<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ハロウィンとかぼちゃのオレンジ

明日は、ハロウィンの日ですね。ハロウィンって、何月何日って決まっているものではなくて、10月の最終週の木曜日だと記憶していたんですが、そうでもないみたいで、10月31日をハロウィンの日とするようです。日本では、ここ数年すっかり「ちょっとおどろおどろしい仮装の日」として定着した感のあるハロウィンですが、元々は、ケルト地方の収穫祭が起源。秋の実りを収穫した後は、冬の始まり。太陽の恵みを存分に受け取った後の太陽の光にかげりが見え始める季節、その季節の変わり目に、現実界(人間界)と霊界の境界線があいまいになって、幽霊達が人間界に出てきてしまう、幽霊達に悪さをされないように、自分たちも幽霊のふりをしちゃいましょ、っていうのが、仮装の始まりなんですね。収穫された作物の象徴である「かぼちゃ」が、ジャックオランタンに「化ける」のも、悪霊を追い払うというよりも、「美味しくないよ、仲間(霊)だよ」っていうパフォーマンスなのかも。昔は、ハロウィンが終了すると、パンプキンパイにして食べていたんだそうですが、今はジャックオランタンに使用するかぼちゃは品種改良されたもので、実際の食用にはあまり向かないのだとか・・・・・なんだかちょっと残念な感じもしますよね。
ハロウィンのテーマカラーは、黒とオレンジ。収穫(オレンジ)の後の冬(黒)、それは太陽の死を意味するものかもしれません。だとしたら、オレンジは、太陽そのものの色とも言えるのかもしれませんね。
太陽の光を浴びた太陽そのものの恵みの作物、それをみんなで分け合う、そういう共存のイメージもわいてきます。食べる喜び、みたいなイメージも。
仮装に凝るのもいいですが、収穫祭の意味合いも思い出して、オレンジ色の食べ物を、楽しみながら食べてみるのもいいかもしれません。秋の恵が美味しい季節でもあるけれど、夏の疲れがお腹に来る季節でもあったりするこの時期、太陽の光をゆっくりしっかりお腹の中に取り込んで、リラックスした喜びあふれる一日を送れると素敵ですね♪

そういえば、今日電車の中で忍者に会いました。最初、顔全体を覆うマスクを見てぎょっとして、そんなに寒いか!?と思ったんですが、それがサテンのぺらぺらの生地で、防寒対策とはとても思えずさらに????な感じだったんですが、徐々に視線を下にずらしていくと、刀を差していて、ようやく、あ、忍者だとわかりました。何歳くらいかな、7歳前後の黒い忍者、連れはピンクのリボンをつけた女子高生。うーむ、シュールな組み合わせ・・・・(笑)忍者&女子高生、どこに行くんだろ、あれもハロウィンの仮装だったのかな・・・・・

a0155838_20323892.jpg

[PR]

by sound-resonance | 2015-10-30 20:30 | 音・色あれこれ | Comments(0)

リフォームしてみた

昨日の満月は雨で残念でしたね。13夜があまりにも綺麗だったので、満月には我が家の石達にも月光浴してもらおうかな、と思っていたんですが、出せずじまいでした。おまけに雨が降ることを天気予報で確認していなかったものだから、ドラッグストアで、傘を買うはめに・・・・しかし、税込みで100円で傘って買えちゃうんだ・・・・ありがたいような、空恐ろしいような、複雑な気分になりました・・・・

ま、それはさておき。
訳ありB級品として買ったかご製のバック。中のファスナーの問題だけで、外見は全く問題なし、だったはずなのに、持ち手を止めてあるハトメが次々に取れていき、持ち手がべろんべろんに。
そのまま捨ててしまうのは、惜しい・・・・というわけで、レジンで、ボタンを作って、リフォームしてみました。

最初は、こんな感じで、銀のハトメで持ち手を留めてありましたが、ハトメがランダムにとれてしまい、なくなっちゃったので、裏面にハトメを固めました。

a0155838_19191252.jpg


で、表面はこんな感じに。ターコイズのボタンをつけてみました。

a0155838_19195263.jpg


実は、真ん中にも、ベロ?がついていましたが、ここも金具が取れちゃったので(もう、ばりばりのB級品ですな、安かったから、仕方ないけど・・・・(笑))ベロは取ってしまい、レジンワークで金具を隠してみました。

a0155838_1921943.jpg

a0155838_19213321.jpg


うむ、なかなかに可愛くなったのでは、なかろうか・・自画自賛(笑)
しかし、夏は過ぎ去り、季節は、すでに秋・・・・・・このカバンが活躍するのは、来年の夏になりそうです・・・・・(泣)
[PR]

by sound-resonance | 2015-10-28 23:50 | オルゴナイト | Comments(0)

