天秤座の新月

急に寒くなりましたね。昔、私が子どもの頃は「衣がえ」の習慣があって10月に入るとみんなが一斉に長袖に変わる、みたいなところで季節の変わり目を感じたものですが、最近はそんな習慣もなくなって、この寒さの中半袖という強者もいれば、皮ジャン、ウールのロングカーディガンみたいな人もいて、服装が様々で面白いです。私もあわてて冬用のお布団を出しましたが、夜は特に冷えるので、あったかくしてお過ごしくださいね。

さて、星座でいうと、いよいよ天秤座の季節に入りました・・・なんだか信じられない思いもしますが、今年も残すところあと2ヶ月弱となりました。後を引くような残暑も去り、いよいよ本格的な秋、というよりは、冬の始まり、みたいな感じもありますが、いきなり冬にいくには早い、その前の実りの秋の季節でもあります。

そして、次の新月は、10月20日4時21分ごろ、天秤座の位置で迎えます。
サビアンシンボルとしては天秤座の27度「頭上を飛んでいる飛行機」となります。空の上から地上を見下ろす視点、広い視野がポイントになります。日常の生活の中でついつい忘れがちなマクロな視点、普段は目の前にある人間関係が自分の生活に影響し、気分その他諸々が左右されがちですが、意識して高い視点を持ってみるtいいかもしれません。そうすると、もやもやしていた何かがすーっと晴れるような瞬間があるかも。

なんとなく、新しい出会いの予感もしたりします。身近なところに案外相性ばっちりのお相手が潜んでいるかもしれませんよ。瑣末な癖、言葉使い、人からの風評、そんなものに惑わされずに、その人の全体を見てみるとよいかも。

なんにせよ、天秤座は社交性というキーワードを持つ星座でもあります。幾分寒すぎる感もありますが、夏とは違うぴりっとした空気の中、積極的に外出してみるのもいいかもですね。


[PR]

by sound-resonance | 2017-10-18 18:18 | 星読み | Comments(0)