カテゴリ:未分類( 10 )

ブルーライト、ブルーウィンター

毎日寒いですね。私は寒いのが苦手なので、寒い季節になると、どこにも出かけたくない、出なくてすむものなら極力外に出たくない、家にひきこもりたい派なんですが、そうもいかず、外に出ると、街は特に夜になると、クリスマスに向けて、イルミネーションに彩られているのが目につく季節になりました。

クリスマス、またそれを迎えるまでの12月の夜のライトって、昔は赤と緑っていうイメージが濃かったような気がするんですが、1990年初頭に青色のLEDが発明されてから、色彩の物珍しさも手伝って、急激に街中で青い光を見る機会が増えましたね。経済的で発熱が少なく、樹木にも優しいということで、街路樹に電球をまきつけるようなイルミネーションにも多く使われています。

大阪のシャンゼリゼ(!?)御堂筋のライトアップ(淀屋橋〜本町周辺)。


a0155838_00512242.jpg
ブルーの光が美しいです。御堂筋は「いちょう並木」とも呼ばれていて、秋には、いちょうの葉っぱの黄金色が綺麗なんですが、冬はこんな感じでブルーの光に包まれております。

a0155838_00512957.jpg
青は、温度を感じさせない色なので、寒い時期に青い色を見るとなんだか寒々しいような気もするんですが、LEDの光も温度を感じないという意味で未だかつて見たことがないような不思議な光、不思議な色彩のような感じがします。寒々しいというよりは、なんだか不思議と心が落ち着くような感じ。メランコリーな感じもするけれど、なんだかひたすらにしんとした静かな感じ。青色LEDが登場した1990年代のはじめというと、ちょうどバブルのはじけた時期とも重なっていて、ひたすらにぎにぎしい乱痴気騒ぎのような明るいバブルの時代が沈静かしていく時代にも合っていたような気もします。

遅くまで働いた後、一駅分だけ御堂筋を歩いて帰りました。寒かったけど、綺麗で、不思議と心の落ち着いた、ある日の夜でした。


[PR]

by sound-resonance | 2017-12-16 00:52 | Comments(0)

夏の時間、冬の時間

毎日寒いですね!先日大阪でも雪がちらついたという話を書きましたが、案の定!?翌朝には雪の気配はみじんもありませんでした。快晴。でも寒いです。満月だったので、そわそわわくわくしているわりには、引きこもっていられる日は存分引きこもるぞとばかりお家でまったりしております。

このところ、お風呂には市販の入浴剤を入れていたんですが、久しぶりにエッセンシャルオイルをブレンドした入浴剤を入れてみました。市販の白い砂糖と重曹をカップに入れて、そこに睡蓮とパチュリとサンダルウッドのエッセンシャルオイルをたらします。エッセンシャルオイルにもよりますが、パチュリとかサンダルウッドって粘度が高いので瓶をかたむけてもなかなかしずくがおりてこない。え?もう空っぽだったっけ?と心配になるくらい、出てこない(笑)辛抱強く瓶を傾け続けてようやく一滴、二滴とシュガー&重曹の白い粒子の上に濃い茶色の液体がぼたり、ぽたりと落ちてきます。

あ、これって、冬の時間だな、と思いました。

夏は、パチュリやサンダルウッドでもこれほどには時間がかかりません。確かにちょっと時間はかかるけど、ここまでではない。冬は時間がゆっくりゆっくり流れるんですね。

クロノス的時間、例えば時計の針は、夏であっても冬であっても一定で速度を変えることはありません。エッセンシャルオイルが冬にはなかなか落ちてこないのも、夏に比べて冬の方が温度が低いから、その理由につきます。でも、そういう「外側の時間」「外側の法則」とは全く質の違う時間の流れ、とか理屈、みたいなものが確実にあるな、という感じがしたのです。

