<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サクラ、咲く

しばらく、大阪を離れて、静養の時間を取らせていただいていました。
久しぶりに帰ってきたら、すっかり春めいて、桜の花も満開。明日は雨だというから、今日が一番の見頃だったのかもしれませんね。
家の中の観葉植物達も、枯れることなく、元気で、しかも新芽が出ていました。カーテンを閉め切っていても、植物たちはちゃんと春の気配を感じているんですね。
先日の春分から、そろそろ新しいスタートが形になって表面化している方も多いかと思います。

案ずるより産むが易し。

個人的には、これまでは、春って、出会いと別れの「別れ」についついフォーカスしてしまい、ナーバスになりがちだったんですが、一度結ばれたご縁は、顔をつきあわせていなくても、続いていくものなのでしょうね。気候に後押ししてもらって、眠っていたアイディアがどんどん芽吹きますように。

a0155838_1332616.jpg

a0155838_136163.jpg
a0155838_1343695.jpg

[PR]

by sound-resonance | 2015-03-31 20:20 | 音・色あれこれ | Comments(0)

新月と春分の日

昨日の雨から一転、今日は、晴れましたね。
昨日の雨で、古いパターンや思考なんかを洗い流しちゃいましたか?
空にお月様は見えませんが、今日は新月。18:36に新月タイムに入るようですよ。
そして、明日は春分の日です。本当の今年の始まりは、春分からという方もいらっしゃいますね。
すでに流れに乗っている人、ちょっとついてない人、いろいろだと思いますが、新規一転、いい風を捉えましょう。
明日の春分の日がみなさんにとって、新しいスタートの日でありますように。
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-20 18:06 | 音・色あれこれ | Comments(0)

浄化の雨

雨ですね、明日の新月、その次の日の春分の日直前のこの雨。
新しい年度を迎えるための浄化の雨なのかな。
いらなくなった古いパターンは、次の年には持ち越せないそうです。
雨と一緒に、自分にとって不必要なモノ、パターン、思考やなんかを洗い流してしまいましょう。
そして、素晴らしい新しい1年を迎えることができますように。
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-19 08:22 | 音・色あれこれ | Comments(0)

瓶づめオルゴ

レジンが半分余っていたので、まだまだやります、オルゴナイトづくり。
今回は、瓶につめてみました〜!

瓶に全部材料を詰めてから、レジンを投入していったのですが、なかなかレジンが浸透していかず、超スローモーな作業に・・・・調子にのって、瓶詰めたくさん作っちゃったけど、作業時間間に合うのか!?と焦りましたが、なんとか、作業可能時間の2時間以内には完了しましたよ。ほっ。

でも、レジン、材料、レジン、材料って、順番につめていく方が楽かもしれませんね。

出会う人達に差し上げております。(というのか、無理から押しつけてる??)

a0155838_858796.jpg


オルゴナイトづくり、けっこう楽しいです。
自分でも、玄関や、電子機器周辺に置いてみていて、効果を実感できるのはこれからですが、工夫しだいて、可愛いものができちゃうのが女子心をそそりますね(笑)まあ、そうやって、どんどん正道から外れていっちゃう危険もありますが・・・(笑)
材料が比較的簡単に手に入って、それなりのものは、最初から作れるので、スタートのハードルは低くて、でも、極めようと思うと、いくらでもバリエーションが拡がる・・・・流行るモノの鉄則ですな。
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-17 07:44 | オルゴナイト | Comments(0)

オルゴナイト第1弾完成!

さて、さて、ひっぱりまくっているオルゴナイトづくり、今日は、4回目です。
そういえば、レジンって今流行ってるみたいですね~。ニスを買いにABCクラフトに行ったら、でかでかとレジンコーナーができてました。レジンで固めるチャームとか、シリコンの型とか、その他もろもろ材料がいっぱい売ってました。2つの液を混合するのではなくて、最初から、1液のものをUVで固めるっていうのもあるみたいです。2液の混合は、割合を間違うと固まらないので、少量使用の場合は、そっちの方が便利かもしれないですね。そっか、オルゴナイトっていうより、レジンそのものが流行ってるんだ・・・・・それとも、レジンブームには、オルゴナイトブームが関係しているのか!??

