色と惑星

昨日「オーラソーマアストロロジー」というのがあって、占星術の星座の12サインと12の色が関連づけられているという話をしました。
占星術で扱う太陽系の10個の惑星にも色があてはめられていて、それぞれ以下のような感じとなっています。

月ークリア(シルバー)
太陽ーゴールド
水星ーイエロー
金星ーライラック、ペールブルー、ペールピンク
火星ーレッド、ゴールド
木星ーバイオレット、ブルー
土星ーエメラルドグリーン
天王星ーターコイズ
海王星ーロイヤルブルー、ブルー&グリーン
冥王星ーディープマゼンタ

こんな感じ。
星座(サイン)には、それぞれ守護星があるので、サインとその守護星は、同じ色になっていればわかりやすいですが、そうなっているところとそうでないところがありますね。
例えば、牡羊座のテーマカラーは、レッド、守護星である火星にもレッドがあてはめられていたり、射手座のテーマカラーがブルーで、守護星の木星にもブルーがあてはめられているのは、興味深いというのか、わかりやすいです。太陽は、ここではゴールドですが、守護している獅子座のテーマカラーは、イエローとなっていて、若干のずれがあります。水星はイエローとなっていますが、守護しているサイン双子座のテーマカラーは、オレンジで、ここにも、微妙なズレが。さらに、金星のライラックとか、土星のエメラルドグリーンっていうのは、金星が守護しているおうし座(コーラル)、天秤座(グリーン)、土星の守護している山羊座(ロイヤルブルー)とは、違う色となっています。この辺りは、オーラソーマのボトルとの対応を考えた際のズレ、なのかなあという気もします。

オーラソーマのボトルのことを忘れて、素直にサインと守護星の色を合致させてみると、

月ーゴールド(クリア)
太陽ーイエロー
水星ーオレンジ、オリーブグリーン   
金星ーコーラル、グリーン       
火星ーレッド
木星ーブルー
土星ーロイヤルブルー
天王星ーバイオレット
海王星ーマゼンタ
冥王星ーターコイズ

こんな感じになって、この方がかえって色のイメージがしやすいかな、という気もしなくもないんですが、どんな感じでしょうか??まあ、色というのは、円環で考えると赤〜マゼンタの間に無限にあるものであって、その中から便宜的に12の色を拾って、名前をつけているにすぎないので、あんまり神経質にならずに気楽に考えてくださいませ(笑)
星占いって、基本的には一種の数学なので、アスペクトとか各サインの角度やなんかが出てくると、ロゴス(言語)と数学で攻めるっていう感じで私にとっては、ちょっととっつきにくいなああ、と思ってしまう部分もあったんですが、色からアプローチしてみると、ちょっと違うイメージもわいてくるかな、なんて思います。もう少し、色からみる占星術について自由きままに考えてみようかな、なんて思っていますので、お楽しみに!?
[PR]

by sound-resonance | 2016-03-07 21:23 | 星読み | Comments(0)