先日内田樹さんの講演を聞きに行った際、場を使っていない時間の大切さ、みたいなことをおっしゃっていたことを思い出しました。内田さんは、合気道のための専用の道場を主催しておられるんですが、例えば稽古で4時間道場を使って、綺麗に掃除してその後の20時間、人の一切入らない20時間がとても大切だ、ということをおっしゃっていました。次の日の朝一番に道場に足を踏み入れると、まるでティンカーベルみたいな妖精がきらきらした銀の粉だけを置いていったようなそんな独特の気配みたいなものを感じたりするのだそうです。そうやって「整えられた」空間でまた稽古をする。綺麗に掃除をして後は使わない、そのくりかえしで場が保たれている、と。

去年の夏に戸隠神社に行った時にも似たようなことを感じました。その前にお正月に戸隠神社を訪れて、雪に阻まれて奥社まで行けなかったんですが、夏の戸隠を訪れてみると、とてもさわやかで気が満ちた空間で、でもこれって雪が積もって人間が入ることができない時間があるから、保っていられるんだろうな、という感じでした。当たり前のことではあるんですが、冬は放出する前のはぐくむ時間なんですね。
常夏の国、常冬の国ではそういった循環は感じにくいかもしれませんが、春や秋が短くなったとはいっても、日本はまだそういうサイクルを感じやすい国だな、という気がします。

何をはぐくむかは人それぞれだと思いますが、自分の身体をいたわるもよし、創作の種を大事に温めるもよし、春に向かってゆったりした冬時間を堪能したいものですね。


[PR]

by sound-resonance | 2017-02-11 21:54 | Comments(0)

歓喜のうた!

月日の経つのは早いもので、明日から、もう12月ですね。
とある公園に赴いた際、音楽ホールの前で、聞こえてきた合唱の練習を聴いて、ああ、年の暮れだなあと思った次第。ベートーベンの第9の第四楽章、「喜びの歌」のサビ?の部分、「ミミファソソファミレ、ドドレミ、ミ〜レレ♪」っていうあの部分ですね。

でも、海外では、特に第9は年の暮れとは結びついていないようで、「年末=第9」が恒例なのは、日本だけの風潮のようです。

日本で最初に「第9」が演奏されたのは、1918年当時、徳島県にあったドイツ兵捕虜収容所で、捕虜達によって演奏されたものなのだそうです。一瞬、捕虜が音楽会?と思ってしまいますが、収容所といっても、捕虜に対しては、手荒な扱いはせず、「祖国のために闘った勇士」として扱われ、ある程度の自由はあったみたいです。ここでは詳しくは描きませんが、第9のテーマって、既存の宗教とか垣根を超えていこう、みたいな人類愛みたいなものがテーマとなっているので、捕虜達がこの曲を選んだというのは、なんだか示唆的ですね。収容している側とされる側の間にあった友愛みたいなものに対する感謝の念が現れていたのかもしれません。

そんな第9が、どうして、日本で、年末に第9が盛んに演奏されるようになったのか。調べてみると、どうも、経済的な理由が大きいらしいです。第9は知名度があって、お客さんの入りが見込める楽曲。合唱付で、ソリストだけ用意すれば、合唱部分は学生などに頼むと、出演料が安く抑えられる上に、合唱で参加する人達の知り合いなどがチケットを買ってくれて、チケットがよく売れる、そうすると、貧しいオーケストラが、年を越すための資金が稼げる、と。今は、年を越すことは、昔と比べると、「イベント」ではなくなってきていますが、昔は、年越しの食料や晴れ着等々、物入りな季節だったんでしょう。なかなかに、切実な理由があったんですね〜・・・・・

そのうちに、素人の合唱団のみなさんにとっても、「年末の第9に参加する」というのは、西洋の文化に触れ、ちょっと自分がグレードアップするような高揚を得られる「目標の歌」となっていき、「年末=第9」の構図はどんどん補強されていったわけです。

