになります。

途中、石のオブジェ発見。小鳥に見える。人って、小石を見るとなんで、積みたくなっちゃうんでしょうね〜(笑)
a0155838_20135917.jpg


神社が近くなるにつれて、勾配もきつくなってきて、なかなかしんどいんですが、そこはもうひとふんばり。念願の奥社に到着。無事にお参りをすることができました。ここまで、だいたい2キロ、時間にすると、30〜40分くらいの道のりです。
奥社には天照大神が、天岩戸にお隠れになった時に無双の神力で岩戸を開いたという「天手力雄命(あまのたぢからおのみこと)」、九頭龍神社には戸隠の地主神である「九頭龍大神」がお祀りされています。九頭龍神社は、雨乞いの神である他、虫歯(なんで虫歯?)、縁結びの神様だということで、特に力をこめてお祈りしてきましたよ(笑)
お参りを断念した真っ白な冬は、雪が少々恨めしかったですが、逆に雪に降り込められている時間があるから、夏の緑がこんなに生き生きと輝いているのかな、と思ってみたり。戸隠神社も、「パワースポット」として人気みたいですが、パワースポットととして人が押し掛けすぎて、エネルギー枯れしちゃった場所を何カ所か知っているだけに、人の入れない時間、サイクルがあるのもいいもんだな、と思ったりもしたんでした。

中社には以前お参りしているし、今回は奥社に行けただけで十分!なんて思っていましたが、随神門辺りから、散策ルートができていて、周辺の鏡池経由で中社に至るルートなど、車が通る県道とは別の徒歩で楽しめるルートがたくさんあります。私は奥社から中社まではバスを利用して、中社〜宝光社〜火之御子社を徒歩で回りましたが、ゆっくり歩けば、5社とも徒歩で回るのは十分可能だと思います。特に宝光社にお祀りされている天表春命(あめのうわはるのみこと)は、その昔、奥社に合祀された時に、「奥社は女人禁制だし、冬になると行けない場所だから、人が来やすい里山に祀ってもらえまいか」みたいなお告げがあって、今の場所にお祀りすることになったという優しい!?神様なので、特に女性はお参りされると良いかと思います。家内安全、技芸裁縫、安産等のご利益があるそうですよ。あ、奥社は今は、男女フリーでお参りできますので、どうぞ、ご安心を。

戸隠神社
[PR]

by sound-resonance | 2016-08-12 18:30 | 音・色あれこれ | Comments(0)