さそり座の新月

急激に冬のような寒さがやってきたと思ったら、ちょっと寒さがやわらいできて、過ごしやすくなりましたね。実りの秋、美味しいものもこれからぞくぞくと出てくるので、楽しみな季節、そろそろ新米も出回る頃でしょうか。最近は、昔に比べて、春、秋といった過ごしやすい時期が極端に短くなってしまったようにも感じますが、いい季節を存分に楽しみたいものですね。

という中で、今日は新月の話題です。明日11月8日、1時8分ごろに迎える新月、今回はさそり座の新月となります。

サビアンシンボルとしては、さそり座の16度「いきなり笑い出す少女の顔」というものになります。

16度という角度は、各星座の特徴が素直にマックスに現れる15度の次の角度で、反対側の星座の質が入ってくる角度。人と深くかかわっていく、ともすれば、「生きるか死ぬか」くらいの激しさで迫っていくようなさそり座の質に、反対側の星座である牡牛座の質である自然さ、素朴さ、みたいな質がなだれこんできます。反対側の質が入ってくることで、生か死か迫るような激しさから、自然にそこにいることで人に影響力を与えていくような成熟したさそり座へと成長していく、その最初の角度となります。人を支配することでパワーを保つのではなく、自分の中からわきあがってくるパワーに気づくというそんな感じのする角度です。

少女は、いきなり登場して、さそり座のシリアスさを笑い飛ばします。そこには理由とか深い意味はなく、ただただおかしさがわきあがってきて、少女はその感覚に素直に外に出して笑っているのです。

明日の新月は、面白いと思ったことを素直に面白がってみる、笑ってみるといいかもしれませんね。これまで感じていた何かしらの重さが軽くなるかもしれません。また自分の中にある本質的なパワーに気づくことになるかも。

そんな感じで、明日の新月は楽しく、笑顔でお過ごしくださいませ。
私は、明日健康診断のため、これから絶食いたします。新月過ぎて、無事健康診断が終われば、美味しいものをいっぱい食べて笑顔になろうと思います(笑)無事にすみますように。


by sound-resonance | 2018-11-07 19:17 | 星読み | Comments(0)