よくわかりませんが。とにかく。

フロスト状だった、レジン表面にニスを塗りました~!今回、私は、水溶性のつやだしニスというのを使いました。ちなみに、天王寺のABCクラフトのレジンコーナーには置いてなくて、アートコーナーの方にあります。例えばペンダントトップとかだと、片面さえ透明であれば、十分なので、ニスを塗ってつやつやにするっていう発想はあんまりないのかも。はみ出した金属をサンドペーバーでこするっていうこともまれでしょうしね(笑)
ニスは、10分から、20分くらいで、乾きます。シリコンカップと接触していた部分にも、ニスを2度ほど重ね塗りして透明感を出し、とうとう、オルゴナイト第1弾完成!!

a0155838_15594683.jpg


ちなみに写真の左上のお花だけシリコンカップから出したまんまのフロスト状態です。これはこれで綺麗だな、と思って、1個だけニスを塗るのをやめました。
中に入れる金属、なんでもいいっていうことで、買ったり、作ったもののいまいち使わなかったアクセサリーなんかも、ぶっこんでしまいました(笑)なんだか、リサイクルできた感じで、いい気分。ちなみに、彼氏にもらったけど、別れちゃったし、封じ込めちゃう!みたいな色っぽいブツは、残念ながら、ありませぬ・・・でも、人様にプレゼントする予定なのに、こんなんでいいのか!?(笑)

ううむ、面白かった!しかし、手作り感満載だなあ(笑)まあ、製菓用のカップで作ったオルゴナイトなのでね、初めてとしては、こんなもんかしらね。

レジンは、風景模型で「水」を表現する時に使ったりもするそうです。「空気」中でモノを見てるのと「水中」でモノを見るのとで、そのモノの印象が違うように、レジン越しに見るモノも、レジンを投入する前の印象と、随分変化しますね。クリアな水晶は、レジンと同化しちゃうので、ほとんど見えなくなっちゃいます。アクアマリンとか、ローズクォーツとか優しい色合いの石も、隠れ気味の印象に。メリハリのきいた色合いの石を入れる方が、華やかな感じになるかもしれませんね。

今回は、レジンに着色をしなかったので、クリアな子ばっかりですが、着色するのも楽しそう。

ちなみに、縦横50ミリ程度、高さ24ミリ、容量24ml(ハート)を3個、26ml(お花)を3個を作るのに、レジンの主液を110グラム使いました。私の使ったレジンは、10:4で混ぜるものだったので、合計すると、154グラムですね。でも、だいぶ、こぼしちゃったので、もう少し少なくても大丈夫だったと思われます・・(笑)
レジンは、あと半分残っています。
さて、今度は、どんなのを作ろうかな・・・・・ オルゴナイト作り、もうしばらく続きそうです・・・・・
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-13 20:41 | オルゴナイト | Comments(0)

オルゴナイト製作中その2

さて、私にもどかしい思いをさせていたオルゴナイト達ですが、なるべく日当たりのよさそうな窓辺に放置して、結局丸2日で硬化しました!テーブルにしいてあったビニールシート(その実、ゴミ袋なんですけどね)からも無事はがせ、いざ、シリコンカップから、オルゴナイトを取り出します。シリコンカップは、やわらかいので、爪かなにかでちょっとすき間を作ってあげると、かんたんにめりめりっと、とりはずせます。

2日間がまんした、このめりめりっ、ああ、気持ちいい・・・・(笑)

a0155838_19121391.jpg


でも、シリコンカップから出した部分は、フロスト状になってて、透明な感じじゃありません。しかも、私が、固まる前にいじった時に液漏れしたせいで、元たわしの金属のもけもけがレジンからはみ出ちゃってます。これでは、にぎにぎできない・・・・・(泣)

a0155838_19123930.jpg


でも、大丈夫。はみ出しちゃったレジン&金属部分は、サンドペーパーでこすれば、なめらかになります。
ちょうど、耐水性のサンドペーパーがあったな、と思い出し、バケツに水を張って、水で、サンドペーパーを濡らしながら、磨いていきます。耐水性のサンドペーパーを使うと、破片が飛び散らないで、安全ですよ。
目の荒いものから、その番数の2倍程度の番数に段々と目の細かいもので、磨くとよいみたいですが、私は、家にあったありったけのサンドペーパー、100番→150番→400番→600番→1000番→1500番の順に磨いていきました。でも、そこまで、細かくしなくても、多分つるつるになると思いますよ。
余談ですが、なんで、女子の家にこんなにサンドペーパーがあったかというと、昔、出雲に行った時に、「出雲の青石」の原石を戴いて、突如磨きたい欲求にかられ、手磨きで、石を磨いたことがあるからです。フリーシェイプをそのまま磨くだけなので、綺麗に整った形には、ならないし、途中で割れちゃったりもしましたが、けっこう楽しかったです。石磨き、いつのまにか、無心と化し、瞑想になります・・・・・・(笑)

