<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

戦わない戦い方

 急いで重大な決断をしなくてはいけない事柄が急にやってきて、わらをもすがる思いで友人にやってもらったカードリーディング。様々な女神様が、「GO」サインを示してくれたところ、気になったのが「アテナ神」。

 アテナというと、ギリシャの女神で、鎧をつけて剣を持った戦いの女神様。その物事にGOサインを出しても、それを遂行するために「戦い」が待っている??

 戦いたくないんだけどなあ、戦ってもし何かを「ゲット」したり、ミッションを遂行できたとしても、その遂行の仕方って、旧態然としてて、これから時代が目指すべき方向とは相反するんじゃあ・・・とその物事にGOサインを出すことが正しい選択だとほぼ100%わかっていながらも、私、ちょっと躊躇しておりました。

 でも、アテナ神って戦いは戦いでも「都市の自治と平和を守るための戦い」を司る女神様、なんですね。血なまぐさい暴力が先行する戦いを司る神様としては「アレース」という男性神が別にいるのだとか。
 アテナは智恵、芸術、工芸、戦略を司る女神。アレースの「力ずく」に対して「智恵」を持って戦います。そういえば、アテナの描かれていたカードの背景も智恵を表す黄色で表現されていました。 

 アテナを象徴するアイテムは「フクロウ」と「オリーブ」。「フクロウ」は「智恵」、「オリーブ」は平和の象徴です。
 「オリーブグリーン」の色の意味としては、「自分のスペースに立ちながら、全体をみる」「エンパワメント」「全体のエネルギーをまとめていく」といったものがあります。チームワークにおいて、全体をまとめていくためには、そのチームのメンバーの一人一人に共感しつつ、自分自身を保つ必要があります。そうやって、一人一人の持ち味を生かしながら、一人では成し遂げえない何かを達成できるとしたら、こんなに素敵なことはないですよね。オリーブグリーンは「フェミニンリーダーシップ」の色だとも言われますが、それは、「俺についてこい!」という男性原理的、レッド的なタイプのリーダーシップとは、違ったタイプのリーダーシップのありかたです。
 もちろん時には「俺についてこい!」というリーダーシップがありがたいこともある、でも、これからはオリーブグリーン的フェミニンリーダーシップが時代を変えていくのではないか、そんな気がします。

 さて。
 私、決断を迫られている物事に「オリーブグリーン的リーダーシップ」を持ち込んで、ミッションを遂行できるとするならば、こんなうれしいことはありません。まだ、「イエロー」のネガティブな側面である「恐怖」が消えませんが・・・「恐怖」が反転して「喜び」に変わるよう、アテナが助けてくれますように・・・。
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-30 16:47 | 音・色あれこれ | Comments(0)

五色塚古墳と、五色ランチ

 友人に教えてもらったブログ「ホウホウ先生の開運ブログ」で知った「五色塚古墳」。神戸の垂水にあります。名前の由来は、明石海峡はさんで対岸の淡路島「五色浜」から石を運んだからとも、葺いてある石が太陽の光を浴びて時間帯によって異なる色で反射するからとも言われているそうです。太陽の光を浴びて、五色に光る古墳!?気になって仕方がなくて、思わず見に行ってしまいました(笑)

 ホウホウ先生の手引き通り、真ん中の自分がなんとなーく共鳴してるかな?と思える部分に立って、空の写真をとるという名目で手を空に向かってかざしてみました。私が古墳の上に登った時には誰もいなかったのだけど、やっぱりちょっと照れがありました・・・。ちょっと風があって寒かったけど、明石大橋が綺麗に見えて気持ちよかったです。
a0155838_1616133.jpg
 管理事務所でいただいたリーフレットでは「赤・青・黄・緑・紫」の五色が使われていたけれど、この場合の「五色」というと、「赤・青(緑)・黄・黒・白」の五色なのでしょうね。中国由来の五行説が、古墳時代に「神聖なものを表現する色」のシンボルとして、日本でも浸透していたんですね〜。

a0155838_16152877.jpg
 葺き石は「五色」には見えなかったけど、まあ一日いたわけじゃないからね・・・。でも、見に行けてすっきりしました。




 帰ってきて、数日経って、このこと、記事にしようかな?どうしようかな?なんて考えながら、歩いていたら、本町に「五色」という薬膳カフェ&バーを発見!ちょうどランチタイム!これも何かのご縁と思い、入ってみました。
a0155838_1617941.jpg

