アルケミーボトル A106

 オーラソーマのボトルの中には、管理状態に問題がなくても、本来の色から違う色に変色したり、色が抜けてしまったりするボトルがあって、特別に「アルケミーボトル」と呼ばれています。アルケミー=錬金術。科学的に成分が変質したという場合もなくはないのだろうけど、エネルギー的な変化が起きたとみるんですね。
 変色した場合、本来の色のエネルギーと、変化後の色のエネルギーの両方を持っているといわれています。ある意味お得なボトルですね。

a0155838_1445199.jpg



a0155838_14453023.jpg



 









 Prem Sashaさんで偶然目に止まって、分けていただいたのが、アルケミーボトル106番・大天使ラツィエルのボトルです(写真右)。本来は、ミスティペールオリーブ/ミスティライラックで、下の部分が紫系なのですが(写真左)、このボトル、赤っぽく変色しています。ベリー系の暖かい色がなんとも美味しそうで、思わず家に連れて帰ってきてから、しばらく家に飾ってあったのですが、なんとなーく「使うなら今だ〜!」と呼ばれている気がする。
 106番は「過去の条件づけのパターンや、苦みに関係した状況や環境に意識的になり、スピリットの甘さの方向に変える」といったような意味のあるボトル。下層のライラックの「変容」を表す部分がレッド系に変わっているので、変容して、しっかりグランディングという意味が付加されているのかも。
 それに、変色後のこのボトル、グリーン/レッド系の99番大天使ザキエル(右側の写真の右後ろにちょこっと写ってるボトルです)と28番メイドマリアンに似ているような気もする。99番は、自分の内なる女性性を解き放つという意味のあるボトルだし、28番のメイドマリアンは、ロビンフッド(27番)の恋人。むむ?女性性と自分の使命と目的がもしかしたら密接にかかわっているのか!?
 これまで慣れ親しんできた事が変化していくのは怖いものだけど・・・変化を受け入れるお手伝いを、ボトルにお願いしてみようかな。
[PR]

by sound-resonance | 2010-09-07 14:49 | オーラソーマ | Comments(0)