オレンジジュース

先日プロ野球のチームカラーについて少し書きましたが、今日はその流れ?で、オレンジのお話。

いい感じにクエン酸とビタミンCが含まれているので、オレンジジュースは疲労回復にとってもいいと思って、ちょっとお疲れ気味の時にぐいぐい飲んでた時がありました。私はなんでも興味がある時には集中してがんがんにやってしまう傾向があるので、一日で1000ミリリットルのパックがあいてしまうこともしばしば。オレンジジュースってとてもポピュラーな飲み物なので、コンビニ、スーパーどこでも手に入るんですが、冷蔵庫にオレンジジュースがないとちょっと不安になっちゃうくらい、オレンジジュースを毎日大量に摂取していました。

でも、その時期、ちょっとお腹の調子も悪かった。いやあ、疲労がたまってるんだよね〜緊張もしてるし〜なんて思いながらも、けっこう長期のお腹の調子の悪さはちょっと気にはなっていました。

オレンジジュース大量摂取にもかかわらず、体力が落ちていたのでしょう、先日風邪を引いてしまいまして、この暑い時期にげぼげほやってたんですが、その時も風邪を引いたのだから、なおさらビタミンCは必要とばかり、オレンジジュースを飲み続けていました。お腹の調子の悪さは相変わらず。でも、その時は風邪のせいだと思っていました。

でも、先日プロ野球の巨人のチームカラーであるオレンジについてちょっと調べていて、オレンジジュースの大量摂取に注意、みたいな記事を見つけちゃったんですね・・・・なんでも、大量に摂取すると、お腹がゆるくなってしまうのだとか。

この記事を読んでもなおかつ、自分のお腹の調子の悪さは風邪のせいだと思い込んでいたのですが・・・・ある日、のどが痛くてオレンジジュースよりももっととろりとしたネクター系のジュースが飲みたくなり、オレンジジュースを飲まない日がありました。そうしたら、その翌日のお腹の調子のよいこと・・・・!!絶好調とまではいかないものの、なんだか久しぶりの調子の良さだったんですね・・・!!ちなみに、風邪の方は相変わらずで、鼻はぐずぐず、咳こんこん状態で、風邪がなおったから、お腹も調子がよくなったというわけではなさそうな感じでした。

なんでも、そればっかり、過ぎた摂取はいけませんね〜。オレンジジュースでいうと、一日にコップ2杯程度が適量らしいです。それ以上取っても身体が摂取できず、強制排出となってしまうようです。
私自身は、 ストレートオンリーとはいかないものの、濃縮還元でも、砂糖糖の加えてない果汁100パーセントを飲むようにはしていましたが、フルーツジュースには果糖もたくさん含まれるので、あまりたくさん飲み過ぎると、太る原因にもなってしまいます。

色でいうと、オレンジはちょうどお腹、胃の下あたり、腸のあたりのチャクラの色になるので、過剰摂取がお腹にくるというのも、興味深いです。

ほどほどに飲めば、さきほども書いたように、オレンジジュースはクエン酸とビタミンCを摂取するには、とてもいい飲み物。あまり言われることはないですが、リラックス効果もあるのではないかと思います。アロマテラピーのエッセンシャルオイルでいうと、オレンジは、お腹の緊張を解いて、リラックスさせてくれる香り。夜寝る前にかいだりすると、安眠の効果もありますよ。ちなみに、柑橘系の香りには、光毒性(肌につけたまま光(紫外線)を浴びると肌にダメージが出ること)があるので、お肌の弱い私は、柑橘系の香りは肌にはつけないように(お風呂には入れないように)して、もっぱら香りのみを楽しんでいます。
夜入る分には問題ないかな、とは思いますが、お風呂に入れる際には気をつけてくださいね。













[PR]

by sound-resonance | 2017-07-11 20:47 | 音・色あれこれ | Comments(0)