<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さそり座の満月

新年度に入って早1ヶ月、暦はゴールデンウィークに突入しましたね。
4月後半から5月始めの時期って、暑くもなく寒くもなく絶好の行楽日和に恵まれそうな時期で、4月からの新しい人間関係の緊張感からちょっと解放されましょう、みたいな意味もこめての大型連休なのかな、なんて思ったりもするんですが、個人的には微妙なタイミングのお休みだな、なんて思ったりもします。4月の新しい人間関係、新しい仕事にようやっと慣れたのに、そのままの勢いでキリのいいところまで突進したい、みたいな(笑)しかも、5月の連休は雨という予報もあったりするようで、微妙さがさらに増しますね。とはいえ、前半の3連休は大阪は初日、2日目と晴天に恵まれております。全国的に様々なイベントが開催される中、お出かけをされた方も多いかもしれませんね。

さて、そんな中、3連休の最終日、明日は満月の日。9時58分ごろ、さそり座の位置で満月を迎えます。

サビアンシンボルとしてはさそり座の10度「親睦夕食会」というものになります。
さそり座というと「深い絆」というキーワードが思い浮かびますが、ここでは「自立したものどうしが集う」夕食会というところがポイントになります。集っている、といっても、人に決定をゆだねる、依存しあうような仲間が集っているわけではないのです。自分のポジションを明確に理解し、そこに責任を持ち、責任を果たす、そうやって培ってきた世界観を共有できる仲間達との夕食会って感じですね。

ちなみに、太陽の方は牡牛座の10度、サビアンシンボルとしては「赤十字の看護婦」というもの。このシンボルを見ると私はナイチンゲールを思い出します。ナイチンゲールというと、クリミア戦争の時に兵士を献身的に看護し、近代看護学の母として有名な人ですが、裕福な准貴族階層の出身でした。誕生日が5月12日ということで、彼女自身の太陽も牡牛座ですが、牡牛座の献身というのは、自分が豊かであるからこそできる献身なのです。自分自身の豊かさは手放さない、その上でできる人に対する手助け、献身というところがポイントとなります。

この二つのシンボルの共通点を一言でまとめるのはなかなか難しいですが、あえていうと、精神的な自立、豊かさといったところでしょうか。人は一人で生きているのではない、誰かの手助けなしには生きられない、それは確かなことですが、それに感謝しつつ、自立する、確固とした自分の世界観を持つことで得られる人間関係、仲間というものがあるのです。これまで、そういった努力をしてきた方にとっては、何かしらの深い絆のようなものを感じるような満月になるかもしれないですね。

どちらにしても、自分の人生は人が決めてくれるものではありません。人に決めてもらった道が後々険しいものになればなるほど、「決めた人」を恨んだりするようになるもの。自立した上で初めて、深い人間関係が築けるのかも。大型連休が「休み」の人、「仕事」の人、全く関係ない人、いろんな方がおられると思いますが、自分にとっての豊かな時間を過ごしたいものですね。
[PR]

by sound-resonance | 2018-04-29 12:03 | 星読み | Comments(0)

地上に降りた天使

遠くにお嫁に行くことをきっかけに、オーラソーマ(カラーセラピー)のボトルを手放すことを決めた方から譲っていただいた37番のボトル。
a0155838_17060811.jpg
オーラソーマを最初に勉強してから早10年あまり(たぶん)。2層に分かれたボトルは以前として美しいと思って、フルボトルは持っていないんですが、数本のボトルを部屋に飾ったりしているものの、リーディングや、ボディへの使用からは長らく遠ざかっていたんですが、このボトルをいただいたのをきっかけにふと改めて部屋の中を見渡してみたら、すでに、私、37番のボトルを持っていました・・・・(笑)

左が今回いただいたボトル、右は以前から持っていたボトル。
a0155838_17061412.jpg

上層のバイオレットはそんなに違いがないんですが、下層のブルーが違う・・・、左側の方がオーソドックスな本来のボトルの色に近いと思うんですが、右側の下層のブルーがインディゴブルーになっていますね。

最初からそうだったのか、私の部屋に来てからこうなったのか・・・よく覚えてないんですが、改めて比べてみるとこんなにも違うのか、と改めて実感。本来的な色から変化したボトルをアルケミーボトルと言ったりして、そういったボトルに出会うことそのものにも意味があると言ったりもしますが、同じボトルが2本並んで、前からあったボトルの下層のインディゴブルーに改めて気づくというのも面白いな、と思ってみたり。
ちなみに37番のボトルは「地上に降りた守護天使」という名前のボトル。キーワードは「バランスの取れたコミュニケーション」。新しい年度のスタートに、責任を強く重く感じすぎているのかもしれません。久しぶりに、ボトル、使ってみようかな。

2015年以降、ボトルのキャップが透明になっちゃいましたが、やっぱり金色のキャップが綺麗だな。ま、慣れもあるんだろうし、金色のキャップがセンス悪いと言われたこともあるので、好みの問題でしょうが。ちなみに、私の部屋にあるのは、どれも金色のキャップなので、オールドボトルですね(笑)

この間にオーラソーマのシステムも随分変化しました。離れていく人がいれば、新しく入る人もいる。システムは変化すべき時には変化する。変化を受け入れた上で、何を選ぶかは自分自身で決める、決定権は自分で持っていたいですね。


[PR]

by sound-resonance | 2018-04-22 17:07 | オーラソーマ | Comments(0)

牡羊座の新月

春の兆しを感じながら、なかなか冬のおこもりモードが抜けないまま先日のブログ更新から早くも2週間がたってしまいました。ああ、びっくり。前回の満月から新月の間はちょうど牡羊座の新月が逆行していたので、シーズン的に、仕事、学校等々人間関係や生活スタイルが刷新する中、全力で前に進んでいかない感じというのもあったかもしれませんが、昨日で水星の逆行も終わりまして、いよいよ、本日10時57分ごろ、牡羊座の新月を迎えます。

今回の牡羊座は、27度の角度でおきていて、サビアンシンボルとしては「想像の中で復活された失われた機会」というもの。一旦は失われたかのように見えたチャンスに、再挑戦していく、それが現実にあろうがなかろうが、想像であっても再チャレンジしていく、そんな感じです。その再チャレンジのためには、これまでとは違った新しい視点をもつ必要もあるかもしれません。これまで培ってきたもの、古くさいと思っていたものの中にも、全く新しい視点を見つけることができるかもしれません。

新月に願って、それをじょじょに行動に移していく、シーズン的にもそれがぴったりな感じのタイミングですね。

最近、なんだかんだと無駄に忙しくて、ブログをさぼりがちなんですが、短くてもいいから、コンスタントに書く習慣が戻ってくるといいなあ。新しいことを始めるためのスクラップ、についても考えてみるといいのかも、なんて思う今日この頃でございます。

みなさまにとっての新月がワクワクするものでありますように!


[PR]

by sound-resonance | 2018-04-16 08:50 | 星読み | Comments(0)