<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

牡羊座の満月

いやはや、なんだかうかうかしているうちに、早くも9月も終わりに近づいてきましたね。例年9月はまだまだ夏日であることが多いので、今年も暑さを覚悟していましたが、そうでもなく、涼しいのはいいんですが、台風や大雨など、気候が安定しませんね。引き続き体調にはくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。

さて、すっかり出遅れてしまいましたが、昨日は満月でした。関西は曇りがちで、雲の合間からぼんやりとお月様が見えるか、見えないか、みたいな感じだったんですが、東京の方では、綺麗なお月様が見れたとか。お団子を食べた方もいらっしゃったかもしれませんね。

さてさて、昨日の満月は牡羊座の満月でした。サビアンシンボルとしては、牡羊座の2度「グループを楽しませているコメディアン」というものになります。牡羊座は12星座の一番最初の星座で、若々しさ、フレッシュさが持ち味ですが、その中でも、2度は生まれたての純粋さが強く出ている感じですね。まだまだ生まれたてなので、環境にどう対応していいのかわからず、とりあえず意味もわからず周りの人の真似をしてみている、そんな感じのシンボル。意味がわかっていないものだから、とんちんかんな場面で、とんちんかんな真似、振る舞いをして、周囲の人がそれをみてくすりと笑っている、なんだかそんな感じです。赤ちゃんが大人の言葉を舌足らずの口調で真似しているようなそんな雰囲気。周囲の大人達も失笑ではなく、ほほえましく見ているようなそんな感じがします。

ちなみに、太陽の方は天秤座の2度「六番目の部族の光が七番目のものに変質する」というものになります。目の前に現れたものを素直に受け取り、受け取ることで自分が変容していくような、そんなシンボルになります。
これらのシンボルに共通しているのは「素直さ・純粋さ」ではないかと思います。これまで、周囲の環境から受け取るものに対して素直な気持ちで接していた方にとっては、昨日の満月は集大成のような日だったかもしれません。満月の日に何かしら一見受け入れがたいと思えるような周囲からの反応や言動を受け取った方がもしいらっしゃったら、純粋な気持ちでそれをひとまず素直に受け取ってみるといいかもしれませんよ。周囲の人は決してあなたのことを鼻で笑ったりはしていません。あなたに向けられた笑顔は、あなたへの愛から発せられた笑顔なのです。

ここから、次の新月に向かっては、整理整頓の時期です。わだかまりやしこりを純粋さ、素直さで受け止めて、素敵な新月を迎えることができますように。


[PR]

by sound-resonance | 2018-09-26 20:10 | 星読み | Comments(0)

胡粉ネイル!

「胡粉ネイル」にはまっています。去年辺りから注目してはいたものの、京都に行かないと買えないと思い込んでいたせいもあって、実際に手に入れるまでにちょっと時間がかかったんですが、大阪でも買えることがわかってから、どんどん数が増えていっております(笑)
a0155838_15521905.jpg
「胡粉ネイル」については以前にも少し記事に書いたことがあるんですが、京都の日本画の絵の具屋さんが出しているマニキュアで、日本の伝統的な顔料である「胡粉」をベースに作られていて、従来のマニキュアのようなつんとした匂いがありません。綺麗な手元に憧れがありつつも、塗った時のあの匂いと、爪の圧迫感が苦手で、サンダルをはく季節にかろうじてペディキュアをする程度だった私も、久しぶりに手足の爪を同じ色のネイルで彩ってみたりしています。

マニキュアをする、ペディキュアをするって、なんだか女子っぽくていいですね・・・・、塗っている間はネイルに集中する、手足のケアに集中していると他に何もできない感じ、その無防備な感じがとても女子っぽい。胡粉ネイルはすぐに乾くのも特徴なんですが、1、2分のことであっても、乾燥させる時に手をひらひらとふってみるのも、なんだか女子な感じ(笑)ちなみに、オフする時には消毒用のアルコールで拭く(専用の除光液あり)んですが、お湯の中で皮膜をはがすようにオフする方法もあって、ゆっくりと時間をかけて、お湯の中でネイルを落とすのも、なんとはなしに贅沢な時間です。

ペディキュアは濃い色の方が可愛いので、思い切って「艶紅」という真っ赤なネイルを塗ってみました。(一番右端の瓶です)
舞妓さんの口紅の色。真っ赤な中に金属チックな光沢がありまして、手足お揃いで「艶紅」を塗ってみると、なんだか大人の女性になった気分になれます。というか、十分大人の年齢なんですけどね・・・・(笑)爪の色ひとつで、気分がこんなにも変わる、これも女子の特権でありましょう・・・・

ラメ入りのネイルを重ねたり、いろいろと試してみたいな、どんどん本数が増えていきそうだな〜(笑)と思いつつ、王道の「艶紅」が似合う女子でありたいな、とも思う私でございました。


