カテゴリ:中崎町( 6 )

グリーンカレーと赤いお茶

 久しぶりにいいお天気でしたね。少し肌寒かったものの、今日は中崎町の木の下で日向ぼっこをしていました。
 ちょっと早めの晩ご飯は、「yobareya」さんのハーブカレー。
a0155838_22571567.jpg

バジルの葉っぱがちょこんと乗っかっていて、とても可愛いです。ココナッツベースのカレー、とっても美味しかったです。単に辛いだけじゃなくて、いろんな味が合わさって「美味しい」味になっているっていう感じ。さぞかしいろんなスパイスとかハーブが入ってるんだろうなあ。
 でも、深すぎない軽やかな感じなので、「まいにち食べたくなるカレー」というキャッチフレーズも、うんうん、という感じです。

 食後には、ローズヒップピーチのハーブティーをいただきました。私はローズヒップのお茶が大好です。酸味が疲れを癒してくれます。赤い色も綺麗、元気をもらえます。ビタミンCがいっぱいで、美容にもいいですよ。カレーの後ってどうなの?と一瞬思いましたが、問題なし。
a0155838_2258671.jpg

 カレーにサラダと飲み物がついて、700円。ごちそうさまでした。店内では、世界の絵本も読めますよ。
 今日は食べなかったけど、おやつも美味しそうでした。日曜日のみの営業だそうです(5月GW3・4・5は営業)。今度はチーズケーキが食べたいな♪
 
[PR]

by sound-resonance | 2011-04-24 23:01 | 中崎町 | Comments(0)

鳥の来るカフェ その2

a0155838_0322683.jpg


カフェに来たヒヨドリ。
「ヒヨ〜ヒヨ〜」と鳴くからヒヨドリっていう名前が付いたそうです。メジロは、ビジュアルからの命名だけど、ヒヨドリは鳴き声からの命名ですね。
でも、この子の鳴き声「ヒヨ〜、ヒヨ〜」には聞こえなかったけどな〜。先日のうぐいすの所でも書きましたが、鳥にも個性がありますね。
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-18 00:32 | 中崎町 | Comments(0)

鳥の来るカフェ

a0155838_011044.jpg 
a0155838_0114046.jpg
 
















 







 アトリエ透音のある中崎町の10_2(東風ビル)の前には大きな木があって、そこに鳥がやってきます。写真はメジロ。目の周りが白いから、目白。そのまんまですね。
 メジロは繁殖期にはつがいで行動するようなので、一緒に来ている2匹はカップルでしょうね。なんだか仲むつまじくほほえましい風景です。

 さて、みなさんは、「鶯色」というとどんな色を想像しますか?本当のうぐいすの体色は灰色がかった緑褐色の色なのだそうで、「鶯色」というと、本来的には、そちらの色を差すのでしょうが、私は、どちらかというと、抹茶色のようなメジロの体色に近い色を想像してしまいます。でも、それって、本当は「メジロ色」なんですね〜。
 メジロは、比較的人にも慣れてお目にかかりやすい鳥ですが、うぐいすは、人前にはめったに出てこない鳥なのだそうです。同じ春先を象徴する鳥なので、鶯の「ほ〜ほけきょ」という鳴き声と、よく目にするメジロのビジュアル(体色)が混同されて、鶯色、というと、メジロ色を思い浮かべる人が多いのだとか。

 そういえば、私の実家付近にも鶯が住んでいて、春になると、頻繁にさえずりを聞くことができます。でも、鳴き方がちょっと独特で、

「ほ〜」(私:ああ、鶯が鳴いてる、春だなあ・・・)
「ほけっ」(!!)

