神曲レコーディング!

いやあ、楽しかった!
長野県のシンガー、葦木ヒロカさんのクラウドファウンディングのリターン、「神曲」のバックコーラスの収録に東京まで行って、無事に帰ってきました〜!

収録の場所は、代々木公園の近くにある「Stadio Tanta」。
a0155838_21235310.jpg
入り口を入った途端、木のいい香りが漂ってきて、明るくて開放的な空間が広がっています。木とガラスの素敵空間。なんでも今年できたばかりの、今東京で一番?熱いスタジオなんだとか。まあ、こういう機会でもないと入れない場所ではあります・・・・。

今回収録を行ったスタジオの中も素敵でした〜。天井が高くて、いかにも音が綺麗に突き抜けていきそうな、贅沢な空間。今回は、十数名のクラファン支援者(私もその一人)の皆さんと一緒に歌います。
a0155838_21234854.jpg
といっても、今回初めて会う方も多く、ほんの少し緊張感も漂う中、まずはウォーミングアップ。ご自身も歌を歌っておられる支援者の「歌姫」様の誘導で、猫になってみたり、犬になってみたりと、動物になりきって声を出して、すっかりリラックス。でも、あのウォーミングアップをあのスタジオでやるというのも、ある意味究極の贅沢でございます・・・だって、日本最高峰級のスタジオで、動物の鳴きまねですよ・・面白かった(笑)

ということで、すっかり緊張もほぐれたところで、さくっと本題のレコーディングに入ります。リハーサル、あったかなあ・・・・もしかすると、1度目のテイクはリハーサルだったかもしれないけれど、結局は都合3回歌っただけで、OKが出ちゃいまして、レコーディング、終了。ヘッドホンでヒロカちゃんのボーカル付きの演奏を聴きながら丸ごと1曲通しで歌う贅沢な収録の仕方。採用されるのは、サビの部分だけですが、フルコーラス歌った方がよければそれでもよし、サビだけ歌うもよしの自由なスタイル。これが気持ちよかった・・・曲が終わる度に、お隣の方と顔を見合わせて「気持ちいい〜!」を連発。もう少し歌っていたかったくらいです・・・・(笑)

その後、レコーディングした音源を聴かせていただきましたが、ううむ、これがまたいい感じ。素敵すぎて思わず涙する人もいたりして、でも、私もなんだか泣きそうになりました。会ったばっかりの人と同じ空間を共有すること、そして、そこに歌があって、同じ歌を歌うことでこんなにつながれるんだな、歌ってすごいな、と改めて実感した瞬間でした。今回のレコーディングで、斉唱(ユニゾン)を録るというのは、わりと直前に決まったみたいですが、大正解。ユニゾン、すごい。
a0155838_21343973.jpg
今回の作曲・プロデュースを手がける長岡成貢さんも立ち会ってくださいました。

というところで、つづく。


ヒロカちゃんに直接会ってみたい方、透き通る美声を聴いてみたい方は、12月にコンサートがありますよ。

12月12日 植田あゆみ×葦木ヒロカ Special LIVE in Tokyo 東京・下北沢「Com Cafe 音倉」3500円(前売り3000円)
12月25日 葦木ヒロカ×よしこ   X’mas LIVE in Osaka 大阪・梅田Always 3500円(前売り3000円) 
お問い合わせは、shinohara@misakix,jpまでどうぞ♪


by sound-resonance | 2018-11-19 21:26 | 音・色あれこれ | Comments(0)