北斎ブルー

さて、先日葛飾北斎の娘、お栄(応為)の大切にした「赤」について書きましたが、実際にまだ行ってないので、定かではないものの、現在あべのハルカスで開催中の「北斎展」の目玉のひとつが、富嶽三十六景のうちのひとつ、「神奈川沖浪裏」みたいですね。ポスターやなんかにもこの絵が使用されています。
a0155838_21013096.jpg

なんとこの絵は大英博物館からやってくるようです。版画なので、当時数千枚単位で印刷されたであろうと思われるこの絵ですが、今回展示される大英博物館蔵のものは、最初の頃に刷られたものであろうと言われていて、エッジが効いていて、色も特に鮮やかなんだとか。

この絵の青は「北斎ブルー」などとも言われて、西洋人にとっての「神秘のブルーの国ニッポン」の象徴のようにもなっていますが、日本古来の顔料である植物性の「藍」と、輸入物の「ベロ藍」の2種類の青がうまく使い分けられているという特徴があるんだそうです。

「ベロ藍」とは、プルシアン・ブルーのこと。フェロシアン化鉄を基にした合成の顔料で、18世紀にプロイセンで発見されたことからこの名で呼ばれるようになった濃い青のことです。日本には、文政、天保年間(1818〜1840年頃)にオランダ・中国から大量に輸入され、浮世絵にも使われるようになりました。プルシアン・ブルーは、ベルリン・ブルーとも呼ばれ、「ベルリン」がなまって、「ベロ藍」と呼ばれるようになったのだとか。

それまで使われていた顔料である藍や露草など植物性の青は、透明感はあるものの、重ね塗りができないなどの欠点がありました。しかしながら、プルシアン・ブルーは、重ね塗りができる、退色しにくい、など、これまでの「青色」にはない特徴があったのです。

新しもの好き、探究心旺盛な北斎がこの顔料に目をつけないわけがない(笑)彼はまた、西洋絵画も熱心に研究しており、遠近法も自らの絵に取り入れようとしました。プルシアン・ブルーの重ね塗りができるという特徴は、奥行き、立体感を出すにもうってつけでした。北斎は輪郭には伝統的な藍を、ベタ塗り部分には、新しい顔料であるベロ藍を用いて、波しぶきの水々しさと、奥行きのある迫力ある波のうねりを表現したんですね。

こうやって、完成した絵は海を渡り、西洋の絵師達に多大な影響を与え「ジャポニズム」ブームの一翼を担いました。西洋にとっての海の向こうの遠い国、海に囲まれた神秘の国、圧倒的な異国としての「ニッポン」のイメージを定着させるのに一役かったであろうこの絵の「青」が、元々はプロイセン、西洋から来た「青」だったというのも面白いですね。

とか書いていたら、「北斎展」も見に行かなくちゃ、という気持ちになってきました。混むんだろうなあ〜(泣)


[PR]

# by sound-resonance | 2017-10-12 21:02 | 観る・読む・聴く | Comments(0)

ホクサイブルーとムスメのアカ

三連休が終わりましたね!ハッピーマンデーが施行される前は、体育の日というと今日、10月10日と決まっていて、屋外の行事も多かったですが、この日は不思議と晴れの日が多くて、さすが体育の日!などと思っていたものです。三連休になってからは、体育の日は晴れたり雨だったりはらはらしたものですが、今年はどちらにしろ晴れてほっとされた方もいらっしゃったのではないでしょうか。なんだか、10月とは思えない暑さがぶり返してきていますが、朝晩は冷え込んでいるようなので、くれぐれも体温調節に気をつけて風邪など引かないようにお過ごしくださいね。

さてさて、大阪、あべのハルカスで「北斎展」をやっているようですね。家にテレビを置いていないので、普段はテレビを見ないのですが、連休中に実家に帰っておりまして、朝何気にテレビを見ていると、再放送も含め、葛飾北斎特集をなんと3本続けてやっておりました。何?この北斎押し!?いいのか、NHK!?あべのハルカス、こんなに宣伝しちゃって・・・とも思うんですが、何かしらの提携でもしてたりするんですかね?

