たっぷり、タッチオブサウンド週間

 今、タッチオブサウンドのアドバンスクラスを受講していることもあるのですが、あれよあれよといううちに、1週間に4日も交換セッションの約束が。交換、なので、私ももちろん受けることになります。こんなに日をあけずに連続して、セッションを受けるのはタッチオブサウンドの授業以来久しぶり。コマラさんにこのコースを受けている間はタッチオブサウンドを最優先にしてね、って言われましたが、その通りに。それにしても、1週間に4日・・・先日、タッチオブサウンドは、自律神経の領域(C#ー色でいうとコーラル)にたまった不必要なエネルギーを出してくれる、と習って、「ああ、私に必要だわ」なんて思っていた矢先。よっぽど、デトックスが必要なのかなあ。

 効果のほどは、またリポートしますね!
[PR]

# by sound-resonance | 2010-05-20 16:30 | タッチオブサウンド | Comments(0)

色の毛布♪

 これも、お友達からお借りしたものなのですが(ありがとうございます!)、ドリーン・バーチュー博士の「エンジェルメッセージ〜天使があなたに知ってほしいこと〜」というCDの中に音楽についての天使からのメッセージがあったので、引用させていただきますね。


《音楽》
 光を広げるライトワーカーであるあなたにとって、音楽は不可欠です。あなたの周波数をあげるために音楽を活用しましょう。
 音楽はあなたをゆらめく光で包み、負のエネルギーをはねかえします。空気に乗って運ばれてくる負のエネルギーは、あなたの意識に入りこみ、あなたに危害を与えることさえあります。音楽は、空気中に漂う負のエネルギーからあなたを守り、あなたの心に平安をもたらしてくれるのです。
 どのような音楽でもかまいません。できるかぎり、音楽にふれているようにしましょう。
 音楽にひたるほど、あなたの得るものも多くなります。
 音楽の発する波動とともに、漂う色のついた帯のようなエネルギーがみえることもあるでしょう。水滴が虹を作るように、音楽も目にみえる色となって、情報を伝えているのです。このような色は音楽の分子構造から生まれるものです。
 音楽は光の波長を変化させ、不要な分子をはねかえして、あなたを守ります。
 音楽を聞くことは、様々な色の毛布にくるまれているようなものです。陽気な音楽は、赤、オレンジ、黄色のような、暖色系の色を、落ち着いた音楽は、緑、紫、藍色などの寒色系の色を発しています。気分を高めたい時や、元気を出したい時に、音楽を聞くのは、大変効果的です。
 音楽の分子は、あなたの身体が発するエネルギーの周波数と作用しあい、あなたのオーラの色と混じり合って、揺れ動きます。
 音楽の発するちらちらとした光は、まるで、天使の光のようです。どのような音楽を選んだらいいか迷った時には、私たちを呼んでください。愛をこめてお手伝いしましょう。


 音楽=色の毛布!
 気持ちよさそうです。天使も、色と音の関連性についてメッセージを送ってくれているというのが面白いですね。

 ちなみに天使界の音楽担当はサンダルフォン、どんな音楽が自分に必要か迷った時には、サンダルフォンを呼んでみるといいかもしれませんね!
 
[PR]

# by sound-resonance | 2010-05-20 11:11 | 観る・読む・聴く | Comments(0)

星が歌っている

 お友達が貸してくれた「ヘミシンク」についての本を読んでます。「ヘミシンク」というのは、簡単に言っちゃうと、右の耳と左の耳に違う周波数を入れて、脳波の周波数をコントロールすることで、リラックス、とか覚醒、とか様々な意識の状態に持っていこう、というもの。これを使うと、宇宙にまで行けちゃうらしい。すごいですね。
 本の中には、音という意味で、サウンドレゾナンスにも関連しそうな、いろいろ興味深いことが書いてあったのですが、その中のひとつをちょっと転載。

 『スイス、ジュネーブ天文台の研究者が、「ケンタウルス座アルファ星」の核融合反応に伴うスペクトル振動の観測することに成功した。太陽以外の恒星のスペクトル振動の観測に成功したのは今回が初めて。このスペクトル振動は、人間の聞くことのできる周波数に変換すると、まるで、「歌」のように聞こえる。』(2001.7.7情報)

 作者が「ヘミシンク」を使って体験したところによると、「この星は生命の喜びを謳歌していて、それをまわりの空間に発信し、どこかとコミュニケートしている感さえあった」そうです。なんだか、楽しくて、楽しくて仕方がない、っていう感じが伝わってきて、好ましいですね〜。可愛いぞ、「ケンタウルス座アルファ星」!

 
 星の奏でる歌、聞いてみたいです。

  
 「ヘミシンク」とはまた違いますが、サウンドレゾナンスも、脳波に直接周波数を入れていく処方があります。興味のある方はお試しあれ。

 坂本政道著 「臨死体験を超える 死後体験Ⅱ」 ハート出版 2004
[PR]

# by sound-resonance | 2010-05-19 16:51 | 観る・読む・聴く | Comments(0)

型抜き、ポン!

 デビューしたての「透音記号」ですが、早々と、ちょこっとバージョンアップしました!
 真ん中につまっていた色が抜けて、よりすっきりとした印象に。
 ちょうど、昔、縁日であった「型ヌキ」を丁寧に丁寧に、線が切れないようにどきどきしながら抜いていって、「おおっ!綺麗に抜けた〜!!おっちゃん、もう1枚〜!」みたいな、そんなすっきり感。
 (なあんて言うと、デザイナー氏に怒られるかしら・・・(笑))

 「型ヌキ」って今でもあるんですかね?ガムみたいな平たい板(食べれるけど、たいして美味しくない)に型押しされた絵柄(チューリップ、とか、船、とか)をピンとか爪楊枝とか細い棒状のもので、綺麗にぬいていくっていう遊び。私は、「美味しいもの」の方に興味が向いて、たいして熱中はしませんでしたが、羽海野チカさんのマンガ史に残る名作「ハチミツとクローバー」の中に、ド器用に型を抜く「美大男子軍団」に対抗して、テキ屋のおやじが、「日光東照宮(!!)」の型(型代赤字)を作っちゃうっていうストーリーがありました。この話を読んで「ああ、作者は私と同年代だな・・・」という思いを確実にした私でしたが、どっちかっていうと、女子より、男子の方が熱中する類の遊び、かもしれませんね。

 型が綺麗に抜けて、見通しがよくなった「透音」記号。先の見通しが明るくなるような、そんな予感です。
 a0155838_11555022.jpg
[PR]

# by sound-resonance | 2010-05-19 11:44 | お知らせ | Comments(0)

透音記号!

 ブログ左上のロゴマークが変わったの、気付いてもらえました?
 かねてから、作成をお願いしていた、「透音」のロゴマークが、ついに完成しました〜!
 虹色のト音記号のグラデーションが、とっても綺麗!!お気に入りです。

 ボイスプリントもこのト音記号みたいな美しい赤〜マゼンタの12色のグラデーションの上に自分の声の波動が表現されますよ!
 いつ見ても、どのボイスプリントを見ても、綺麗だな〜とほれぼれ見入ってしまいます。

 私の専属カメラマン兼アドバイザー兼プロデューサー兼コーディネーター(・・・まだまだ兼ねてらっしゃいますが、この辺でやめときます(笑))の、さる高名な!?デザイナー氏に、作成していただきました。 ロゴのご注文がありましたら、透音まで、どうぞ!(勝手に宣伝)



 この場をかりて、いつもありがとうございます!!
[PR]

# by sound-resonance | 2010-05-17 18:47 | お知らせ | Comments(0)