堀北さんと山本さん

この間、2回ほどロマンチックラブと結婚について書いてきましたが、交際期間(いわゆる恋愛期間)が極端に短くていきなり電撃結婚、みたいなカップルが時に世間を驚かせたりすることがあります。

芸能人の例でいくと、2016年8月に結婚された女優の堀北真希さんと俳優山本耕史さんの結婚も「電撃」だったようですね。
夫の山本さんは、交際、結婚をする前から妻となった堀北さんのファンだったようですが、最初に共演した時に教えてもらえた連絡先は事務所のもので、それ以来6年間ずっと片思いだったそうです。最初の出会いから6年後、お芝居で恋人どうしを演じることになってから、稽古中40通の手紙を送ったのだそうですが、彼女からの返事は1通もなし。
それでもなんとか連絡先はゲットしたもののなかなか距離を縮めるきっかけがつかめない、ある時彼女が新幹線で移動するという情報を聞きつけ、指輪を持ってあてずっぽうに新幹線に乗ってみたら、奇跡的に彼女がその新幹線に乗っており、もういっそのこと、結婚しちゃいましょう、とプロポーズして、めでたく結婚となったのだとか。

ホントかよ!?!

このエピソードを「きゃ〜素敵!ロマンチック!!そこまで愛されてみたい〜!」ととるか、どん引きするかは人によって大きく分かれるところでしょうが、ま、堀北さんもリアクションは起こさないまでもまんざらでもなかった、ということなのか、な、あ・・・??

ということで、ちょっと興味がわきまして、お二人のホロスコープを調べてみました。

ウィキペディアによると、堀北真希さんの生年月日は1988年10月6日、山本耕史さんの生年月日は1976年10月31日、太陽だけでいうと、天秤座とさそり座のカップルです。

一人一人のホロスコープを見ると、山本さんの方は、太陽の他に水星、火星、天王星がさそり座で、若干オーブがあるものの、ほぼ4つの天体がコンジャンクション(隣り合わせに並んでいる)しています。10個の天体のうち、4つがさそり座、うーむ、かなりしつこい、もとい、粘り強い性格をお持ちのようですね(笑)目的を果たすためなら、少々のことではへこたれない、うたれ強さというのか、支配性が冥王星だけに、一度死んで起死回生をめざす、くらいのシチュエーションの方が燃える、みたいな感じがあるのかもしれません・・・
金星を見ると、射手座なので、独立心旺盛な活発な女性が好みのようですが、そこに海王星が寄り添っているので、芸術の世界、夢の世界、演劇の場面で出会った女性に「運命」を感じたというのは、なんだか、納得できるような気がします。いずれにしても、女性との交際に意欲的というか、女性との交際に関して社交的な感じの方ですね。

堀北さんの方は、太陽が天秤座の他に水星も天秤座です。社交性、人とのつきあい、コミュニケーションみたいなところが人生の目的だけど、このふたつにはアスペクトがないので、誰かの手助けがないと自分で発動させるのはちょっと難しい感じなのかもしれません。金星は乙女座、潔癖で自己完結した感じというのか、そういう清潔感は堀北さんの持ち味としてよく出ているような感じがしますね。

さて、このお二人の相性をみてみると、正確な生まれた時間がわからないので、詳しいことはわからないんですが、「夫婦」になりやすいといわれている太陽と月の満月、新月の関係はみられません。
金星と火星の関係をみても、元素も違うし、特に際立ったアスペクトを持っているわけでもありません。

うーむ、このお二人の結婚の決めてってなんだったのかな、と不思議な感じがあったんですが、お互いの太陽と冥王星がコンジャンクションしているのが印象に残りました。山本さんのさそり座の上と、堀北さんの天秤座の太陽の上のそれぞれに冥王星がコンジャンクション。うーん、これは・・・・何かしら極端なくらいのシチュエーションの方が運命的な動きが発動する、そんな感じだったのかな、思います。

ちなみに堀北さんの金星は乙女座の3度。乙女座って、ちょっと極端な傾向があるようですが、3度のシンボルは「保護をもたらす2人の天使」というものです。ある一定の信念をもつと、どんなものでもそれを証明するという作用が働くような角度。40通の手紙と、新幹線での偶然の出会いが、結婚への信念を確定したのかもしれません。結局のところ、太陽と月の結婚例にはなりませんでしたが、ま、こんなカップルもいます(笑)いずれにしても、末永くお幸せに。
[PR]

by sound-resonance | 2017-01-30 21:11 | 星読み | Comments(0)