 ごはん、小皿3品、メインおかず(その日はヘルシーなハンバーグみたいなの)、スープ、プチデザートが付いて、950円。ごはんは玄米か16穀米が選べます。いろんなものがちょっとずつ食べれるのはうれしいですね。しかも、じわじわっと腹持ちが良かったりして・・・。いい感じでしたよ。
a0155838_16175642.jpg

 そして、「五色塚古墳」記事化決定!!(そんな大げさな・・・)この古墳、ホウホウ先生によると何気にパワースポットらしいので、興味がある方は是非行ってみてくださいね。
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-26 16:28 | 音・色あれこれ | Comments(0)

酒粕Love

 冬になると、「白いもの」が食べたくなります。例えば野菜だと、大根、蕪、白菜・・・夏には全然食べたいと思わないホワイトシチューが無性に食べたくなる・・・「酒粕」もそんな「白い食べ物」のひとつ。

 小さい頃は、酒粕って正直苦手でした。夕ご飯が粕汁だったら、がっかりしていたし、母がおやつ代わりにたまに食べていた、酒粕を焼いて砂糖をまぶしたものも、どこが美味しいんだろう?と思っていました。なので、大人になってからも積極的に自分で買うことはなかったのですが、2,3年前に友人から「大黒正宗」の酒粕をたまたまいただいて、何の気なしに、そのままかじってみて、びっくり!美味しい〜っ!!それから、冬になると、酒粕が冷蔵庫に常時ストックされる「酒粕フリーク」になってしまいました(笑)

 「大黒正宗」の酒粕は大人気らしくって、いただいて以来手に入れることができないのですが(泣)いろんな銘柄の酒粕を見つけては試してみております。当たり前といえば、当たり前ですが、お酒の種類によって、酒粕の味も微妙に違っていて、好みの味の酒粕に行き当たるとなんだかとってもうれしいです。今は岩手のお酒「南部美人」の酒粕が、ちょっとお気に入りです。
 主に、甘酒にしたり、時々粕汁にしたりして楽しんでいます。焼いても美味しいと思いますが、お酒を熱燗にした時と同じ特有のつんとした匂いと味がちょっと苦手なので、私は焼かないでそのままかじっちゃうことも多いです。杜氏の方のお肌が綺麗なのは、麹の中の美肌成分のおかげとか。酒粕はお肌にもとってもいいですよ。

 でも、いつもいつも甘酒では芸がない、何か目新しい食べ方はないものか?と思い、洋風にカップケーキを作ってみました。豆乳を温めて、砂糖を入れて溶かしてから、細かくちぎった酒粕を煮溶かします。あら熱をとってから、まだ温かいうちに先にバターだけ溶かしておいて、冷めた時点で、卵、小麦粉を入れて混ぜてオーブンで焼きます。ちょっと酒粕を入れすぎて、酔っぱらってしまいそうなケーキになっちゃいましたが、しっとりしてて、なかなかに美味しいですよ。まあたまには、毛色が違って面白いかなあっていう感じです。酒粕を入れる分量をちょっと研究してみようっと。
a0155838_12464386.jpg

 食べる以外に「酒粕風呂」という使い道もあるみたいですが、まだやってみてません。お肌はつるつるになりそうですが・・・。お風呂に入れる前に全部食べちゃいそうだなあ・・・(笑)
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-22 12:47 | 音・色あれこれ | Comments(0)