もしかすると、あるのかもしれませんが、私が今まで聴いた中では、年末といえども、原語以外の合唱、例えば日本語訳で歌っているような「歓喜の歌」は聴いたことがありません。原語ってドイツ語だと思うので、普段ドイツ語を使っていない人にとっては、難しいと思うんですが、そこは「カタカナ読み」でルビをふってでも、ドイツ語で歌う、そのことに意義があるんでしょうね。

最初は経済的な切実な理由からだったとしても、明るい喜びのエネルギーに満ちたこの曲だったからこそ、日本の年末に定着したのでしょう。いろいろあったけど、歓喜の歌ですべてよし、チャラにして、エネルギーチャージして、次の年を迎えるぞ、みたいな。クライマックス!みたいな気分も味わえますもんね。でも、年末と第9が極東の国で定着しちゃった現象、当のベートーベンはどう思っているのでしょうね。「違〜う!!」とか天国で叫んでたりするのかな(笑)それとも、自国を飛び出して、当初は思いもおよばなかった独自のイメージの変遷を遂げた我が楽曲の「垣根を越えた感じ」に満足しているの、かも、しれませんね。
[PR]

by sound-resonance | 2015-11-30 23:18 | Comments(0)

家出!?

 先日ご紹介したチャリティベアちゃん。
 今日の朝、電車に乗ろうと駅に向かっている途中ふとかばんを見ると、いない。
 クマ不在で、ストラップのひもだけが、ぶらぶら。

 勝手にハートのペンダントなんか首からかけられて、トータルコーディネートを乱されたことが腹にすえかねたのか!?
 私とおそろいっていうところがいやだったのか!?
 ピンクのハートっていうのがこっぱずかしかったのか!?
 それとも、私の身代わりになって災難を回避してくれたの??
 そういえば、昨日ちょっとエネルギー的に強い場所にいて、かけていたネックレスがぶちっと切れてしまったし、石がなくなることが重なっている・・・何?私、そんなに身の危険に迫られている!?????

 外出中も気になって気になって、ちょっぴり気もそぞろ。とりあえず、家に帰ったら、昨日の行動を思い返してみようと思いながらそそくさと用事をすませて帰ってきたら・・・

 いました。
 玄関に、ぽつり。
 家出じゃなくて、今日は家にいたい気分だったみたいです・・・(笑)

 それにしても、金具がどうして、外れちゃったのか、どこが不具合だったのか、さっぱりわからない。ほっとしたものの、ちょっぴり不思議の残る今日のプチ事件でございました。
[PR]

by sound-resonance | 2011-12-20 07:13 | Comments(0)

CAFE NOTO

 近所にある「CAFE NOTO」さんにランチに行ってきました。「CAFE NOTO」・・・「かふぇのおと」・・・「カフェの音」。オーナーのご夫妻が、カフェ内の会話や、音楽、料理を作るときなどのさまざまな“音”を楽しんでほしいという意味をこめてつけた名前なんだそうです。
 オーナーさんは、音楽をやっていた(やっている?)方だそうで、その時、お店に流れていたBGMは、お友達のバンドのもの。その日の京都でライブの前にちょっと寄ってくれたんだそうです。BGM以外にも、オススメのCDの視聴コーナーがあったりと、音が好きなんだろうな、という雰囲気がかもしだされています。
 いただいたのは、スモークサーモンとクリームチーズのサンドイッチ。野菜もたっぷり入った。パニーニ系のサンドイッチでしたが、美味しそうだったので、すぐにぱくついてしまい、写真を取り忘れました・・・ということで、こちらはメニューの写真・・・。
a0155838_19215941.jpg

 奥様は、パティシエさんだということで、今回はいただきませんでしたが、スィーツも美味しそうでしたよ♪今度食べてみよ〜っと。
 美味しいっていうカフェの基本はふまえつつ、大げさな仕掛けはないんだけど、音を大切にするカフェ。これからの展開が楽しみ、楽しみ♪
a0155838_19223288.jpg