[PR]

by sound-resonance | 2018-09-12 20:51 | 音・色あれこれ | Comments(0)

乙女座の新月

台風、地震、雷、等々自然災害が相次いでいますね。このところの自然の猛威による被害は予想以上で、改めて自然の怖さを感じたりもします。電気、水道、ガス等々普段当たり前のように使っているものが止まってしまうと、不便さとともに、不安になったりもしますね。自分が思っている以上に、電気に依存した生活を送っているのだな、と改めて認識したりもします。被害にあわれた方々にお見舞い申し上げますとともに、早く回復しますように、お祈り申し上げます。

さて、そんな中ですが、今日は新月の話題です。

次回の新月は、9月10日(月)午前3時1分ごろ、乙女座の位置で起こります。

サビアンシンボルとしては、ちょうど乙女座の17度「噴火している火山」というものになります。うう、なんだか外側の世界とリンクしているようななんともいえないシンボルですが・・・・平穏無事だった日常生活が一変するようなそんなイメージのシンボルですね。それは、外側で起こっているように見えるかもしれませんが、自分の内側に眠っていたマグマが何らかのきっかけで、噴出した、というような感じ。噴火のエネルギーは、すでに内側にあったものなのです。噴火の度合いや、それが「いいこと」なのか「悪いこと」なのか、その辺りは、個人の中のマグマの具合によるといったところかもしれません。個人の個性の開花、とも取れるので、クリエイティビティの開花の方向にエネルギーを持っていけるといいですね。

パーソナルにかかわる天体、水星とか火星とか土星については、順行に戻っていますが、トランスパーソナルにかかわる天体、天王星、海王星、冥王星については、そろってまだ逆行の状態にあります。なんというのか・・・・さきほど、火山の噴火、マグマは自分の内側に眠っていたもの、と書きましたが、それは相互にリンクしていて、外側でも、予期せぬことが起こったり、状況が大きく変わったり混乱したりといったことがあるかもしれません。現実的な意味でも、象徴的な意味でも、足下が揺らぐような出来事・・・・パニックになりがちですが、冷静に対処したいですね。

乙女座のキーワードとしては「個の確立」というのがありますので、外側の状況の変化をにらみつつも、そこに巻き込まれないで、個人の再構築、再構成に時間を当てるとよさそうな感じです。

どちらにしても、大きな時代の変化を感じさせるようなタイミング。これまでの常識が「正しい」答えとは限りません。一見ぶっとんだアイディアが、自分にとっては「正解」かもしれないのです。みなさまにとって、自分の感性を研ぎ澄ませるきっかけとなるような新月でありますように。


[PR]

by sound-resonance | 2018-09-08 12:12 | 星読み | Comments(0)

山口果物再訪

ようやく「音と色」に関係ありそうな記事を書いたかと思えば、また「かき氷」に逆戻りしておりますが・・・(笑)今日も、しつこくかき氷の話題。

何度かふられた後、ちょっと涼しい日にタイミングよくありつけた「山口果物」さんのかき氷。今日は前から気になっていたアボカド氷を食べてみました。アボカド自体は好きでよく食べるんですが、それがかき氷になるってどんな感じ?ちょっと(かなり)冒険の注文。
出てきたのは、こんな感じのかき氷。緑色がなんとも可愛い。添えてあるレモンも、可愛い。
a0155838_12582001.jpg

お味の方は・・・アボカドです(笑)下の方に埋めてあるアイスクリームにたどり着くまで甘くない。アボカドのクリーミーさが控えめにやってくる・・・でも嫌いじゃないな、この感じ。美味しい!っていうのともまた違うんですが(笑)なんというのか、淡々とした味わい。うん、嫌いじゃない。明日も食べたいわけじゃないけど、でもいつかはまた無性に食べたくなるな、みたいな・・・そういう長くつきあえそうなものって、淡々としたものなのかもしれません。


[PR]

by sound-resonance | 2018-09-06 20:57 | おやつ・チョコレート | Comments(0)

変態する音楽会

いやはや、9月に入りましたね〜。子どもさんにとっては、夏休みも終わり、新学期が始まり、学校生活が再開して、気持ちを新たにしているのかもしれません。子どもさんのいる専業主婦のみなさんにとっては、子どもが再び学校に登校するようになって、やれやれ、といったところかもしれませんね。私の住んでいる近所には学校が多いんですが、8月中は耳にしなかったチャイム音で、あ、学校が始まったんだな、と改めて気づいた次第。8月中は、暑すぎてかき氷ばかり食べてしまい、かき氷日記と化していた当ブログですが(笑)、今日は(といっても8月に行ったイベントの話ですが・・・)久しぶりに、音と色にまつわる話題を書こうと思います。

