<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

曽根崎心中の色

 私が初めて文楽を見たのは、高校2年生の時。演目は「世話物」の代表「曽根崎心中」。公立高校の芸術鑑賞で見に行きました。もう、随分と前のことなので(あえて、何年前とは書きませんが、相当前ですね・・・(笑))その時のあらかたのことは忘れてしまったけれど、ラストシーンの衝撃だけは今でもはっきりと覚えています。

お初と徳兵衛が、心中するシーン。

 道行きのお初がはおる黒い着物の下には、真っ白な死に装束。お互いの身体を真っ赤なひもで結んで、徳兵衛がお初を刺す。苦しさに震え、のけぞるお初の白い顔、そして白い胸元。結い上げたお初の髪が乱れて、豊かな黒髪がはらりと落ちる・・・。

う、美しすぎる・・・

白と黒。
聖と俗。
聖(=生=性=白)と俗(黒)が交差し、転換する。
赤は、あの世でのご縁を願う赤い糸。それが散りゆく命、エロス(生)がタナトス(死)に変わる一瞬の閃光(性)にも見えて、白と黒と赤の織りなす美の世界に、完全に打ちのめされてしまったのでした。

 高校生当時には、自分が何に衝撃を受けたのかをこんな風に文章化できなくて、でも、なんだか、見てはいけないものを見てしまったような、でも、そこに完全に魅せられている自分をもてあますような、そんな感じもあったのでした。
禁断のエロス(笑)の世界ですね。
大人になってから、何度となく文楽に通ったのは、そんな落ち着かない感じを落とし込むため、だったのかもしれません。

 生と死、聖と俗、対極にあるようにみえていたものが、渾然一体となって、ひとつになるその瞬間、まさに幕引きの瞬間にカタルシスが起きるのでしょうね。
 私は心中を決してオススメしません。でも、「曽根崎心中」が大当たりした後、心中が流行っちゃったのも、ちょっとわかる気がします。
 だって、綺麗だもんね。

 当時、「こんなん、高校生に見せていいのかよ!?」と思っていた私ですが、主人公の徳兵衛とお初はそれぞれ、25歳と19歳の厄年。これって「数え年」だとしたら、下手すると満23歳と、17歳!?

17歳=高校2年。

同い年だったのかよ・・・・。お初、色っぽすぎるんですけど・・・。いろんな意味で、ショック・・・(笑)

 文楽には、最初は「世話物」というジャンルはなかったそうです。財政難に陥った竹本座が歌舞伎にヒントを得て、当時の実世界に起こった事件を元にした脚本を近松門左衛門に依頼して、出来上がったのが「曽根崎心中」、これが大ヒットして、竹本座は、背負っていた莫大な借金を返済することができたのだとか。現代の文楽もピンチを迎えていますが・・・。「世話物」さえ「歴史物」に限りなく近くなってしまった今、現代の「世話物」作ってみてもいい時期なのかもしれませんね。
 
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-31 22:56 | 観る・読む・聴く | Comments(0)

満月瞑想会はお休みです

 もう8月も終わりだというのに、暑いですね~、衰えるどころか、ますます余計に暑くなっているようなそんな気もする今日この頃です。それなのに、「夏休み」は終わりって、子ども達もちょっと気の毒ですね。

 さて、8月は、2回満月のある珍しい月、明日31日が2回目の満月です。2回とも、瞑想会をやろうかな、とも思いましたが、今回の満月瞑想会はお休みにしますね。
 そして、9月、30日が満月ですが、この日も瞑想会はお休みです。久しぶりに遠出をしてきます。旅先からも、ブログをアップできないか、とあれこれ画策中。お楽しみに♪
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-30 19:37 | お知らせ | Comments(0)

ミント・ミント・ミント!!