[PR]

by sound-resonance | 2011-10-09 19:23 | Comments(0)

小さなハートの葉

a0155838_927683.jpg


 朝起きてベランダの鉢植えに水をやっていて、小さなハートの葉っぱを発見。かわいいです。
 今まで知らなかったけど、この子、「カネノナルキ」っていうらしい。去年は、南アフリカ原産のこの子でも耐え難い暑さだったのか、葉っぱが次々に落ちていって、びっくりしましたが、今年はなんとか暑い夏を乗り切ってくれました。
 ちなみに普段の葉っぱは丸い感じです。葉っぱの形が硬貨に似ているということで、英語でも(dollar plant)というのだとか。

 身近な小さな幸せを発見するのも大事だな、って思った土曜日の朝でした。109番、効いてきたかな!?

 鉢が小さくてバランスが悪いので、植え替えたいのだけど、植え替えて枯れちゃったらどうしよう、というのが怖くて、なかなか植え替えられてません。でも、ひょっとすると、もっと大きい鉢に植え替えたら、お金持ちになれるかも〜!!うっひっひ♪(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2011-09-10 09:39 | Comments(0)

お花見

a0155838_1611520.jpga0155838_1605467.jpg


a0155838_1614752.jpg

a0155838_163174.jpga0155838_1625691.jpg











 






 桜が綺麗ですね。自粛ムードの中でお花見をする人を非難する向きもあるようですが、やる、やらない、は強制されるものでなく、自己判断でありたいですね。「お花見」と言いながら、食べて、しゃべって、歌って、に集中して、肝心の「花」を見なかった、なんていう話もあったりしますが、今年は静かにじっくりと、「花見」に集中してみるのもいいかもですよ。花は変わらず美しく咲いていますよ。
[PR]

by sound-resonance | 2011-04-05 16:18 | Comments(0)

おまけ ミコノス猫コレクション

 直接「音と色」には関係ないので、迷ったのですが・・・猫好きな方も多いことだし、ミコノス島の猫たちをちょっとだけご紹介。

a0155838_1593260.jpga0155838_15111063.jpg

a0155838_15135894.jpg


a0155838_15214893.jpga0155838_15212173.jpg

a0155838_15244064.jpg


a0155838_152762.jpga0155838_1528661.jpg

a0155838_15322035.jpg


a0155838_15423844.jpga0155838_15382481.jpg

 






 
 ところで、今日は七夕様ですね。街角では色とりどりの短冊の飾られた笹をみかけます。ご自宅で笹飾りをされている所もあるかもしれませんね。
 梅雨時だから仕方がないのですが、毎年七夕様になると「晴れて彦星様と織り姫様は、無事に会えるのか!?ああ〜っ!今日も雨じゃないか〜!!」とはらはらどきどきしてしまいます。天上で織り姫様と彦星様が無事に出会えていますように。そして、みなさんの願い事が、天に届きますように。
 
[PR]

by sound-resonance | 2010-07-07 16:07 | Comments(0)

オーラの色は声の色

 先日、自分のオーラの色をPCで測定してもらう機会があったのですが、結果を見てびっくり!様々な色を含みつつもメインの色がゴールド。これって、ボイスプリントと一緒だ〜!!ボイスプリントをとると、私、本質的な部分で、ゴールド〜イエロー〜オリーブグリーン辺りが高く出ることが多いんです。
 私は、オーラは見えないのですが、オーラの色と声の色って共鳴しているんですね。
[PR]

by sound-resonance | 2010-01-13 17:22 | Comments(0)

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
2010年が皆さまにとって、実り多き年でありますように。
サウンドレゾナンスにとって、飛躍の年でありますように。
そして、サウンドレゾナンスを通じてたくさんの方々との出会いに恵まれる一年でありますように。
[PR]

by sound-resonance | 2010-01-03 18:42 | Comments(2)