ま、それはさておき、NHKの戦略に乗せられて?3本連続で思わず北斎特集を見てしまい、にわかに北斎にちょっぴり詳しくなった私なんですが、北斎にはお栄さんという娘さんがいたのは初めて知りました。葛飾応為という画号もありながら、彼女自身の作とされる作品は極端に少なく、もっぱら父北斎の画業の手伝いをしていたのではないか、と言われているのだそうです。

面白いな、と思ったのが、応為が「赤」にこだわっていたという話。応為さんは、父北斎に「美人画ではかなわない」と言わしめるほど美人画にたけていましたが、たおやかで美しい女性を描く時に、特に赤にこだわって絵を描いていたそうです。例えば襦袢の赤。江戸時代の庶民は華美贅沢を禁じられていて、着物の色もネズミ色、茶色、紺色など、地味な限られた色しか許されていなかったため、下着(襦袢)の色に凝っていました。その中でも、魔除けの意味も持つ赤い襦袢が江戸時代には大流行りだったそうです。今も巣鴨界隈で赤い下着を売っているお店がありますが、案外おしゃれなのかも(笑)元々「長襦袢」は遊女が着たのが始まりだそうですが、プレイガールの粋を町娘もこぞって取り入れていたのかもしれませんね。長襦袢は、下着といってしまうと、見えてはいけないといったイメージになってしまいますが、むしろ「見せる」ことを意識したものだと思います。応為はこの襦袢の赤を大切にし、見せる下着としての襦袢を美しく表現しました。赤い襦袢に女性の色気みたいなものをこめたのでしょうね。

赤は血の色、生命そのものの色。父親の北斎が「ホクサイブルー」と呼ばれるほど青で語られることが多いのに比べて対照的だな、と思います。応為が描いたのであろうある絵の女性の襦袢には模様として、クモの巣と蝶が描かれたものがあるのだそうです。テレビの番組の中ではクモの巣に捕われているのは、応為自身、庶民が欲しがるのは父北斎の絵、いくら自分が上手に絵を描いても、誰も応為の絵は欲しがらない、女性が絵師として自立するのは難しい時代に生きた応為の、自由のなさ、がんじがらめの窮屈さを遊女の姿に重ねて表しているのではないか、と解説していましたが、それを赤のベースに乗せてくるところに応為さんのたくましさ、力強さ、また怒りも感じたりするのです。一度嫁ぐものの、ものぐさプラス絵師である夫の絵を下手だとけなす口の悪さで離縁され、出戻ってきたお栄(応為)さん。その率直さ、気性の激しさも「赤」にぴったりですね(笑)



[PR]

# by sound-resonance | 2017-10-10 21:29 | 観る・読む・聴く | Comments(0)

満月さんの阿闍梨餅

先日4日の中秋の名月、みなさまいかがお過ごしだったでしょうか?大阪は、晴れ、空には綺麗なお月様が出ていました。中秋の名月、15夜は旧暦、いわゆる太陰暦(正確には太陰太陽暦)上の1月の半分の日、暦上の「満月の日」で、天体上の実際の月の満ち欠けとは若干のずれがあって、よくよく見ると、まんまる一歩手前、みたいなお月様でした。でも、綺麗なお月様であることには変わりなし。月見団子等食べながらお月見をされた方も多かったかもしれません。

そして、今日が実際の満月の日になります。今日は、まんまるのお月様が出ている、はず、なんですが、大阪はあいにくの雨。15夜の日が一番の見頃だったみたいですね。

とはいえ、満月の日にはなんとなく丸い食べ物が食べたくなります・・・お月見の団子もそうなんですが、円盤状のもの、例えば関西生まれの私だとお好み焼きとか、なぜか無性に食べたくなります(笑)

今日は、京都の和菓子屋さん「満月」の阿闍梨餅を食べました。中にアンコが入っていて、皮がもっちりしていて美味しい。
a0155838_22382760.jpg

出町柳まで行かれることがあれば、枡形商店街の中の松村食料品店でも購入可能で、案外穴場です。出町柳というと、ふたばの豆餅が有名で、こちらは行列ができていますが、阿闍梨餅も負けず劣らず美味しいですよ!というか、むしろ私は、こっちの方が好き、かも・・・・豆餅も美味しいですけどね!

満月の日は手放しの日。個人的にはなんとなく歯車の合わないちぐはぐな感じの一週間でしたが、そういった思いをすっきり手放して、明日からの三連休でマイペースを取り戻したいなあ。




[PR]

# by sound-resonance | 2017-10-06 22:46 | おやつ・チョコレート

中秋の名月&牡羊座の満月

なんだか暑いんだか寒いんだかよくわからない日々が続いていますね。雨が降ると湿気て蒸し暑い感じがするものの明け方にはけっこう冷えているようで、身体が湿度や気温の変化についていけず、なんだかだる~いです。みなさまもくれぐれも、風邪など引かないようにどうぞご自愛くださいね。

さてさて、今日は中秋の名月ですね!通常は、9月であることが多いですが、今年は10月4日となります。このところ雨がちの日々が続いたので、お月様が見れるか心配でしたが、今日は空に綺麗な月が出ています。

