UVレジン

手持ちの2液を混ぜるタイプのレジンがなくなったので、今はもっぱらUVレジンで小さなレジンワークを作っている私。「オルゴナイト」と断言しちゃっていいのかわかりませんが、金属と、クリスタルを入れてなんとなくオルゴナイトかな!?みたいなものをせっせと作っております(笑)最初は、金属は、使わなくなったアクセサリーとかなんでも入れちゃえ!!的な感じで作っていたオルゴナイトでしたが、小さな作品となると、やっぱり金属も形が整っている方が可愛いかも!?とか思い、チャームを買ってきちゃったりとかして、なんだか本末転倒な気分・・・でも、クリスタルだけよりも、金属をミックスしたものの方が見た目だけじゃなくて、なんとなくパワフルに思えてしまうのは、なんとも不思議ですよね〜。

UVレジンっていうのは、紫外線で固まるレジンのこと。クラフトショップ、東急ハンズのホビーコーナーなどに、いろんな種類のレジンが売られております。
今使っているのは、「UVレジン 太陽の雫 ハードタイプ」というもの。

a0155838_15591790.jpg


このシリーズは、他にソフトタイプと、グミタイプがあるみたいですが、ペンダントトップとか携帯ストラップのチャームみたいなものを作るのには、ハードタイプが向いていると思います。
専用のUVを照射する機械(ライト)もありますが、太陽光でも固まります。若干UVライトを使うよりも時間がかかりますが、天気のいい日だと30分も置いておけば十分に固まっております。液を混合する必要もないし、小さな作品を作るのにはとても便利ですね。難を言えば、普通のレジンよりもお値段高めで、容量だけで比較すると10倍以上のお値段がしちゃいますので、大きな作品を作る時には向かないかも。まあ、この辺りは用途にあわせて、使い分ける必要がありそうです。
お肌の大敵の紫外線も、ここでは有益な光線に。私はライトを持っていないので、もっぱら太陽の光の恩恵を受けて作品づくりをしています。最近では、よく腫れた日には、「お!?レジンしなくちゃ」みたいな気になってそわそわしていまいます(笑)
そうそう、レジンを固めるために外に出す時には、風に気をつけてくださいね。先日ベランダに出したまま外出して帰ってきてみたら、風に飛ばされてちゃってました。ベランダにはなくて、大捜索の末、マンションの1階外で発見しましたが、第一発見者が、オルゴナイト作ってるんだな、とわかってくれるとは限らないので(笑)目を離す時には、風の影響を受けないように、ガラス越しにするとか風よけをするとかシートをしっかり固定するとかの対策をお薦めします。
あと、私自身はそんなに気にしてませんが(気にしろよ!(笑))、小さな作品は気泡が目立つので、レジンをシリコン型に注入してからしばらくは、気泡が上がってこないかどうか見ておく方がよいかも。気泡は固まらないうちなら、つまようじやなんかで刺すとつぶれるので、固まらないうちにつぶしておいてくださいね。

今日(もう昨日かな)は、三日月がとっても綺麗ですね。
アメジストとラピスラズリで作った三日月のオルゴナイト。先に水色のパウダーを混ぜたレジンをシリコン型の中で固めてから、石を載せて、透明のレジンをかぶせています。なかなか夜っぽい。鉄製のビーズを星に見立ててみました。ペンダントにでもしてみようかな??
そうそう、4月22日夜〜23日未明にかけて、こと座の流星群が見れるらしいですよ。平日なので、明日のお仕事に差し障りのない程度に、宵っ張りの方は、一度北東の夜空を眺めてみてくださいね。

a0155838_15594675.jpg

[PR]

by sound-resonance | 2015-04-23 00:15 | オルゴナイト | Comments(0)