満月と甘酒

 今日は今年最初の満月ですね。セッションで使う石達も、身の回りにある石ころ達も、しばし月光浴です。
a0155838_20545555.jpg

 寒いけど、その分月の光が冴え渡ってます。甘酒を飲んであったまりながら、自分もほんのちょっぴり月光浴。いつもは、お砂糖(黒い)を入れるけど、今日は、生姜とはちみつを入れてみました。
a0155838_2173814.jpg

甘酒。あったまるし、お肌にもとってもいいですよ〜♪でも、アルコール分を微量なりとも含んでいるので、飲みすぎには注意してくださいね。(私も、たまに甘酒で酔っぱらいます・・・どんだけ飲むねん・・笑)
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-20 21:12 | 音・色あれこれ | Comments(0)

鳥の来るカフェ その2

a0155838_0322683.jpg


カフェに来たヒヨドリ。
「ヒヨ〜ヒヨ〜」と鳴くからヒヨドリっていう名前が付いたそうです。メジロは、ビジュアルからの命名だけど、ヒヨドリは鳴き声からの命名ですね。
でも、この子の鳴き声「ヒヨ〜、ヒヨ〜」には聞こえなかったけどな〜。先日のうぐいすの所でも書きましたが、鳥にも個性がありますね。
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-18 00:32 | 中崎町 | Comments(0)

ありがとうが、廻ってる〜

 昨日ご紹介したシンガーソングライター美咲ちゃんの曲の中に「ありがとう」という曲があって、ここ2,3日その歌のサビの部分が頭の中をぐるぐるヘビーローテーションで廻っています。ふとした瞬間に気づくと「ありがと〜、ありがと〜」と口ずさんでいたりして、自分でもはっとして、周囲を確認したりして・・・なかなかにあなどれない印象深い節回しです。



 こんな風に、歌の一部分が頭から離れないっていう経験はたまにあるけれど(ちなみに最近までの「頭ぐるぐる歌」は「アイスクリームの歌」でした。理由は不明ですが・・)、この歌をヘビーローテーションで歌ってたら、もしかして「ありがとう」百万回って気づかないうちに案外楽々達成できちゃうかも!?なんて思ってしまいました。鼻歌気分で歌を歌ってる時って、そのフレーズの意味を深く考えることなしに口ずさんでいるだけだけど、言葉の力そのものは、確実に本人、そして周囲の人に作用しているような、そんな気がします。時には恨み、つらみを歌に乗せてストレス発散するのもいいかもしれませんが、頭をぐるぐるかけ廻らせる鼻歌のお供には、ポジティヴなフレーズの歌の方が知らないうちにハッピーさをもたらしてくれそうですよね。
 そういえば、以前記事にした「ホ・オポノポノ」の歌っていうのもあるみたいですよ。感情をこめて、思いをこめて、4つの呪文(ごめんなさい、許してください、ありがとう、愛しています)を唱えることに困難さを覚えたら、歌で歌ってみるのもいいかもですね。人によるとは思いますが歌を歌うんだ!と思うと、唱えやすいっていう場合もあるかも・・!?


              (映像がとっても綺麗です、見てみてくださいね♪)
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-16 16:44 | お知らせ | Comments(0)

美咲ちゃん 来阪!!


 
 私がサウンドレゾナンスin長野でお世話になったシンガーソングライターの美咲ちゃんが初詣ライブツアーで大阪にやってきます。彼女は、1万年以上戦争がなかった縄文時代の叡智を黒曜石からのメッセージとともに送る「縄文の女神ライブ」を満月の夜に行ったり、太陽光で自家発電した電力を使った新しいライブスタイル「光合成ライブ」を展開したり、ととってもユニークな活動をしている人。彼女の高性能のアンテナでキャッチした自然からのメッセージを、美しいクリスタルボイスに乗せて届けてくれますよ。
1月23日(日)19:30 開始です(美咲ちゃんの出番はもうちょっと後みたいですが・・)
詳しくは、彼女のブログ美咲ー創世記ーよりどうぞ♪
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-15 21:06 | お知らせ | Comments(0)

