魚座の新月

暖かい日が何日か続いたかと思えば、急に寒さがぶり返したりと、なかなか気候が安定しませんね。一度暖かくなると、寒さのぶり返しが身にこたえる今日この頃ですが、みなさま、風邪など引かずに元気でお過ごしでしょうか?この季節は、風邪よりも、花粉症がきついという方も多いかもしれませんね。

さてさて、今日は新月です。22時12分ごろ魚座の位置で新月を迎えます。

ちょうど季節的にも年度末、卒業式の次は入学式、ひとつの区切りがあって、新しい物事に飛び込んでいく、スタートという狭間の時期でもありますが、その中でも、今回の魚座の新月のサビアンシンボルは、月がテーマのシンボルになっております。

今回の魚座の新月のサビアンシンボルは「収穫の月」というもの。どういうのか・・・もはやじたばたする時期は過ぎている、って感じですね〜(笑)後は刈り取るだけ、星の動きでいうと、牡羊座の新たな「誕生」に向けて、そのタイミングを静かに待つといった感じです。今ある現状は、まだ見えてこないかもしれないけれど、次の「誕生」につながっています。4月にやってくる環境や状況の変化は、明確に意図されたものかもしれないし、想像もつかないものかもしれないですが、確実に、過去とつながっているのです。何がやってきても、静かに受け入れる、そのための準備をするような感じの時期となります。

今回の新月から、次の満月までの期間に、すでにある人間関係の中に新たな絆、固いつながりというのか、ああご縁のある人達だったんだな、という感覚を得る方もいるかもしれません。まあ、なんでもかんでも起きること、出会うこと、出会いに、意味を見いだそうとするのもどうかとは思いますが、何千、何万、いやもっと限りなく無限に近い可能性の中から、今自分の目の前に起きていること、出会った人というのは、やはり「縁」のあることだったり、人だったりするんですね。その出会いを大切に受け入れましょう。それは「あきらめ」という形で起きてくるかもしれませんが、「祝福」みたいな感じで起きてくるといいですね。

とはいえ、「静かに」時の経過を「待つ」ことができない、この時期、めちゃくちゃ忙しいんだよ!という方も現実的には多いかもしれませんね。かくいう私も、今年度の締めと、来年度の準備に追われる毎日を過ごしています。4月からの新しい年度に何がやってくるのか、どういった人間関係の中で過ごすことになるのか不安もあったりするんですが、そこはもう、天の采配に任せるしかないです。目の前にあることを淡々と片付ける、自分の納得できるように、ベストをつくす、それだけを心がけようっと。

みなさまにとっても、心穏やかな新月でありますように。



[PR]

by sound-resonance | 2018-03-17 09:55 | 星読み | Comments(0)