まあ、それはさておき、無事つるつるにはなりましたが、せっかく透明だった部分までフロスト状になっちゃいました。これはこれで趣があるといえばそうだけど、透明の部分とフロストの部分が混ざってしまって、なんとなーく、かっこ悪い・・・・・

でも、大丈夫!!(またかよ)そういう時は、つや出しニスをぬれば、透明感が戻る、らしい。でも、さすがにニスは家にない・・・・・買いに行かなくちゃ。なんだかんだいって、けっこうひっぱりますな、オルゴナイト。ということで、つづく。
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-12 19:17 | オルゴナイト | Comments(0)

3月11日

今日は、3月11日、東日本大震災より4年が経ちました。

「必要以上に所有したがるのは、恐れからだ」と言っている人がいました。
すべての人が、恐れを抱くことなく、今、必要なものだけを獲得し、分け合い、心地よく暮らせますように。
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-11 19:35 | その他 | Comments(0)

オルゴナイト製作中!

「オルゴナイト」を作成中です。
昨日、材料をシリコンカップの中に入れて、レジンを投入するところまでやったので、後は、固まるのを待つしかないんですが、この待つ作業って、なんともいえず、もどかしい感じですね。1時間ごと、2時間ごとに、確認に行っちゃったりなんかして。カップからあふれ出しちゃったレジンが気になっちゃって、後で、はがせるのか、気になって仕方がなくて、ついついカップを素手でさわって、ビニールからはがそうとしたら、まだ固まっていないレジンが、うにょーっとカップからあふれだして、さらに悲惨なことになっちゃったり・・・・手も、瞬間接着剤が手についちゃった時並の大変なことに・・・・なんだか、かさぶたが気になって、ついついはがしたら、どばっと血が出ちゃった子どもみたいな気分です・・・・(笑)ホントは、手袋も必要でしょうね・・・(泣)

さらに、レジンの硬化時間には、気温が関係するらしく、完全に固まるのに、24時間っていうのは、気温が25℃の時、らしい。作成当時は、気温10℃前後。しかも、次の日の予報は雪。
雪・・・(絶句)大阪ではめったに降らない雪が、なんでまた、こんな時に・・・・・!!

と、なんだか、絶望的な気分になっていた私ですが(おおげさ)、次の日、起きてみたら快晴で、雪は、全然降りませんでした。ほっ。
それでも、気温は、昨日と同じ10℃くらいしかないので、丸々1日たった今でも、まだ、完全には固まっていません。しょうこりもなく、あふれちゃったレジンでくっついちゃったシリコンカップをビニールからはがそうとして、レジン液はあふれてはこなかったものの、シリコンカップの形が変形してしまい、いびつなハートに・・・・あわてて、元の形に戻しましたが、大丈夫かしら・・・・・完全に固まったら、シリコンはビニールからは、外せるはずなので、ここは我慢、我慢。

雪は降らなかったけど、冬場は、完全硬化に3日ほどかかる場合もあるそうです。
うう、早く、取り出したい・・・・・しばらく、もどかしい、時間が続きそうです・・・・・つづく。

a0155838_19103075.jpg


そうそう、表面に浮いてるきらきらは、ラメパウダーです。パステル描く時にいいかな、と思って、クラフト屋さんで買ってあったもの。最後に入れて、ちょっとかきまぜてみましたが、あんまり沈んでいきませんでした。シリコンカップに最初にレジンをちょっとだけ入れた時に、パウダーもふると、表面がラメラメになって、綺麗かも。マネキュアとかも使えそうですよ。
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-10 20:08 | オルゴナイト | Comments(0)

オルゴナイト

「水を分けなさい」という啓示を受けたのは、オーラソーマの創設者、ヴィッキーウォールさんですが、私も、「石を固めなさい」という啓示を受けました・・・・・

というのは、冗談ですが(笑)

先日、オーラソーマを習った先生のところに、久しぶりに伺い、レイキ4を受けてきました。突然のキャンセルが出て、なんとマンツーマンの伝授。私、レイキマスターになりました〜!アチューメントを伝授することができるようになりました!といっても、まだまだ卵、修行が必要でございます。これから、私に出会う人は、「アチューメントさせて〜!」と迫られることかと思いますが、その節は、いやがらずに、よろしくお願いいたします(笑)

それはさておき。

レイキを受けに行った時、サロンでいただいたチラシに、なんだか気になるものが・・・
「オルゴナイト」・・何、それ??????
ぱっと見は、針金とかチャームとか、いろんなものの入った、かわいらしい樹脂の置物のように見えて、何に使うものなのか、さっぱりわかんないんですが、どうも、ネガティブなオルゴンエネルギーをポジティブなオルゴンエネルギーに変換する装置で、部屋に置いておいたり、携帯するだけで、リラックス効果など、様々な効果があるものらしい。

オルゴンエネルギー??
???