 8月もあと1週。こども達にとっては、おなごり惜しい夏休み、追い込みで宿題と格闘している子もいるかもしれませんね。

 でも、秋はもうすぐそこ、という訳にはいかないようで・・・引き続き暑いですよね〜。そんな暑い時期には、ミントが強い味方になってくれますよ。

 夏は普段使っているシャンプー+ミントシャンプーを使っています。私の使っているのは、「スーパークール」だけど、相当ひや〜っとします。その上の「ウルトラクール」だったら、痛いくらい冷やっこいかもしれません(笑)そのあたりはお好みでそうぞ♪
a0155838_1291727.jpg


 後オススメなのが、お風呂にミントのアロマオイルを入れること。1〜2滴であら不思議、お風呂あがりに身体全身がひや〜っとしてとっても気持ちいいですよ♪
a0155838_12114628.jpg

北海道名産のハッカ油。透音パパは、筋肉痛の時にシップ代わりにスプレーするそうです。贅沢〜。皮膚が弱くて、シップはかぶれちゃう、という方は、是非試してみてくださいね。
北海道お土産でもらったはいいけど、使い道ないねん、という方は、この暑い夏、ぜひともお風呂にたらしてみてくださいね。クールな夏を体感、間違いなし、ですよ!?
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-25 12:16 | 音・色あれこれ | Comments(0)

交換ごっこ、しませんか??

 1個の赤いゼムクリップを物々交換して、家をゲット!?
にわかには信じがたいこの話、ホントに実現しちゃった人がいるらしいです。

 1年ほどかけて、14回の物々交換で、赤いクリップが、家に変身!面白そう、私もやってみたい!と思ったはいいものの、じゃあ、何を最終目標にすればいいのか、いまいちピンと来なかった私。
家、欲しい、思い切り音を出しても大丈夫な防音ばっちりのセッションルーム、欲しいのは欲しいんですが、このわらしべゲームで、交換するのは、ちょっと違うなあ、などと思い、しばらく何も思いつかなかったんですが、やっと、トライしてみたい最終目標が見つかりました。

先日ブログで取り上げたラムサの「ホワイトブック」、内容がとってもよかったので、手元に置きたいな、と思って買おうとしたのですが、すでに絶版になっているようですね。
そこで、私、「ホワイトブック」へのわらしべ長者旅、始めたいと思います!!

私のスタートは、このハートのピン!ハートが3つついたこのピンを何かと換えてくださる方、大募集です!!
a0155838_857272.jpg

インカローズのハートが3つ。女子力アップ間違いなしですよ!?
もちろん「ホワイトブック」はあくまで私の最終目標なので、何にでも交換OKです。交換の課程も含めて、楽しんじゃおうという企画です。
最低限のルールとしては、とりあえず、「物」にしておきますね、「まごころ」とか「スマイル」は、今回は、なし、ということで・・・(笑)あと、賞味期限のあるものもやめておきましょうか・・・(笑)でも、直接的には「物」ではなくても、何かと交換できそうなものであれば、応相談でいきたいと思います。
よっしゃ、これと換えちゃル!という方、atelier.tone☆gmail.comまで是非ご連絡くださいね!
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-17 08:58 | わらしべプロジェクト | Comments(0)

ガリガリ君!

 いやあ、暑いですね〜。
 世間はお盆、街中はとっても静かです。帰省されている方も多いかもしれませんね。
 透音は、帰省の時期をずらして、静かな都会を満喫中!?です(笑)

 身体を冷やすと、確実に夏ばて度がアップするので、なるべく冷たいものは摂らないようにしているのですが、どうにもこうにも我慢できず・・・食べちゃいました、「ガリガリ君」ソーダ味!
a0155838_21483386.jpg

 初めて食べたけど、けっこう、美味しい・・・中のかき氷の粒具合が絶妙〜!かき氷をコーティングして、アイスキャンディーにしちゃったところが、Pretty Good!!これが、62円(コンビニ価格)で買えちゃうなんて、驚異のコストパフォーマンス!すごいぞ、赤城乳業!!ビバ、埼玉!!!