牡牛座の満月

今日も、お月様が綺麗ですね〜、急に寒くなったので、空気が冴え渡り、青白いとても綺麗なお月様が夜空に輝いています。

さてさて、明日は、満月。21時5分に牡牛座の位置で満月を迎えます。
牡牛座の牡牛って、ゼウスが、エウロペと密会する際に、牛に変身した姿なのかと思っていたら、逆に、愛人(イオ)の方が、牛に変身した姿とも言われているみたいですね。支配性が金星だし、女性宮でもあるので、愛人変身説の方がしっくりくるのかも。
生まれたての赤ん坊(お羊座)が、自分の身体を意識し始めるような時期の牡牛座。五感、所有、身体感覚、みたいなキーワードがあると思います。
ちょうど、食欲の秋、でもあるし、牡牛座が満足するような、美味しい旬のものを食べるのもラッキーにつながるかも。ただし、それは、奇をてらったようなグルメではなくて、普段から食べているようなものをちょっと丁寧に味わってみるようなそんな感じがいいような気がします。
忙しい毎日で忘れがちな、普段の生活の中に潜む心地よさ、満ち足りた感じを、再発見するような、そんな一日になるかもしれませんよ。
[PR]

by sound-resonance | 2015-10-26 23:17 | 星読み | Comments(0)

十三夜

自宅へ帰宅途中、随分お月様が綺麗だな、って思っていたら、今日は、十三夜、みたいですね。
十三夜とは、十五夜の月の月に美しいとされている月なのだそうで、満月みたく真ん丸ではないものの、青白い月がこうこうと、夜の闇を照らしていて、なかなかに神秘的な感じです。
全然別のものを買いに外に出たのに、ついつい月見団子など買ってしまいました。十五夜の時も食べたのに・・・・・・何かにつけて、甘いものを食べたがる、一応女子心も忘れない、ということで・・・・(笑)

今日のお月様は、牡羊座の月。生まれたての赤ちゃん、みたいな月ですね。でも、高尚な先生が見守ってくれているような感じの配置なので、思い切って、普段はわがままと思えるような、やりたいけど、やれなかったことをやってみると案外深い領域がかいま見れるかもしれません。

懐かしい子ども心に還れるような、十三夜でありますように。
[PR]

by sound-resonance | 2015-10-25 21:00 | 星読み | Comments(0)

ターコイズのボタン

 この夏に買った訳ありのかごバック。内ポケットのファスナーが壊れていて、閉まらないんだけど、後は、しっかりしています、と言われ、それくらいなら、問題ないな、と思って購入。しばらくは何の問題もなく、使用していたのですが、手提げのひもをかごに止めてあるはとめが、ひとつ、またひとつ、と取れていき、ひもがぶらんぶらんに。
 まあ、かごバックなんて、夏限定のアイテムだし、ワンシーズンでさよならしてもいいんだけど、かご部分は、綺麗なだけに、なんとなくこのまま捨ててしまうのも惜しい・・・

 ということで、この際、ちょっと遊んでみるか、ということで、はとめの代わりにボタンをつけてみることに。100均でくるみボタン用のパーツを買ってきて、ターコイズのさざれ石を入れて、レジンでボタンを製作中。でも、元々レジン用のパーツではないので、石を並べてそのままレジンを投入すると、液もれしちゃいます。穴の部分は、ボンドか何かであらかじめふさいでおいた方がいいかも。

a0155838_2346267.jpg


ボタンが完成したら、かばんに取り付けます。可愛く仕上がるといいな。

 
[PR]

by sound-resonance | 2015-10-23 23:47 | オルゴナイト | Comments(0)