鳥の来るカフェ

a0155838_011044.jpg 
a0155838_0114046.jpg
 
















 







 アトリエ透音のある中崎町の10_2(東風ビル)の前には大きな木があって、そこに鳥がやってきます。写真はメジロ。目の周りが白いから、目白。そのまんまですね。
 メジロは繁殖期にはつがいで行動するようなので、一緒に来ている2匹はカップルでしょうね。なんだか仲むつまじくほほえましい風景です。

 さて、みなさんは、「鶯色」というとどんな色を想像しますか?本当のうぐいすの体色は灰色がかった緑褐色の色なのだそうで、「鶯色」というと、本来的には、そちらの色を差すのでしょうが、私は、どちらかというと、抹茶色のようなメジロの体色に近い色を想像してしまいます。でも、それって、本当は「メジロ色」なんですね〜。
 メジロは、比較的人にも慣れてお目にかかりやすい鳥ですが、うぐいすは、人前にはめったに出てこない鳥なのだそうです。同じ春先を象徴する鳥なので、鶯の「ほ〜ほけきょ」という鳴き声と、よく目にするメジロのビジュアル(体色)が混同されて、鶯色、というと、メジロ色を思い浮かべる人が多いのだとか。

 そういえば、私の実家付近にも鶯が住んでいて、春になると、頻繁にさえずりを聞くことができます。でも、鳴き方がちょっと独特で、

「ほ〜」(私:ああ、鶯が鳴いてる、春だなあ・・・)
「ほけっ」(!!)

 何回聞いても「ほ〜ほけっ」でおしまい。「きょ、は?????」と思わずつっこみたくなります。姿は見たことがないし、同じ個体かどうかも確認はできないのですが、何年も同じ鳴き方なので、どうやら、親子代々あるいは、地域代々「ほ〜ほけっ」が伝承されている模様。でも、すごく愛着がわきますよ。なんか、好きです。
 自信満々に「ほ〜ほけっ!」とさえずる彼(等)が「巷では、どうも『ほ〜ほけきょ』と鳴くのが一般的らしい」と知る驚愕の瞬間がいつかやってくるんでしょうか???
 姿なき「ほ〜ほけっ」と鳴く鶯に、「きょ、は〜??」とつっこんで、人知れず鳥とのコミュニケーションを楽しむのが、私の春の風物詩です(笑)

 それはさておき。
 運が良ければ、2Fカフェスペースから、ガラス越しに間近で鳥さんを見ることができますよ。遊びに来てくださいね。
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-15 00:16 | 中崎町 | Comments(0)

1月最初の寅の日

 お友達の岩塩おかあさんの新年会に伺ってきました。世界各地の様々な楽器を使ったコンサート&身体に優しい美味しいごはんをいただける集い。“音の旅人”あぱっちさんは、楽器を集めるだけではなくて、手作りで楽器を作っちゃうそうで、片面が三線で、片面が二胡っていう楽器にびっくり。合理的ですよね〜。その場、集まった人の雰囲気、そして演奏する人が共鳴しあった、その都度その都度が一度きりのライブ演奏、素敵でした〜。目をつぶって聞いていると、森の中を抜ける風を感じるようでした。野外で聞いても気持ちいいだろうなあ。
 おかあさん家のネコちゃんは、とても面白くて、私が見る限りコンサートの度に一番いい位置にどんと陣取って気持ち良さそ〜に目を細めて人間達と一緒に音楽を聞いています。人間といるのが好き、というか、自分のことを人間そのものだと思ってるそうです(なので、あんまりべたべたさわりに行くとしかられます)。演奏の最後にみゃあ、と一声。絶妙のタイミングで音楽に参加しておりました。さすが。

 さてさて。今日は、今年初めての「寅の日」です。年末にも書きましたが、寅の日は金運と密接な関連があって、お財布を買ったり、おろしたりするのに最適の日なんですって。2011年1月11日。1がたくさん並ぶなんとなく縁起のよさそうな日でもあります。お財布の買い換えを考えている方はぜひ、この日に新しくしてみてくださいね。そういえば、今日はえべっさんの残り福の日でもあります。金運がアップするかも!?
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-11 01:11 | 音・色あれこれ | Comments(0)

ことばはこの世で一番短い音楽!?

