ToshlさんとYOSHIKIさん

2月も後半、寒いとはいえ、少しずつ暖かくなってきたような兆しもあったりなかったりする今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?外に出ると近所の梅の木のつぼみが開きかけているので、梅林にでも行きたいな、と思いつつ、忙しさにまぎれてなかなか行けないでいます・・(泣)

ま、それはさておき。
前回は、XJAPANのYOSHIKIさんのホロスコープについて少し星読みをしてみました。XJAPANの歌の歌詞って、切ないというか、悲しいものが多いみたいですが、そういった音楽性は、幼少期にお父様を亡くされた経験が大きく影響していることは間違いないと思います。自分が生きていることの不確かさというか、死と隣り合わせというか、いつも生と死の境目を行ったりきたりしている感じがあるのだろうな、という感じがします。一時の流行に終わるのではなく、100年先にも残る音楽を、という思いから音楽を作り続けているそうですが、限りある肉体を常に感じながら、永遠に残る音楽を求めているのかもしれません。

さて、XJAPANというと、あのハイトーンボイスのボーカルも特徴的ですよね。思えば1980年代の終わり頃から1990年代にかけての日本の音楽シーンは小室ファミリーの音楽しかりボーカルのハイトーンが主流になっていたような気がします。個人的には、ハイトーンが主流であるがゆえに、あの時代の日本の音楽を敬遠してしまっていたところもあります・・・XJAPANに当時それほど興味がなかった理由のひとつもそこにあるかも。まあ、そういった個人的な見解はさておき、XJAPANになくてはならないボーカルをつとめているのが、YOSHIKIさんと同郷、同級生のToshlさんです。

二人の出会いは幼稚園、高校生の時からX(のちのXJAPAN)というから、当人達もおっしゃっているように、バンドメンバーである以前に幼なじみであり、友達であり、ある意味家族のような存在なんでしょうね。

そんなお二人の相性がどんなものか、ちょっと気になって、ホロスコープを調べてみました。ちなみにToshlさんは、生年月日を公表しているそうで、1965年10月10日となっております。太陽星座は天秤座ですね。

YOSHIKIさんとは、同級生なので、土星、海王星、天王星、冥王星やなんかは同じ星座に天体があって、基本的に世代のテーマを共有しやすい関係ではあります。Toshilさんは太陽と水星が天秤座の位置にあるので、周囲の人、他人を鏡のようにして自分を見るというか、形づくっていく部分があります。そういった意味では、一般的なイメージどおり、衝動的な情感を持つさそり座のYOSHIKIさんに合わせているのがToshlさんという部分はあると思います。

ただ、このお二人の関係で面白いな、と思うのは、太陽と月の関係。Toshlさんの太陽が天秤座で、YOSHIKIさんの月も同じく天秤座なんですね。生まれた時間がはっきりわからないので、可能性でしかないんですが、もしかすると、新月の関係かもしれません。新月、満月の関係はよく夫婦に見られると言われたりしますが、実際の男女の夫婦だけでなく、男性と女性の組み合わせを問わず「何かを一緒に成し遂げるペア」とも言えると思います。

新月の関係でいうと、Toshlさんが太陽、YOSHIKIさんが月なので、どちらかというと、夫婦でいうと、Toshlさんが夫、YOSHIKIさんが妻という役割となります・・・・・私は実際に映像を確認したわけではないんですが、昔YOSHIKIさんが、ロッカーなら男らしくしなさいと言われたことに反抗して女モノのドレスとかウェディングドレスを着てステージに立ったこともあったんだとか。その時、Toshlさんはタキシードで「新郎」やってたんでしょうか・・・・(笑)ま、ビジュアルからいっても、その組み合わせの方がしっくりはきますけどね・・・

というわけで、お二人の関係の中では、Toshlさんが父性的な役割を担っている可能性も高いわけです。もしかすると、同級生でありながら、YOSHIKIさんのパパ代わりみたいな部分もあったのかもしれませんね。

結成以来、ギター、ベースはメンバーチェンジをしましたが、ボーカルとドラムは変わらず、続いてきたXJAPAN。Toshlさんの脱退騒動の時も、ボーカルチェンジという選択をせず、YOSHIKIさんは一旦バンドを解散することを選びました。解散後、新たなボーカルを探して再結成という案もあったようですが、結局はXJAPANの楽曲がすべてToshl仕様に書かれたものであることにYOSHIKIさんが改めて気づき、再びToshlさんがボーカルとしてバンドに復帰するまで、XJAPANは封印されていたのです。

というあたりで、またまた、たぶん、つづく。


[PR]

by sound-resonance | 2018-02-21 21:48 | 星読み | Comments(0)