そして、次の満月は10月6日、3時40分頃牡羊座の位置で満月を迎えます。

サビアンシンボルとしては、牡羊座の13度、「成功しなかった爆弾の爆破」というものになります。爆弾、うーむ、なんだか物騒な感じですが、この火薬が弾ける感じって、火の星座、火星が支配星の牡羊座っぽいですね。ここでは、爆弾の爆破が「成功しなかった」ところにポイントがあります。爆弾は、弾けてほしいところでは弾けなかったわけです。弾けるところを見届けずにして、次にいく、そんな感じがあります。なぜそれが導きだされるのか、その過程は全くみえないけど、こうだ!と電光、稲妻のようにアイディアがわいてくるのが、火の星座の特徴。でも、牡羊座はそのアイディアが形になるまで、結果が出るまで待つことができないせっかちさもあるのです。このシンボルは、そのせっかちさを見直す、自分がせっかちになる癖があることを知る、といった意味合いがあります。

太陽の方は天秤座の13度、サビアンシンボルは「シャボン玉を膨らませている子ども達」です。なんだか楽しそうですね~(笑)シャボン玉を吹いて膨らませる感じが、やはり風っぽい感じです。ここでのシャボン玉はアイディアの象徴。わいわいがやがや子ども達がみんなでシャボン玉=アイディアをふくらませている感じです。そこには遊び気分が漂っていて、責任感のようなものはありません。

2つのシンボルに「アイディア」という共通のキーワードが出てくるのが面白いですね。

こう・・・・自分の中にわいてきたアイディアはどんどん周りの人と共有した方がいい感じですね。そんな中で自分のせっかちな癖もわかってくるかもしれませんし、自分だけでは実現しないアイディアも、チームワークで形になってくる可能性があるかもしれません。アイディアを周りの人に伝える時には丁寧さを心がけて。事務的に淡々と伝える方が、アイディアの様相がより人にうまく伝わって、実現がしやすくなるかも。

いずれにしても、このタイミングで浮かんでくるアイディアには、注目。満月の夜に、実現に向かって手放していく、そういったことを心がけるとよいかもですね。

a0155838_20015708.jpg


[PR]

# by sound-resonance | 2017-10-04 20:02 | 星読み | Comments(0)

亀に睨まれる

いよいよ10月に入りましたね!日中は暑いとはいえ、朝夕に秋の気配を感じるようになってきました。これから一気に秋に突入しそうな感じもしますね。季節も、夏から秋へ、月も9月から10月へと、切り替わりのタイミングではありますが、まだまだ9月から続いている江ノ島話、ひっぱります(笑)

ちょっと変わってるなあと思ったのが、奥津宮の拝殿の天井に描かれている「八方睨みの亀」四方八方どの角度から見ても睨まれているように見えるという亀の絵。八方に睨みをきかせているのは、大抵は龍、「八方睨みの龍」というのは、これまでにもお目にかかったことがあったんですが、「八方睨みの亀」というのは、初めてお目にかかりました。
a0155838_14330091.jpg

おお、確かに睨んでる・・・八方に目を配っておる・・・が、怖くないじゃん、むしろ可愛いじゃん・・・亀・・・・どうしようもない、可愛らしさが漂ってるんですけど・・・(笑)江ノ島というと、五頭の龍と天女(弁天様)の伝説が江ノ島発祥譚として残っていて、いたるところに龍が見られます。比較的新しいもののようですが、そのものずばり「龍」をお祀りした「龍宮」もあるし、江ノ島信仰発祥の地とされる「岩屋」にも龍が住んで!?おります(気になる方は会いに行ってみてね)

でも、八方を睨むのは、「亀」なのね・・・もちろん亀も水、海に縁のある動物で、奥津宮の近くにも「亀甲石」があるし、岩屋に行く途中にも海の中に亀の形の「亀石」があります。でも、亀の重量感は、「天井」には向かないんじゃないか、なんて思ったりもしたりして。酒井抱一作、とあったので、撮って大丈夫かな〜とちょっとドキドキしながら写真を撮りましたが、今天井にあるのは、片岡華陽さんという方の複製画で、本物の方は、社務所に保存してあるんだそうです。

酒井抱一というと、上品な文人、派手さのないさりげない画風を思い浮かべますが、控えめな人というよりは、どちらというと目立ちたがり、人とは違うことをするのが好きな人だったのかもしれませんね。龍がオーソドックスなら、亀でいってやろう、そういう洒落っ気みたいなものも感じたりもしますね。
[PR]

# by sound-resonance | 2017-10-02 19:32 | 観る・読む・聴く | Comments(0)