ヒロカちゃんのチャレンジ

ブログの頻度を上げたい、と思いつつなかなかできないでいる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?暑いのかと思えば涼しかったり、気候が安定せず、体調を崩されている方もいるかもしれませんね。くれぐれも、ご自愛のうえ、日々をお過ごしくださいね。

さて、長野県在住のシンガーソングライター、葦木ヒロカさんが、現在クラウドファウンディングにチャレンジ中です。彼女とは、サウンドレゾナンスを通じてご縁をいただいたんですが、最初にお会いした時、なんて透明感のある綺麗な女の子なんだろう、とびっくりした覚えがあります。デビュー15周年を迎え、私より随分年齢も下なので、ついつい「ヒロカちゃん」と呼んでしまいますが、美しい大人の女性として、大きなチャレンジにいどんでおられます。

彼女がクラウドファウンディングにチャレンジするのは今回が2回目。1回目は、15周年の記念アルバムを作る!という目標を掲げ、見事に予定金額をゲットされました。今回の2回目のチャレンジでは、自分と同じような活動をしている「歌姫」達がつながれるネット上のコミュニティサロンの創設と、心に響くとっておきの曲を作り、歌姫達がそのひとつの曲を一緒にレコーディングしてつながる、という目標を掲げています。レコーディングの場所は、なんとニューヨーク!彼女はシンガーソングライターなので、普段は自分の作詞・作曲した歌を歌っているんですが、今回の歌姫達が歌う「神曲」は、これまで、EXILEやSMAPなど数々の有名アーティストに曲を提供してきた作曲家、長岡成貢氏に依頼する予定だそうです。

彼女がこのプロジェクトを思いついたきっかけのひとつが、1回目のクラウドファウンディングのチャレンジだったそうです。その時、偶然にも自分と同じような活動を大阪でしているシンガーソングライターよしこさんと同じ日にキックオフ(開始日)が重なったのだとか。クラウドファウンディング初挑戦、支援金額が日々シビアに公表される中、どうしても「比較」されてしまう、その中でプレッシャーやジェラシー、その他もろもろの色々な感情がわいてきて、最初はどうして同じ日だったんだろう、という思いが強かったのだとか。でも一方で、相手の存在、チャレンジ中の活動が刺激となり、自分も頑張ろうと思えたり、自分の中の不安や次々にわいてくる疑問を共有しあえるすべてをさらけだせるよい仲間になっていったそうです。

そんな日々を過ごしながら、最終的にはお二人とも、チャレンジを成功させるわけですが、ヒロカさんの中に改めて「歌っていいな、歌でみんなとつながりたいな」という思いが強くわいてきたのだそうです。

クラウドファウンディング、興味はあれど、身近に実際にチャレンジしている人というのはなかなかいなかったので、私も微力ながら、参加させていただきました!プロジェクトが成功すれば、神曲レコーディングのバックコーラスに参加することができます!えへへ。サウンドレゾナンスで、トーニング(各チャクラに対応する声を出して身体を整えること)をおすすめしている私が言うのもなんですが、実は私、歌を歌うのは大の苦手。バンド活動をしていた時もバックコーラス断固拒否、私は楽器しか演奏しません、と言ってたくらいで、今回のバックコーラスは私にとっても大きなチャレンジ。でもそんな素敵な作品の一部になれるなんてワクワクするので、思い切ってチャレンジしてみました。

ご自身で歌を歌っている方も、そうでない方も、興味のある方はぜひ、彼女のチャレンジにご支援ください!終了まであと50日。ドキドキワクワクを共有したいと思います。





[PR]

by sound-resonance | 2018-05-23 12:10 | お知らせ | Comments(0)