エアポケット

寒くなりましたね!
うかうかしているうちに、早くも12月も三分の一が経過、最近では年賀状の需要が大幅に減っているようで、スーパーやなんかにも郵便局員さんが出張販売に来られているのが視界に入りつつ、自分も年賀状を書かなくちゃという発想が全くなかったんですが、考えてみたら量こそ少なくなったものの、書かなくちゃ、は書かなくちゃ、なわけで、何も用意できてない、いつ書くんだ!?とにわかに大慌てな感じ。
一日オフで家におこもり、はいいけれど、「聖なる予言」なんて読んでる場合じゃなかったな、と今さら焦っても後の祭り。

実のところをいうと、おこもりに加速度がついて、次の日も用事をキャンセルしてまでおこもりして無駄な一日を過ごしてしまったんですが、先生も走るという慌ただしい師走の季節にやることじゃなかったな、と若干反省気味の私でございます。

年賀状というと、最近は行き来する数が圧倒的に少ないので、インクジェット用ではない方の無地の年賀状を買って、一枚一枚手描きをするのが恒例となっているのですが、今年はなんだかそんなアイディアもわいてこない。いつもはあの真っ白な空白が大好きなのに、今はそうでもない。スランプというのでもないんですが、なんだか巨大な「無」の世界に落ち込んでしまったような、そんな感じでもあったりします。

エアポケットとでもいうんでしょうか。欲しいものも、行きたいところも、強烈に引きつけられるものが、ない。無欲、といえば聞こえはいいんですが、都会で日々生息するには一定程度の「欲望」も必要だな、と思ったりもする次第。「空白」ということでいうと、携帯電話こそスマホに換えたものの、私は手帳が好きで大きめの手帳をたいてい持ち歩いているんですが、予定がぎっしり入っていないと不安だった時期がありました。スケジュールがぎっしりつまっていて、予定を調整しようとすると一ヶ月先まで予定が合わないということもあったり。予定で真っ黒な手帳を見て「何かを意義のあることをやってる感」、「意義のある人生を送っている感」を確認していたような気もします。

時代もあるんでしょうが、今はそんなことはなくて、私との予定はかなり簡単に合わせられるんですが(笑)、予定をぎっしり埋めないといけないのかな、みたいな強迫観念もまだちょっと残っていたりなんかします。なので、一日オフの日は、「何か意義のあることをしなければならない」と思って焦ってみたりもするんですね。何もしないでいい日があるのは、まだ追いつめられていない証拠。何もしないでいい日には何もしなくていいのかもしれません。ま、追いつめられたら、どうしてもやらないといけないことはやらざるをえないですもんね。

それにしても、子どもの頃は、夏休みの宿題は計画を立てて毎日きちんとこなし、早めに終わらせて、夏休み後半は優雅に遊ぶ優等生だったのに・・・・大人になってぐうたらになったのか、予測不可能な要素が大人になって増えたのか、後者の理由でぎりぎりまで追いつめられないとできない性格になったということにしておこう・・・・
[PR]

by sound-resonance | 2017-12-11 21:30 | 音・色あれこれ | Comments(0)