 何回聞いても「ほ〜ほけっ」でおしまい。「きょ、は?????」と思わずつっこみたくなります。姿は見たことがないし、同じ個体かどうかも確認はできないのですが、何年も同じ鳴き方なので、どうやら、親子代々あるいは、地域代々「ほ〜ほけっ」が伝承されている模様。でも、すごく愛着がわきますよ。なんか、好きです。
 自信満々に「ほ〜ほけっ!」とさえずる彼(等)が「巷では、どうも『ほ〜ほけきょ』と鳴くのが一般的らしい」と知る驚愕の瞬間がいつかやってくるんでしょうか???
 姿なき「ほ〜ほけっ」と鳴く鶯に、「きょ、は〜??」とつっこんで、人知れず鳥とのコミュニケーションを楽しむのが、私の春の風物詩です(笑)

 それはさておき。
 運が良ければ、2Fカフェスペースから、ガラス越しに間近で鳥さんを見ることができますよ。遊びに来てくださいね。
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-15 00:16 | 中崎町 | Comments(0)

ささのはパン

天然酵母のパン屋さん。もっちりしてて、食べ応え十分。粉の味がしっかり。季節によって、いちご、とかみかんとかいろいろなフルーツで酵母を作るそうで、ちょっとずつ味が違うのも、楽しみになりますね。美味しい〜♪最近はまっているパン屋さんです。
でも、先日友人宅でいただいた自家製パンも美味しかった〜!自動パン焼き器もなかなかに奥が深そうです。朝、パンの焼ける香りとともに起床っていうのも、素敵ですね、朝起きるのが楽しくなる、かも!?
a0155838_1141396.jpg

ささのはパン
[PR]

by sound-resonance | 2010-11-27 11:44 | 中崎町 | Comments(0)

赤い部屋

 今日は、お友達と中崎町の「彩珈楼」さんで珈琲をいただきました。関西で唯一氷出しの珈琲を飲めるお店なんだそうです。私は普段どちらかというと、珈琲はあまり飲まないのですが、確かにえぐみがなくて、すっきりしたすがすがしいお味でした。器もレトロでかわいい。お店の片隅に氷出し中のビーカーがいくつも置いてある棚があって、フィルターを通してぽたり、ぽたりと長い時間をかけて「珈琲」になった水滴が落ちている様は、ゆったりとしたある一定の「時」を刻んでいて、いつまでも見ていたいような、絵になる風景でした。氷で出すと、珈琲一杯分に10時間くらいかかるんですって。
 ところで、このカフェ「遊郭風カフェ・バー」ということで、内装(壁)が真っ赤です。遊女のお襦袢とか、情念っていうイメージなんでしょうか。なんだか落ち着くような落ち着かないような・・・とかいいながら、すっかり長居してしまった私たちでした(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2010-11-20 22:31 | 中崎町 | Comments(0)

お箸・彩々

 「なんちゃって断食」でしばらくお肉を控えていることもあって、薬膳カフェでごはんをいただきました。中崎町の「ちきゅうだま」さんの日替わり薬膳定食、800円。夜の時間帯にも定食をいただけるありがたいお店です。
a0155838_22234282.jpg

 写真のおかずのプレート(ちょっぴり食べかけです、ごめんなさい)と、お味噌汁、ご飯がついてます。お家ではなかなかこれだけの品数を作るのは難しいですよね〜、美味しいモノをちょっとずつ、目にもかわいく、カレー味とか、チリソース味とか、酢の物とか、一品一品味にも工夫があって、飽きさせない、とっても身体に優しい感じで美味しかったです。
a0155838_2224197.jpg

 ご飯もさることながら、私が目を奪われたのは、お箸。色とりどりの色鉛筆みたいなお箸がコップに、ば・ば〜んと出てきました。どれひとつとして同じ色がありません。ひとつひとつのお箸に若竹色といったような和風の色名がついています。どの色を組み合わせて食べてもいいみたいです。私は手前にあった、緑系の同じような色を選んじゃいましたが、白×黒とか、金×銀とかを選ぶ人もいて、どの色の組み合わせを選ぶのかも人それぞれ。その人の性格やなんかも見えてくるかも!?
 「ちきゅうだま」さんは、「癒しと薬膳のカフェ」で、フェアリーカードとか大天使カードなどが自由に使えるようにと、テーブルに置かれていました。身体に優しいご飯をいただいた後は、エンジェルからのメッセージをもらって帰るっていうのも、いいかもしれませんね!?
[PR]

by sound-resonance | 2010-08-29 22:26 | 中崎町 | Comments(2)