色即是空 

何が出展か、その全貌を知らないまま、超絶に有名なワンフレーズのみを知っているということは、ままあることだったりしますが、私にとって「色即是空」というフレーズもかつて、その中のひとつでした。
「色即是空」・・世の中の一切の、現実にあるように見えているもの(色)、それはすべて「空」である、以上。・・・・え、え、え~っ!!そんな取りつく島もなさそうな、情け容赦ないフレーズは、私を言いようのない虚無感の中に陥れました。何をやっても無駄、一瞬色のある鮮やかな世界に出会えたと思っても、それは一瞬にして「空」になってしまう、そ、そうなのか!?いやいや、それでも、この美しい世界を見る努力をすることは、決して無駄ではないはず、なんて踏ん張ってはみるのですが、若かりし頃、ちょっと落ち込んだ時には、所詮この世は、空漠とした嘘モノなのよ、ラララ、みたいな気分に、よくなったものでした。
数年前、ちょっと思うところがあって(私の今住んでいる場所がお寺だらけ、ということもあるのでしょうが)写経をやってみたくなり、出会ったのが「般若心経」。そこで、私、初めて、「色即是空」が般若心経の1フレーズであることを知りました・・・・・
「色即是空」は、そこで留まらず、「空即是色」につながっていくんですね。
なぜか、「色即是空」の4文字だけが一人歩きしている感じもあるんですが、「色即是空」は、「空即是色」とセットのフレーズだなあ、と強く思ったりします。
これは、私の独自の解釈かもしれませんが、「色即是空、空即是色」という言葉を目にした時、裏と表に微妙に違う絵が描いてあるでんでん太鼓が、超高速で回転しているような、そんなイメージが浮かびました。よく学生時代、教科書のはじっこにぱらぱらマンガを描いている同級生がいましたが、停止している絵を高速で送ると、絵が動いてみえる、みたいな・・・・あるいは、表が白で、裏が黒の紙を超高速で回転させると、本来はないはずの「色」が見えてくる、みたいな、そんなイメージ。空と、色は表裏一体で、それが即座に入れ替わることで、「ライブ」な世界がある・・・・・「ある」は、「あるようにみえる」だけで、本当は「ない」のかもしれないけど、そんなことはこの際どうでもよくて、私たちの「存在」は、その超高速の回転の中にある、みたいなそんな感じです。
物質の最小単位を「点」ではなく「線」でとらえる「ひも理論」の世界も案外「色即是空、空即是色」の世界に近いのかもしれませんね、ってそれは飛躍しすぎかな。
[PR]

by sound-resonance | 2015-10-21 20:10 | 音・色あれこれ | Comments(0)

りんごの中の宇宙

ちょっと前のことになりますが、ひょんなきっかけで、デッサンの会に参加することになった事がありました。
実のところをいうと、私は絵を描くのが大の苦手。視力があまりよくないということもあるのかもしれませんが、普段の生活の中で、モノをその輪郭でとらえているというよりは、色でとらえていることが圧倒的に多い。輪郭をキャッチすることそのものに対する苦手意識がとてもあったりします。

デッサンというと、モノの輪郭を鉛筆で浮き上がらせていく営みというイメージがあって、そういう苦手意識が影響していたんでしょうか、「行く」と決めたものの、電車を遠回りし、迷子になり、会場に大幅遅刻で到着。

その日のお題は「りんご」。

一人につき1個の赤いリンゴと白い画用紙、硬さの異なる数本の鉛筆、消しゴムを手渡され、さあ、どうぞ、と言われ、後は放置。
遅刻した動揺もおさまらないまま、息も整わないまま、真っ白な紙と、赤いリンゴを前に、しばらく放心。

放心時間があまりにも長かったんでしょうか、先生が、まずは、お茶でも飲みますか、そうだよね、来たばっかりだもんね、などと、世話を焼いてくださろうとするところ、大丈夫ですよ、と言ってはみたものの、最初は正直ちょっぴり途方にくれました。

まだ私の中では、白い紙と、赤いリンゴと、黒い芯の鉛筆はそれぞれに、関連のないばらばらの個体で、でも、これをなんとか「融合」しなくちゃいけない・・・・
うひょ〜、これは、相当集中力がいるな、大丈夫かな、高校の時、美術の先生が、モノは線でとらえちゃいけない、面でとらえるんだって言ってたな、とか思いながら、とりあえず、なんとなーく、鉛筆でふわっと丸を描いてみたりなんかする。
午後の光が部屋に差し込んでいて、リンゴの影が伸びている。影でも描いてみれば、ちょっとでも立体的になるかと思い、ふわっとした丸に影をつけてみる。

そんなこんなで、なんとか「リンゴ」を描こうと、しばらくは努力をしていたんですが、ある瞬間から、そういうことがどうでもよくなってきて、どうしても、白い紙の上にシンメトリーな世界を構築したくなって、実際にはありもしない「影」を実際の影の反対側に入れてみました。

