牡牛座の満月

朝夕めっきり涼しくなってきた今日この頃、みなさま風邪など引かず元気でお過ごしでしょうか?かくいう私不覚にも風邪を引いてしまいました・・・鼻水が出る、くしゃみが出る、咳が出る、のどが痛い、熱が出る、もうこれ以上ないというくらいオーソドックスな風邪。ふらふらくらくらしながらなんとか用事を切り上げて、早めに帰路についたところ、見上げれば大きなお月様。あ!満月じゃん、ということで、明日が満月であることを思い出した次第。

明日25日の満月は、1時45分ごろ、牡牛座の位置で迎えます。

サビアンシンボルとしては、牡牛座の2度「電気的な嵐」というものになります。牡牛座の最初の頃の角度というのは、持って生まれた資質をそのまま活かすといったような色合いが強いんですが、ここでは「電気的な」というちょっと前の牡羊座的な要素を感じさせる言葉が入っているのが面白いですね。こう・・・嵐の中で雷直撃、その電気的エネルギーで、計らずもスイッチが入っちゃって、自然に動いちゃう、みたいなそんな感じです。衝動的なエネルギーに突き動かされてしまう、そんな感じのシンボルになります。もしかすると、自分にとっては勝手にスイッチが入ってしまって動いているので、意識はないかもしれませんが、周りにとってはインパクトのある行動にみえるといった場合もあるかもしれません。

太陽の方は、さそり座の2度「割れた瓶とこぼれた香水」というものになります。なんだか、香水の香りでむせかえるようなイメージがありますが・・・・固い瓶を割れて、その中に凝縮されていたエッセンスが漏れ出てくる、殻を割ってでも、本音を引き出したいという衝動、といった意味合いのシンボルになります。

この2つのシンボルに共通するのは、衝動、あるいは衝動的なエネルギー。その人が元々持っていたものの、隠れていた本質や本音が何らかの衝動的なエネルギーによって引っ張り出されるような、そんな体験をされる方もいるかもしれませんね。月には天王星、さそり座には金星がそれぞれコンジャンクションしていて、逆行しているので、なんとなく、行きつ戻りつ、みたいなところもあるかもしれませんが、自分でも気づかなかった本質が引き出されてくるチャンスかも。一瞬、全く知らない資質のようにみえて違和感があっても、そもそも自分の中に眠っていたものだと受け入れれば、新たな自分を発見できるかもしれません。

その辺りを意識して、素敵な満月をお過ごしくださいませ。お月様を眺めるだけでも、パワーチャージになりますよ。風邪を引かないように、あったかくして、お月見をお楽しみくださいね。


by sound-resonance | 2018-10-24 19:46 | 星読み