 「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」という本を読みました。言葉の持つ「意味」以外の発声される時生じる「音」が与える万人共通の「意識・印象の質(クオリア)」があるのではないか?ということを研究した本です。ことばを発する時には、口の中で起こる空気の流れ、舌の動きといったような物理的な現象があって、それは、その「音」を発する時に誰しもが「体感するもの」です。そして、それがクオリアに影響を与えているのでは?と著者は言っています。ことばの音から潜在脳(右脳)に浮かぶイメージを分析、数値化して表現し、それを例えばマーケティングに応用していける可能性についても述べられています。

 例えば具体的に本の中に出てくる例をあげてみると、世界的ブランド「シャネル」は、光のシャワーを浴びたような気持ちになる音、光拡散効果のShaで始まり、なめらかな肌の音Neをつなげ、一流ホテルの間接照明のような、やわらかで華やかな光拡散効果に仕上げ、最後のL音は透明感を表し「華やかな女でいて、清純さを忘れない」シャネルが理想とする女性像が見えてくるのだそう。また、エスプリの効いたキュートないたずらっぽさも見え隠れしている、のだそうです。シャネルというのは、ココ・シャネルさんの名前で、マーケティングを意識してつけられた企業名ではないと思うのですが、彼女の成功もこの名前だったからこそ?なんて大胆予想もされてたりなんかします。

 各「音」の印象について、あるいは商品名、人名など、モノの名前(ネーミング)について「音のクオリアからみるとこんなイメージ、そうでしょ?」ということが書かれてあって、「むむ?そうかな〜??」とちょっと賛同できかねる部分もあったのですが(笑ーそこが、数値化できる!とはいえ、イメージの個人差、あいまいさなのでしょうね)なかなか面白く読めました。著者の黒川伊保子さんは、物理学出身の方のようですが、発声という自らの体験した体感覚を元にそれを数値化するという試みが、同性としても興味深くて、時折彼女のエスプリの効いた言い回しに「あはは」と吹き出しながら読める本でございました。

 ちなみに「透音」の音、「とおん」をこの本の理論に乗っ取って私なりに分析してみると・・・

 「とおん Tone」
    (厳密にいうとTo-o-nですが、英語表記はToneにしているので、これで分析しますね)

   湿り気があり、照りを感じさせる“T”に固さ・強さのクオリアを強調させる“O”
   が結びついた「と(お)」の音は、確かさや、充実感を感じさせる。そして、
  “N”は癒しやナイーブさを与え、最後の“e”が奥ゆかしさを添えている。

 総じていうと、「透音(とおん)」の音の印象って「力強さや確かさ、満ち足りた感じを最初に感じさせるけど、実はナイーブな面や奥ゆかしさも持った癒しの存在」ってことになるでしょうか???むむ、そうありたし。というのか、私の「力強さ」だけを強調する男性のみなさん、隠し持ったナイーブさや、奥ゆかしさも見て〜!!(って誰に訴えてるんだろ・・・)
 ま、それはさておき(笑)、みなさんに確かな手応えを持って帰ってもらいつつ、ほわわんとした癒しの要素も兼ね備えたセッションを提供させていただきたいと思ってます。これからも「透音」をよろしくお願いいたします♪
 
     「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」黒川伊保子 新調新書(2004)
 
[PR]

by sound-resonance | 2011-01-07 18:34 | 観る・読む・聴く | Comments(0)