充血〜!偶然?それとも・・・

 ちょっと不思議なことが起きました。
 先週末、ふと鏡を見たら、左の目が真っ赤に充血してまして。
 気になりつつも、たまたま外出する用事があったので、このまま直らなかったら週明けに目医者さんに行こうと思っていたら、月曜日朝には、すっかり直っておりました。
 痛いわけでもかゆいわけでもなく、泣いたわけでもなく、目が真っ赤。しかも左目だけ。
 
 実はその週、読んでいた本がありました。
 タッチザサウンドを一緒にやっているお友達から教えていただいた、エリックパール著「リコネクション」という本。本を読むだけでも、宇宙のヒーリングエネルギーとつながっていく変化が体感できるということだったので「面白そう!」と思って読み始めたのだけど、エリックパールさんがこのエネルギーとつながり始めた時に手に水ぶくれができたり、出血したりっていう顕現が起きた、ということが書いてありました。2,3日すると直っちゃうらしいんだけど、たまにそういう顕現が起きる人がいるんだそうです。

 もしかして、この充血も??
 偶然?それとも・・・?????
[PR]

# by sound-resonance | 2010-01-24 14:16 | 観る・読む・聴く | Comments(2)

光源氏→イエロー:現世のパワーを持つ男

 今日からプチシリーズとして、源氏物語の登場人物を色のイメージから解釈してみたいと思います。自由きままなイメージです。学術的な研究ではありませんので、軽い読み物として気軽におつきあいくださいね。
 まずは、主人公、光源氏から。
 生まれた時からまばゆいばかりに光輝く源氏の君は、私にとってはイエロー(黄色)のイメージです。
 本人は臣下に下ったとはいえ、父親が天皇、財力(お金)も地位(権力)もあってルックス抜群、知性もあって、この世で成功するためのアイテム(パワー)をすべて兼ね備えている、まさにイエローの男。
 源氏物語は、光が幻の母親の面影を求めて女性遍歴を重ねる「母親探し」の物語とも読めますが、彼は母親の胎内からこの世に生まれ落ち、一人の人間としてのアイデンティティを身につければつけるほどつのっていったのであろう「分離感」「不安感」を埋めてくれるはずの「(母親に似た)誰か」を探し求めて、数々の女性との逢瀬を重ねたのでしょう(ちょっと心理学的・・・)そのナイーブな感じがまた、母性本能をくすぐって、さぞかしもてたんだろうなあ〜。
 でも、物語の中に「インテリ中のインテリ(教養人)」として登場する朝顔の君は、最後の最後まで光君と結婚することはせず、時折知的な文をかわすだけの関係にとどめます。いわゆる知的で「賢い」女には、彼はもてないのかもしれません・・・。

 ☆次回は、「葵の上」を取り上げます。
 
[PR]

# by sound-resonance | 2010-01-20 20:31 | 色で読む源氏物語 | Comments(0)

キムタクの声!?(おまけ)

 そういえば、友人の中学生の娘さんから教えてもらったのですが(Special Thanks!!)ジャニーズのグループのメンバーは、それぞれ各自テーマカラーを持っているとのこと。(全員が持ってるのかはわかりません・・・)
 ちなみに、K.Tさんのテーマカラーはレッド。
 いかにも、という気もしますが、どちらかというと、彼が強く意識する色、彼が表現したい色、あるいは、彼に期待される色と言った方が近いのかも。
[PR]

# by sound-resonance | 2010-01-14 23:31 | 有名人ボイスプリント | Comments(2)

オーラの色は声の色

 先日、自分のオーラの色をPCで測定してもらう機会があったのですが、結果を見てびっくり!様々な色を含みつつもメインの色がゴールド。これって、ボイスプリントと一緒だ〜!!ボイスプリントをとると、私、本質的な部分で、ゴールド〜イエロー〜オリーブグリーン辺りが高く出ることが多いんです。
 私は、オーラは見えないのですが、オーラの色と声の色って共鳴しているんですね。
[PR]

# by sound-resonance | 2010-01-13 17:22 | Comments(0)

キムタクの声!?

a0155838_1634810.jpg

 





 




 国民的5人組アイドルグループ(去年の紅白でもリーダーが司会を務めてましたね)のメンバー、K.Tさんのボイスプリントです。

 これをみると、彼は、物事をいいとか悪いとかという価値判断なしにあるがままにとらえ、ただそこにいるだけで、人々に愛を与えていけるような天使のような人であるということがわかります。周りの人々はもちろん、小さな動物、植物、もしかすると無生物に至るまで、細やかな気配りをして、愛情を注いであげることで、自分自身も周囲から愛のパワーをもらっている、そんな感じです。
 でも、本人はそんな意識は全然なくて、自分の身体の感覚を信じてとにかく行動していく、という強い意志を持っています。
 周りからは、個性的で色気のあるパワフルな人だと見られているけれど、その周囲の反応に本人としては、ちょっとギャップを感じる場面もあるかも・・・・。

 ってな感じで、リーディングをしてみました。
 とはいっても、これ、K.Tさんご本人に実際にお会いして声を録らせてもらったわけではなくて・・・、実はドラマのセリフからの引用なんです。
 2008年にオンエアされたドラマ「CHANGE」の最終回より音源を取らせていただきました。だから、厳密に言うと、K.Tさんの演じた「朝倉啓太」の声と言った方がいいかもしれませんね。
 
 通常のセッションでは、あくまでもご本人と対面して、生の声を使ってボイスプリントを録っていきます。今回はあくまでもサンプルとして参考程度にご覧くださいね。
 それにしても、俳優さんの、役柄を演じている時の声と、演じていない素の時の声では果たして違いがあるのか?これはとっても興味のあるところ。ぜひとも比較してみたいもんです。いつか、生K.Tさんに実際にお会いできる機会があったら、声を録らせてもらって、本人に了解を得た上で、
UPさせてもらいますね(そんな日が来るといいな〜)
[PR]

# by sound-resonance | 2010-01-12 17:02 | 有名人ボイスプリント | Comments(2)