先日、8月27日、東京は初台のオペラシティで開催された「変態する音楽会」というコンサートに行ってきました。
a0155838_16395207.jpg
タイトルだけ見ると、なんだか怪しげ、というのか訳のわからない感じなんですが(笑)、従来の耳で音を聴き、楽しむ「音楽」を、例えば視覚や皮膚感覚など、違う感覚でも楽しむことができないか、という問いから、メディアアーティストの落合陽一さんと、日本フィルハーモニー交響楽団がタグを組んで、企画されたコンサートです。演奏される曲目は、いわゆるクラシックの定番なんですが、そこに光(色)や映像といった、「音」以外の感覚に訴える情報が盛り込まれています。

パンフレットには、「感覚の分断を更新する演奏会。身体という物質的な介在を経て感じられるひとつながりの音と光、耳が耳のため、目が目のための分断を超えた音楽をお楽しみください」とあります。

クラシック以外の音楽、例えば、ポップス、ロック、ジャズ等々のライブ(舞台)では、音と光(色、映像)のミックスというのは、今ではそんなに珍しくないように思いますが、言われてみれば、コンサートホールで開催される正統派のクラシックのコンサートでは、確かに、いかに「音」を聴かせるかに特化していることが多いかもしれないですね。楽曲によって、赤、青、緑、紫等々に変化する色の中で演奏するって、交響楽団の皆さんにとっては、普段とは違う新鮮な体験だったのかも。

面白いな、と思ったのは、舞台上のスクリーンに流れていた映像。詳しい仕組みはよくわからなかったんですが、この映像、事前にプログラムされた「既成の」映像なのではなくて、演奏中にリアルタイムに作られたものだったんだそうです。なんでも、演奏中の指揮者のタクトの動きに合わせて手動で映像を作っていたんだそう。1階の客席の後ろの方に、コンピュータのたくさん並んだビジュアル演出エリアがあって、何人もの方が、手動の演出に携わっておられたようでした。

舞台上の色の演出以外にも、限られた席ではありましたが、客席で楽しめる面白い演出があって、ラッキーなことに、私もその中のひとつを今回体験することができました。

「Ontenna(オンテナ)」
a0155838_16394620.jpg

「まるで猫のヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることのできる装置」をコンセプトに、ろう者と恊働して開発されたものだそうです。本来は、髪の毛につけて髪の毛で音を感じるのがコンセプトなんですが、今回コンサート全体の音の中から大きな音を取得して振動と光が発生するように調整したところ、予想外に周りの人の目がチカチカしてしまうくらい光が強く出る可能性があるということで、髪の毛以外の場所に装着して体験することに・・・(笑)

というわけで、コンサート中、手に握ってみたり、鎖骨に当ててみたり、胸元に付けてみたりといろいろ試しながら楽しませていただきました。うん、確かに、音に反応してぶるぶると振動し、チカチカとブルーに発光する・・・んだけど、ちょっと反応が遅いんだな・・・(笑)

演奏された曲が、超メジャー、かつ舞曲など、身体感覚に訴えやすい曲目だったのもあるんでしょうが、なまじ「知っている曲」だけに、身体がOntenna君より先にリズムを取ってしまい、遅れてきた振動情報に、まるで微妙にずれた位置をツボ押しされているような微妙な気分に・・・・(笑)

ま、でも、リアルタイムの「音情報」に反応した「振動&光」なので、タイムラグが生じるのは当たり前なんですけどね。途中からは、Ontenna君という別の人格というのか、物体格(?)の反応を、「お、反応してるね!」みたいに確認しつつ音を共有する、みたいなスタンスで楽しませていただきました。

他にも、サウンドハグという音に反応して、光ったり振動したりする球体みたいなものをかかえて演奏を体験するブースもありました。あれも、面白そうだったなあ。機会があれば、体験してみたいです。

実は、この日は、東京で記録的な雷雨があった日。コンサート中はスマホの電源を落としていたこともあって、そんなことは露知らずコンサートを楽しんでいた私。コンサート終了後、交通機関がのきなみストップしていたのには、困りましたが、幸いなことに雨はやんでいたので、見知らぬ町を一駅分歩いたのもご愛嬌。雨のタイミングがずれていたら、コンサートが中止になっていたであろうことを思うと、ラッキーだったように思います。このような貴重な機会をくださいました「&マガジン」様、ありがとうございました♪

唯一撮影がOKだった休憩時間の様子。燕尾服を着た落合陽一さんと赤い服はサプライズゲストのフラメンコダンサーの永田健さん。かっこよかった。
a0155838_16395898.jpg


[PR]

by sound-resonance | 2018-09-03 18:39 | 観る・読む・聴く | Comments(0)