なんだか、よくわかんないんですが、どうも気になって、家に帰ってネットで「オルゴナイト」を検索してみました。
詳しくは、各サイトを参照いただければ、と思うのですが(手抜きですまん)、オルゴンエネルギーっていうのは、ウィルヘルム・ライヒさんというオーストラリア出身の科学者が発見したエネルギーで、彼は、そのエネルギーを使って、治療などを行っていたようです。私がサロンで見た「オルゴナイト」は、一定の割合で、金属、クリスタル(水晶を含む天然石)を樹脂で固めたもので、彼の死後、アメリカのクラウト夫妻(夫が発明家、妻がサイキックなのだそう)が、ライヒ博士の意志を引き継ぎ、今の形のオルゴナイトが出来上がったのだそう。

ネットで調べてみると、実に様々な「オルゴナイト」があります。「エネルギー変換装置だ!」みたいな無骨なものから、なんだかものすごく装飾的というのか、もはや芸術の領域、みたいなものまで、いろいろ。実はけっこう、ここ数年流行っているもののよう。お好みのものを探して、購入可能ですが、要は、樹脂と、クリスタルと、金属さえあれば、誰でも作れるので、手作りしている人も、けっこういるみたいです。

実のところ、「石を固めなさい」との啓示っていうのはあながち嘘でもなくて、このところ、さざれ石を樹脂で固めたら、可愛いブローチとかペンダントとかできるんじゃないの?みたいなことを考えていた私。それが、「エネルギー変換」っていう「機能」を持っていたら、なお、よしじゃないか!!なんだかわかんないけど!!ということで、アクセサリーづくりは、後回しにして、ひとまず、オーソドックスなオルゴナイトを作ってみることにしました。

a0155838_18375020.jpg


用意したのは、以下の材料。
まず、レジン(樹脂)。手芸屋さんやなんかで売ってます。私は、東急ハンズで購入。
さざれ石。写真に写ってるのは、水晶、ローズクォーツ、アクアマリン、シトリン。ローズクォーツと、シトリンは、色付クォーツなので、透明の水晶と同じ扱いをできそうです。いわゆるパワーストーン屋さんで、購入。
銅線。水晶にコイル巻したり、うずまきを作って、入れるようです。金属は、なんでもいいみたいですが、銅が一番電導率が高いということで、とりあえず、渦卷を作るのは銅を使うことにしました。ホームセンターで購入。
シリコンカップ。シリコンの型にレジン(樹脂)を流し込むと、後で、固まった時に取り出しやすいそうです。お菓子を作る時に使うシリコンカップをひとまず、東急ハンズで購入。
そうそう、後、レジンの上の金色のもけもけは、100均で買った金属たわしです。金属は、本当は、レジンと1:1くらい入れた方がいいみたいで、銅線以外にもたくさん必要。金属だったら、なんでもいいみたいですが、一番お手軽ということで、私も、たわしを使うことに。細かく切って、使います。

a0155838_18391378.jpg


まず、銅線で、コイルを作ります。写真みたいな、コイル巻きするのに理想的なポイント水晶があれば、一番いいと思いますが、ない時は、水晶はさざれを使って、銅線の渦卷を入れてもいいみたいです。

後は、テーブルにビニールシートを敷いて、マスクをして、換気扇をまわして、レジンを作ります。2つの液体を混合するのですが、ちゃんと割合が合ってないと固まらないということなので、キッチン計りを使って、きっちり分量を量って混ぜ混ぜします。レジンは、化学物質なので、くれぐれも、換気には、気をつけてくださいね。

できあがったレジンをシリコンカップに最初ちょっとだけ入れて、次に、さざれ石、コイル巻した水晶、金属たわし(を細かく切ったもの)を投入。順番とかもしかするとあるのかもしれませんが、その辺は気にせず、適当に投入。でも、表面に石がきた方が綺麗かな、と思って、今回は、さざれ石を最初に投入しました。

そして、再びレジンを投入。収縮率の極めて少ないレジンとのことでしたが、固まる時に多少縮むみたいなので、多めに・・・・と思ったら、気づいたら、シリコンカップからレジン、あふれちゃってました・・・・ひい、後で、取れるのか、シリコンカップ!?なんにせよ、テーブルにビニールしいておいて、ホントによかった・・・・

これで、本日の作業は終了。レジンが固まるのに、最低24時間かかるので、後は、固まるまで、ひたすら待ちます。

というわけで、つづく。
[PR]

by sound-resonance | 2015-03-09 20:00 | オルゴナイト | Comments(0)