成人の日

2017年、新しい年が明けて、早くも9日もたってしまいました。みなさま、いかがお過ごしですか?
8日の日は一日雨でしたが、今日の成人の日は晴れてよかったですね。晴れ着を着た新成人の方々もいいお天気でほっとされた方も多かったのではないでしょうか。

2000年にハッピーマンデー法が導入されてから、成人の日は、1月の第2月曜日になりましたが、1999年までは、1月15日が成人の日でした。3が日が終われば日常生活が普通にやってくるし、お正月だからといって、特別なことをしたわけでもなかったんですが、私の中では気分的には、1999年までの1月15日の成人式までが「お正月」で、なんだかエンジンがフル稼働しない感じもあります・・・・いや、単に怠け者なだけかもしれませんが、お正月気分継続のままぐだぐだと過ごしております(笑)

というわけで、気づけば念頭のあいさつ以来1週間近くたってしまっていました。

12月の下旬に、携帯電話をスマホに変えたりと、通信環境の変化があったんですが、その関係もあって、この年末年始は、古今東西ありとあらゆるテレビドラマをまとめて見ていました。昔から、テレビを見る習慣があまりなくて、昔流行った話題のドラマもタイトルは知っていてもリアルタイムでは見たことがない、というものも多く、今は家にそもそもテレビそのものがなく、ドラマを見ることもないので、なんとなく物珍しく見ていた次第。

昔の日本のテレビドラマを見ていても、通信環境の時代の変化が目の当たりにできて面白いですね。

1995年のドラマでは、耳が不自由で電話でコミュニケーションできない恋人のためにローンを組んでファックスを買うヒロインが出てきました。そのファックスのお値段が12万円!!12万あれば、今だったらiphoneが十分に買えます・・・というか、ノートパソコンも悠々買えちゃう・・・当時は、パソコンのパの字も出てこず、コンビニでいちいちファックスを送るのがめんどうで、迷いに迷って、好きな人のために高いファックスを買い、せっせとバイトをするヒロインの姿が描かれます。ただ、そんな理由でバイトをしているということを彼に知られたくなくて、バイトのことを秘密にしていて、すれ違いが起こっちゃったりして、うーむ、個人的には「あぁあったよね~!」みたいな懐かしい感じがありましたが(笑)、今の若い方には「???」な共感されにくい展開かもしれませんね。
今から20年前というと、ほとんどの人が携帯電話など持っておらず、街中に緑色の公衆電話や電話ボックスがあった時代。ドラマの中では「数年後」にポケベルが登場していて、またもや個人的には「あったよね~!!」みたいな懐かしさがありましたが、この頃って、携帯電話を持っている人ってほとんどいなかったんですね。

今や、公衆電話も街中ではほとんど見なくなったし、ポケベルなんて、完全に時代の遺物となってしまいました。ポケベル以降、携帯電話が登場し、携帯電話もどんどんスリム化して、今やスマートフォンの時代。街中でもwifiの環境が整ってきて、大量のデータ(情報)にいつでもどこでもアクセスできるとても便利な時代となりました。今は固定電話を設置していないお家もけっこうあるのだとか。メールとかラインとか「電話する」以外にもコミュニケーションの手段がたくさんあって、今や、普段の通信手段として「電話」を利用する人も昔に比べると少なくなっているようです。

ただ、超高速スピードであふれる情報の処理に生身の頭がついていっていないなというのも正直な感想。年末年始の大量の情報のシャワーで、なんとなく頭がぼーっとしていてオンオフの境界線があいまいになっているような気分。ま、そんなにまとめて見るなよ!という説もあるんですが(笑)なんだか身体の方にもモロに影響が出ている感じです。ほんの20年前、1995年当時とは、物事のスピード感も、飛んでいる電磁波量も、相当違うんだろうな、ということを実感しております・・・何気なくリアルタイムに現代を生きていると意識しにくいけれど、この環境の激変っぷりって史上まれにみるスピード感で、改めてすごい時代に生きてるんだな、なんて思ってみたりもします。

そもそもテレビを見なくなったのもだらだら見すぎて切り時がわからなくなるからというのも、理由のひとつだったんですが、似たような状況に陥っているのかも。お正月もそろそろ終わるし、旧来の成人の日、小正月に向けてそろそろ通常モードに戻していかねば・・・・・・(笑)






[PR]

by sound-resonance | 2017-01-09 21:47 | 音・色あれこれ | Comments(0)