 水色の食べものって、食欲をそそらないので、ほとんど存在しませんが、この水色は食べものとして大成功ですね〜。ソーダ水ってホントは、透明だから水色をつける必要はないんだけど、でも、ここは、ぜひとも水色であってほしい、そんな感じです。

 唯一の難点は、ガリガリ君が可愛くないことでしょうか・・・(笑)小学生男子には、受けるキャラクターなのかなあ・・・。いい年した大人の女が買うには、相当の勇気がいる代物です・・(笑)

 コンビニで、出さなくてもいい勇気まで出してもなぜガリガリ君が食べたかったかというと、「荒川アンダーブリッジ」を読んだから。以前このブログでも取り上げたことがある「聖☆おにいさん」と同じ中村光さんの作品です。
 ギャグマンガなんだけど、主人公のリクとニノの恋愛っぷりが、とっても可愛いですね。そうそう、恋愛ってつくづく、異文化交流だよな〜なんて・・・(おっと、遠い目をしてしまった・・(笑))

 「色」ということでいうと、P子が村長(カッパ)に恋していることを知ったリクとP子の

「あいつ緑色だけど光合成はできないんだよ・・・?」
「葉緑体的な色に惹かれた訳じゃないわ!!」

という会話が妙にツボでした。ふふふ。

テレビ化されたり、映画化されたり、今読むのは若干ミーハーかな、と思いつつ、やっぱり原作!っていう人が多いみたいですよ!?興味を持たれた方、読んでみてくださいね。
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-14 22:18 | 音・色あれこれ | Comments(0)

マゼンタ色のプレゼント

 詩人、吉野弘さんの詩。

『奈々子に
 お父さんが おまえにあげたものは
 健康と自分を愛する心だ
 ひとがひとでなくなるのは
 自分を愛することをやめるときだ
 自分を愛するのをやめるとき
 人は他人を愛することをやめ
 世界を見失ってしまう』

 自分を愛する=他人を愛する。
 マゼンタ色のプレゼント。
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-10 19:28 | 観る・読む・聴く | Comments(0)

犬鳴山

ふと思い立って「犬鳴山」に行ってきました。
地元の方にとっては、川遊びやバーベキュー?でおなじみの場所みたいで、夏休みということもあって、大勢の子ども達が水遊びをしてましたよ。

犬鳴山、名前には由来があります。
「昔、猟師がシカを追っていたところ、連れていた犬が鳴いて猟の邪魔をするので、怒った猟師は、犬の首をはねた。すると、犬の首は、猟師を狙っていた大蛇の頭に飛んでいってそれに噛み付いた。そこで初めて愛犬が自分を助けようとしていたことに気づいた猟師は、剃髪し、坊主となって、愛犬を弔った。この話を聞いた時の天皇がいたく感動し、犬鳴山と呼ぶように命じた」
・・・
この話、散歩に来ていたわんこ達は知らないんだろうなあ・・・(笑)

a0155838_19141415.jpg

a0155838_19141220.jpg


瑞龍門をくぐって、しばらく行くと、犬のお墓がありましたが、恨みとか、執着とか、何もないみたいでしたのでご安心を(笑)

奧まで行くと、不動明王がご本尊の七宝龍寺があって、さらにいくと「行者の滝」があります。マイナスイオンばしばし、夏なのに、ひやっこーい。とっても気持ちの良い場所でした。
a0155838_1914419.jpg


ここも、修験道の場所で、どらと、カネ、そして、ホラ貝の音が聞こえてきましたよ。
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-05 19:19 | 音・色あれこれ | Comments(0)

夏はやっぱりタッチ♪

いやはや、暑いですね〜!
夏といえば、タッチ、夏はタッチの季節です(笑)

冬のあっためたクリスタルもいいですが、夏ひんやりとしたクリスタルが身体に触れるのは、心地いい〜!最近久しぶりに私もタッチオブサウンドを施術してもらいましたが、タッチのよさ、再確認しました。セッション中に自分の肌の温度にクリスタルがなじんでいくのもとっても気持ちがいいです。
音叉で周波数をクリスタルに伝えていくと、そこから、全身に周波数がじわーっと伝わっていきます。
施術が終わる頃には、全身が整う感じ。すっきりしますよ。
先日の満月のパワーをしっかり浴びてパワーチャージしたクリスタルに癒されに、ぜひ、お越しくださいね♪

私も、8月にもう一度友人とのタッチの交換会を予定しています。楽しみ、楽しみ・・・001.gif
[PR]

by sound-resonance | 2012-08-04 16:15 | タッチオブサウンド | Comments(0)