その辺りから、私、俄然「自由」になりました。

もう、どうでもいいや、とばかり、「自分に見えてる世界」を描くことに集中すると、リンゴの中に、この夏に旅したモンゴルで見た満天の星空が広がっていました。そこからは、夢中で、リンゴの中の宇宙と向き合い、気づいたら、教室の時間が終わっていました。

たぶん、私のこういう態度って、「デッサン」する王道からは外れると思うので、先生からの批評、批判は覚悟していましたが、「個人的には、とても興味深い」とおっしゃってくださいました。もう少し書き込めば、モノクロの世界の中に、色彩が見えるようになるよ、と。

アカデミックな絵画を学ぶには、素描をしっかり学ぶことが必要です。ピカソの絵は誰でも描ける、なんて、言われますが、彼の初期のデッサンは、驚くほど正確で、その正確さがあるからこそ、人生の後半にあのシンプルな、かつ、誰が見ても「ピカソだな」とわかるオリジナルなラインを表現しえたのだと思います。

でも、誰もがピカソになる必要はないのかもしれませんね。たぶん、表現するって、人によって様々な方法があるんだと思いますが、自分が「見たいように見ているんだ」ということを自覚しつつ、見ちゃったものを表現しちゃえば、存外楽しいのかもしれません。
リンゴの中に宇宙があってもOK.デッサンに対する苦手意識は依然消えないけれど、ほんの少しだけ、ハードルが下がったような気もした一日だったのでした。

a0155838_2195078.jpg

[PR]

by sound-resonance | 2015-10-18 21:13 | 音・色あれこれ | Comments(0)

キンモクセイ

朝晩も涼しいというより、肌寒くなり、すっかり秋になりましたね。
街を歩いていると、ふと甘い香りが、どこからか漂ってきました。キンモクセイの花の季節です。

オレンジ色の小さい花が密生して、強い香りを放っています。

a0155838_20305319.jpg


桂花陳酒や、桂花茶に使用されるのも、このキンモクセイ。桂花陳酒って、白ワインに、キンモクセイを漬け込んであるんですね・・知らなかった・・・・

オレンジ色は、チャクラでいうと、ちょうどお腹のあたり。過度の緊張やストレスがお腹にきた時、リラックスに使うのもいいかもしれませんね。夏の名残で、冷たいものを摂取していると、案外お腹は冷えているもの。暖かい桂花茶でも飲んでリラックスするのもいいかもしれません。

a0155838_20321712.jpg

[PR]

by sound-resonance | 2015-10-16 22:17 | 音・色あれこれ | Comments(0)

水溶性のレジン

この前可愛い系100均「セリエ」に行ったら、クラフト用のパーツもたくさん売っていました。レジンワークによさそうな金属の台座も売っていたんで、買ってみました。

ホントは3個入りです。
a0155838_8134998.jpg


レジンの方は、今回は、水溶性のものを使ってみました。手についても洗い流せて、匂いもそんなにきつくないです。あ、これは、100均には売ってません。東急ハンズで購入。
a0155838_8141851.jpg


硬化待ちの人達。
a0155838_8144473.jpg


ただ、いつも使っているレジンより、硬化には時間がかかるみたいです。私は紫外線の機械を持っていないので、太陽光で硬化させてますが、気長に待つ必要があるみたい。硬化したら、髪留めにでもしようかな。
[PR]

by sound-resonance | 2015-10-14 22:07 | オルゴナイト | Comments(0)

天秤座の新月

すっかり秋めいて、涼しくというか肌寒くなってきましたね。
三連休の最終日、いかがお過ごしでしょうか。

さて、明日は新月。9時6分に、天秤座の位置で新月を迎えます。
天秤座というと、バランス感覚。極端に偏らない、センスの良さを誇る星でもありますね。
ただちょっと面白いと思うのは、牡羊座の天王星とオポジットになっているということ。
トラッドなスタイルに、新しい発想を添えたいような、衝動に駆られるかも。例えば定番の手持ちの服の新しい装い方をしてみるとか、そんなことをしてみるのもいいかもしれませんね。
中道が一番新しい、そんな発見もあるのかもしれません。

どちらにしても、気候のいいこの時期、何かを始めるにはいい季節。躊躇していたこと、思い切って初めてみたら、新しい出会いや発見が待っていそうですよ。
[PR]

by sound-resonance | 2015-10-12 22:41 | 星読み | Comments(0)